33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
デービッド・アトキンソン「「低すぎる賃金」が日本企業の「無駄」を助長」
2019-01-21 Mon 00:00
・人手不足は「労働条件が酷い」会社の泣き言だ 民受け入れの前に「賃上げ」を断行せよ
 (1)賃上げ圧力は高まりつつある
 (2)「人手不足」は「悪い労働条件」の結果でしかない
 (3)不足しているのは「人手」ではなく「経営者の能力」
 (4)「低すぎる賃金」が日本企業の「無駄」を助長した
 (5)「外国人労働者受け入れ」の裏にある経営者の甘え
 (6)途上国からの受け入れは明らかに「低賃金」狙い
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
神へのアップグレードと無用者階級の誕生
2019-01-20 Sun 00:00
・人間は神になる!?『ホモ・デウス』とは
 オンデマンドの聞き逃しで、第1部「サピエンス全史」に続き第2部「ホモデウス」を見た。バイオテクノロジーとAIによって、身体や考えを変化させ、新たな人類が生まれようとしていると言う。現実世界でも、遺伝子操作された子どもを生み出すという一線を生物学者はニコニコとして越え、今後のヒトゲノムへの様々な操作は止めようがなくなったと思うべきだろう。世界の政治的・経済的狂気を止められないのと同じように、バイオテクノロジーとAIの狂気を止める方法もなさそうだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
東海第二再稼働に関する44市町村長の回答
2019-01-19 Sat 00:00
・東京新聞:東海第二 再稼働「賛成」ゼロ「反対」8 石岡の市民団体、44市町村長の回答公表
 水戸市長の「実効性のある避難計画が策定されれば賛成」と取れる回答や、筑西市長の問題外の他人事回答に比べると、美浦村長のコメントは「いかなる条件がクリアされたとしても反対」という内容でなかなか良いと感じられた。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
都会とふるさととの新たな関係を築くよりも返礼品の肉の厚みが問題
2019-01-18 Fri 00:00
・NEWSつくば:コラム《邑から日本を見る》31 狂っている「ふるさと納税」
 小泉構造改革で地方が疲弊したことが「ふるさと納税」制度発足の契機。その目的は、格差是正を直接図るのではなく→農山漁村へのふるさと意識を高め→都会に住む人々とふるさととの関係を新たに築くことだった。先﨑さんによると、返礼品競争は、この目的から全くといっていいほど逸脱してしまっている。 また、寄付者と寄付した地域との関係は、サイトを見ている限り、極めて薄いとある。私の印象も同じで、ふるさと納税をしている周囲の知人の会話を聞いていると、「返礼品の肉の厚みが薄いの厚いの」といったレベルに留まっている。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:1
半月終了
2019-01-17 Thu 00:00
1901161.png今年ももう半月が過ぎてしまったんだなと、、、。
別窓 | 雑感 | コメント:0
今年の目標に「磯節」(の一部)を加える
2019-01-16 Wed 00:00
1901141.jpg三の糸が断線寸前。1ヶ月前のライブ直前に張った糸だからいいところだろう。三の糸が切れないのでは練習不足の証拠なので、荒れたり切れたりするのは良いことだ。

歌が難しくて、弾き歌いしている自分などとてもじゃないが想像できない「磯節」だが、弾くだけならばできるようになるかもしれない。今年の目標の一つに「全部は無理でも磯節の一部分だけでも弾き歌いができるようになる」を加えることにした。まずは前奏だけ練習。
 →磯節前奏練習190115
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
フィクションの共有がサピエンスの力
2019-01-15 Tue 00:00
・BS1スペシャル▽“衝撃の書”が語る人類の未来~サピエンス全史/ホモ・デウス~
・幸せを実感するには? 未来を生き抜くには? 著者が語る刺激的な未来予測
1901131.jpg オンデマンドの聞き逃しで第1部「サピエンス全史」を見た。『サピエンス全史』著者で歴史家のユヴァル・ノア・ハラリ氏のインタビュー番組。なかなか斬新で衝撃的な見解だった。麦やトウモロコシやジャガイモが生息域をひろげたのは、それら植物が人間を家畜化したからだという。初めて耳にする見方。日本人は差し詰めお米のお守りをする家畜ということになる様だ。また、サピエンスの力の源はフィクションを共有できる能力にあるという。貨幣は最大のフィクション。宗教もフィクションだと言う。イスラエル在住らしいが、こんなこと書いて暗殺されるのではないかと心配になる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
四つ手網でチェレンコフ光を掬う
2019-01-14 Mon 00:00
1901081.jpg・Astronomy Picture of the Day:HESS Telescopes Explore the High-Energy Sky
 ナミビアで操業しているH.E.S.S.観測所(The High Energy Stereoscopic System)の測定器は、さながら魚を捕る四つ手網を思わせる形をしているが、これは魚の代わりにチェレンコフ光を掬い採る装置らしい。[写真は動画一場面のスクリーンショット]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:3
母のおまじない その1
2019-01-13 Sun 00:00
1901121.jpgここをご覧の読者のみなさんは、新しい履物を下ろすときに、何かおまじないのようなことをしないだろうか?
私はいまでも母から教わったことをやっている。
それは、履物の底にペッペッと唾をつけてから玄関に下ろすこと。
ただ、母には、なぜこの様にするのかという理由と、誰から教わったのかを聞きそびれてしまった。同じ様なことをする人はいるのだろうか、それとも母だけのオリジナルだったのか。
私の母は、昭和一桁生まれで東京北区出身、埼玉県入間郡出身の明治十年代生まれの父と八丈島出身の明治二十年代生まれの母を親に持っていた。このどこかに源泉があるのだろうが、今となってはわからない。似たようなまじないを覚えている人がいれば教えて欲しいと思っている。
別窓 | 天文少年の時代 | コメント:2
行きたくて行くわけではない
2019-01-12 Sat 00:00
1901112.jpg・風邪で病院へ来るな!
 抗風邪ウィルス薬は無いので、将来的に感冒が保険診療外になるのも頷けないでもない。しかし、病院へ来た患者にはそれぞれのトラブル状態にあるわけで、それへの処置としては変わりなく薬を出せてしまうのではないだろうか。カルテに感冒と書く代わりに、咽喉頭炎と書けばこれまでと何の変わりもなく薬を出せるように思われる。風邪で病院へ来るな!の中には、風邪くらいのことで病院業務を煩わせないで欲しいという意味が含まれているだろう。それは患者だって同じで、風邪と分かっていればインフルエンザの流行している時期に病院へなど行きたいわけがない。でも、その鑑別をしてもらうために、インフルエンザ感染の危険を冒して病院へ行かざるをえない、というのが現状ではないだろうか。
別窓 | 雑感 | コメント:3
尾が出た小惑星(6478)Gault みゃおさんが撮影
2019-01-11 Fri 08:24
1901111.jpgみゃおさんは本当にすごい人だ。尾が出た小惑星(6478)Gaultのニュースをおとといお知らせしたところ、さっそくその夜に撮ってくれていた。それも特別な機材ではない、20cm望遠鏡と無改造のノーマル一眼レフで。

 →ほんのり光房:小惑星が尾を伸ばす!?
 →AstroArts:尾を伸ばす小惑星Gault(06478)
 →最初のニュース:小惑星(6478) Gaultから尾っぽが生えてきたらしい
別窓 | 話題いろいろ | コメント:10
インフルエンザをやり過ごせるか?
2019-01-11 Fri 00:00
普段人口密度の低い職場にいるので、インフルエンザにかかるリスクはかなり低いと思っていたが、町の友達がインフルエンザにかかったというメールが来た。2日前に真正面で大きな口をあけて笑いながら話をしていたことを思い出し心配になる。そういうと今日はいつも以上に咳が出る。悪寒もあるし、熱感もある。これはかなり危ない状況だ。そして、今日明日を逸すると3連休になってしまうので、とりあえずインフルのチェックだけしてもらってきた。陰性。でも、風邪をひいていることにはかわりない。
別窓 | 雑感 | コメント:0
世界中で宇宙を観ようよ100時間
2019-01-10 Thu 00:00
1901091.jpg・100 Hours of Astronomy
 →世界中で宇宙を観ようよ100時間
 世界時間で1月10日開始なので、日本時間では1月10日9時から。終了は、1月14日13時か。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0
夕空の二日月
2019-01-09 Wed 00:00
1901083.jpg穏やかな天候の正月ではあったが、落ち着いた気分のまったくない正月だった。松の内も過ぎたのでぼちぼち終わりにしたい。

1901082.jpg正月三が日には明け方の東天にあった月が早くも夕空に回っていた。
別窓 | 雑感 | コメント:3
今期のオオヒシクイ 132羽越冬中
2019-01-08 Tue 00:00
近くの城館を調べに行った帰りに、今期初めて稲波干拓地へ寄ってきた。オオヒシクイは全羽広がって菜食中。1枚目のパノラマ写真では太陽の下あたり、2枚目の小野川の写真では右端にいるが小さくて分からない。
1901071.jpg

1901072.jpg

1901073.jpgこれは、木星でもなく、オオヒシクイでもなく、タゲリ。

 →稲波干拓のオオヒシクイ
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:3
仕事の合間に部分日食
2019-01-07 Mon 00:00
仕事の合間に太陽観測板で写真を撮っていると人が集まってくる。中には、日食メガネを持っていないのでピンホール投影器を作って見ていたという人もあり。

1901061.jpg 1901062.jpg 1901063.jpg
別窓 | 観測日記 | コメント:0
日本の衰退を加速させたい力か? 国際リニアコライダー計画もか
2019-01-06 Sun 00:00
1901092.jpg・一大転機は後ろ向きかも>国際リニアコライダー計画の暗雲
 知人のブログにILCに関する記事が載っていた。KEKと日本学術会議の対立軸に加えて、加速器大県である茨城の地場産業として捕らえよという視点が、地元ネット紙記者相坊さんらしい。

 →日本学術会議:国際リニアコライダー計画の見直し案に関する所見
 →KEK:「国際リニアコライダー計画の見直し案に関する所見」について
 →朝日新聞:国際リニアコライダー(ILC)の学術的意義とは 日本学術会議の「所見」に、推進側は「事実誤認」と猛反発
別窓 | 物理ネタ | コメント:3
2018年の星見日数
2019-01-05 Sat 00:00
2018年に星見可能だった(けどほとんど星見しなかった)日数の集計結果は以下の通り。

@:6等星まで見えそうな素晴らしい星空の日数
o:3~4等星くらいまでは見えるまずまずの星空の日数
・:雲と霞に覆われて辛うじて1等星が見える星空の日数
比較:前年の同じ月との比較

霞ヶ浦南岸地域の天体観望可能月別日数
  2018年01月01日~2018年12月31日
 月 I 1 2 3 4 5 6 7 8 9101112I
ーーー+ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー+ーーー
 @ I 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0I  0
 o I231413 8 6 4 7 4 4 9 818I118
 ・ I 2 4 3 3 8 6 614 4 3 3 0I 56  
ーーー+ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー+ーーー
o以上I231413 8 6 4 7 4 4 9 818I118
 比較I−4+1+2−2−1−3−3+2−2 0−9−2I−21
ーーー+ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー+ーーー
・以上I2518161114101318 8121118I174
 比較I−3+3+3ー2+2−1+113−4+2−6−6I +2

[参考]過去の記録。右の数字はその年の@、o、・の数
2007年の星見日数  4、128、 57(1月の記録はない)
2008年の星見日数  1、106、 62
2009年の星見日数  0、 92、 81
2010年の星見日数 10、 77、 92
2011年の星見日数  1、107、 75
2012年の星見日数  3、109、 69
2013年の星見日数  2、128、 53
2014年の星見日数  0、100、 55
2015年の星見日数  0、103、 43
2016年の星見日数  2、 97、 34
2017年の星見日数  0、139、 33
別窓 | 晴天記録 | コメント:4
正月早々
2019-01-04 Fri 00:00
眠い。
別窓 | 雑感 | コメント:0
仕事はじめ
2019-01-03 Thu 00:00
1901021.jpg穏やかな正月。早速2日から仕事で呼び出されたが、まあ、元日は休めたから良しとしよう。
別窓 | 雑感 | コメント:2
1月の星空予習
2019-01-02 Wed 00:00
★ 4日 未明、しぶんぎ座流星群極大。
★ 6日 部分日食。東京で、開始:08時44分、
     最大:10時06分(食部0.570)、終了:11時36分。
今夜の観測:οCet4.2等、U Mon6.5等。元日に早速変光星観測ができたので、VSOLJへは、「ここ数年低空飛行ですが、今年もよろしくお願い致します」とコメントを付してデータを報告した。
別窓 | 観測準備 | コメント:0
2019年 初日の出
2019-01-01 Tue 07:14
1901012.jpgあけましておめでとうございます。

近頃の天文活動状況では、山口誓子の俳句で年を始めるのも気がひけるので今年はとりやめて、ひっそりと年の初めを祝うことにした。

1901011.jpg初日の出の前に惑星直列?を観望。木星と水星は5cm双眼鏡で確認。写真には写ったか写らなかったか微妙なところ。
別窓 | 雑感 | コメント:0
かすてん版 2018年天文イベント
2018-12-31 Mon 00:00
 1月31日 皆既月食
 4月 2日 天宮1号墜落
 4月26日 SuperKEKB 初衝突に成功
 5月 5日 今期火星初観測
 6月 2日 北尾浩一著『日本の星名事典』刊行
         →北尾民俗学の真髄  『日本の星名事典』
11月25日 第19回手づくり紙芝居コンクールで甥がジュニアの部大賞
         TV取材に「夢は天文学者」と答える
12月10日 ウィルタネン彗星(46P/Wirtanen)初観望
12月14日 ふたご座流星群観望

1806012.jpg今年は何と言っても火星大接近を観望できる人生最初で最後の年だった。ところが、近年の精進不足が祟って火星面での大嵐という思いがけない現象に出鼻をくじかれてしまった。観測が不甲斐ない結果のため、鈴木壽壽子さんに顔向けできないと思っていたが、その壽壽子さんからは47年の時間の向こうから再挑戦へのメッセージが届き、気持ちを新たにできる年末になった。そして、自分にとって今年最大の天文界での出来事は、やはり北尾浩一さんの『日本の星名事典』刊行であった。
別窓 | 雑感 | コメント:2
星句 2018年
2018-12-30 Sun 00:00
2018年
5月
 若草に光のどけき石仏1810271.jpg

15年ほど前に地元の石仏めぐりをした折にメモしておいた句をちょと改良した。(05月19日)

7月
 友の妻の病の知らせ 柚子の箱
 妻思う友思う妻思う友
 亡き妻の武勇や 蝉の声に消え

2013年10月、箱いっぱいの柚子を送ってくれた青木さんの手紙に妻美智子さんの癌発見のことが書かれていた。2018年7月9日ご逝去。(07月21日)

8月
 八月尽 荒天他所に宴果てず

昨夜は雷雨にもかかわらず、誕生日会は遅くまで賑やかだった。(08月28日)

9月
 猛暑の熱は宇宙へ及び燃える火星の大接近

地元のイベントで俚謡を募集していたので投稿してみたら、残念賞の参加賞が届いた。「猛暑」「熱」「燃える」「火星」と、今年の夏の熱風が蘇るような一句を目指したが力不足だった。(09月22日)

12月
 寒星のすき間に閃光ふたご群
 ふたご群の合間にチラ見ウィルタネン

透明度は良くないが19時50分から20時30分まで空を眺めてみた。明るい散在1個、ふたご群3個。合間にοCet3.7等。ミラはもう極大を過ぎたのかもしれない。ウィルタネン彗星のコマが5cm双眼鏡でもはっきり見えている。(12月14日)
別窓 | 星句・星歌 | コメント:2
単なる月の出
2018-12-29 Sat 00:00
1812271.jpg初日の出の予行演習ではなく、月の出。
別窓 | 雑感 | コメント:3
つくば市関連ニュースの締めくくりはまたもや、、、
2018-12-28 Fri 00:00
ネタがないなあと思っていたところへ舞い込む、おなじみのリード写真およびつくば市の不祥事ネタ。こんなニュースで締めくくりとは、個人的にお世話になっているつくば市職員のみなさんには同情する。

1808151.jpg・NEWSつくば:小3男子を平手打ち 元児童館長を停職処分 つくば市
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
産經新聞連載【太陽光発電は人を幸せにするか】
2018-12-27 Thu 00:00
(1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
(2)土台がドラム缶の太陽光発電所 ぬりかべのように迫るパネル… 「地球にやさしいまち」はいま
(3)気付いたら家が太陽光発電所に囲まれていた… 突然の計画に戸惑う住民
(4)3メートル以上の高さのパイプに太陽光パネル 豪雨、強風に耐えられるのか
(5)伊東の港のそばに韓国系企業がメガソーラー 「海に土砂が流れ込む」 「反対の声」にも計画は進み…
(6)想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
(7)なぜ海は突然濁ったのか 軟らかい地盤…予想される難工事 メガソーラーができたらどうなる
(8)積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市
(9)静岡・伊豆高原のメガソーラー関係者には逮捕歴がある人物も 外国資本への転売をいぶかる住民も
(10)川勝平太静岡県知事も、小野達也伊東市長も最初は歓迎だった太陽光発電 想定外の開発に「ここまでになるとは…」
(11)際限がない建設計画 千葉・鴨川では250ヘクタールが
(12)中国系企業も参加 千代田区1個分を外資が開発へ
(13)雪深い土地にメガソーラー 「雪崩が起きたら…」 困惑する住民たち
(14)後藤幸平・飯豊町長「外資の高い目線、許せない」「『圧力』もあった」
(15)賛成の自治体も反対へ 「地元軽視」外資への募る不信
(16)業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに
(17)「条例」は無力? ハンファのメガソーラー建設が続く伊東市 続々とほかの業者も申請
(18)事態を動かした知事の一声 つくば市民が筑波山の太陽光発電を止めたが…
(19)「行政だって訴訟が怖いんです」
(20)高値で取引される売電権に経産省が切り札 「倒産する」と業者の悲鳴

産経新聞:太陽光発電は人を幸せにするか
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:5
お金の偏在は諸悪の根源
2018-12-26 Wed 00:00
・停滞から繁栄へ:お金の偏在
 社会や精神の荒廃や紛争など現代的諸悪の根源は富の偏在に行き着くと思うが、一旦偏在してしまったお金や権力をもう少しなだらかにする道はあるのだろうか。お金と権力を握っている側の胸三寸に期待するだけなのか?恒星が自分自身を支えきれなくなって一気に中心部へ落ち込んで大爆発を起こす超新星爆発のような、あるいは恒星が燃料を使い果たして自然死していく褐色矮星のような、いずれにしても全世界的なカタストロフを経なければ次の段階へは行けないのだろうか?
・停滞と繁栄:技術革新
・停滞と繁栄:誰が目に入っているか?
・停滞と繁栄:ならばどうしたら?
・札幌のスプレー事件と国民優先の報道

武田先生の意見は全部が正論とは思わないがかなりの部分で共感できる。これが異端では日本の衰退は止まりそうにない。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
三味線・三線の目標達成度を振り返る
2018-12-25 Tue 00:00
1812241.jpg今年の三味線レッスンも終わったところで、年初めに立てた三味線の目標三線の目標を見返してみた。進歩もなければ、目標達成もおぼつかない1年だった様に感じる一方で、12月の2回のライブを振り返ったとき、イメージ通り出来なかった点や予想以上の達成感を得られた点もある。これが自分への期待とわずかの進歩と不十分さの1年間の総和なのだろう。目標はそのまま来年へ持ち越すことにするが、わずかでも嵩上げされたところから新年を迎えられるならば重畳だ。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
トイレで手を洗うのはいつ
2018-12-24 Mon 00:00
1812242.jpg何年か前の冬、生牡蠣を食べてノロウィルス感染症と思われる症状に見舞われたことがある。お腹の弱い自分は下痢、お腹の丈夫なヨメさんは嘔吐だった。寒くなってノロウィルス感染症の多発する季節になり、先ほどもラジオで大便後の手洗いの重要性が語られていた。確かに汚染された手でドアノブを掴めばウィルスを撒き散らすことになるというのはわかるが、手洗いをきちんとやっている人にとって本当の問題はそこではないように思っている。
またもや尾籠な話題で恐縮だが、みなさんは出すものを出した後、手を洗うのと衣服を整えるのとどちらを先に行うのだろうか。便器に手水が付いているいないに関わらず、私は衣服を整えてから手を洗う。ということは、ズボンの腰やベルトや上着の裾付近には手を洗う前に触れることになり、かなり汚染されてしまうはずだ。保健衛生のプロはこのあたりはどの様に対処しているのだろうか。まあ、自分の腸内細菌なので免疫上の抵抗力があるためそう簡単に病気を発症しないとは思うが、他人の衣服のその辺りにはなるべく触れない様に注意をした方がいいのかもしれない。
別窓 | 雑感 | コメント:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター