33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
公衆衛生ファシズム
2020-06-15 Mon 00:00
・「公衆衛生ファシズム」が吹き荒れる 「行き過ぎた予防啓発は差別や偏見の温床」

・せやろがいは伊藤詩織さんを支持する。その理由を話す。
 伊藤詩織さんへの誹謗中傷応酬問題批判を超えて、古い時代の思考規格で言い合いしているんではなくて、お互いに現代用の考え方へバージョンアップしようやということだな。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
マスクが減らない
2020-06-12 Fri 00:00
2006091.jpgもともと喉が弱いので、冬場の風邪予防に自宅と職場にマスクを常備していたおかげで、コロナ騒動の中でもマスクは確保できていた。ただ、埃まみれの職場なので平時であれば鼻の部分が汚れてきたら即取り替えていたのを、1週間に自宅、職場それぞれ1枚ずつの超緊縮使用にして在庫の枯渇を防いできた。近頃はほぼ平常時と同じ価格で販売されるようになっているので、購入の不安はなくなっているというのに、ついつい連日使い回すという習慣が消えなくなっている。お店の在庫が山積みになっている背景にはそんな貧乏性の庶民感覚もあるのではないだろうか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
錯誤狙い見え見えの「辞退欄」書式
2020-06-11 Thu 00:00
・10万円給付申請「不要」欄の落とし穴 〇も×も✓も「辞退」扱い 京都市「希望者は何も書かないで」
 この欄の意味が読み取れないほど細かな字で書いてある自治体もあるし、また、辞退希望者記入枠を全く別の場所に設けるなど、錯誤を排除する方法などいくらでも考えられる。今回の申請書は明らかに錯誤を誘うための書式だと思う。

・現場大混乱で遅れる「10万円給付」 オンライン申請中止する自治体も
 「オンライン申請でも、最終的には役所の担当者が目で確認せざるを得ない」って、どこまでも間抜けなオンラインシステムだな。

・あおり運転 最低25点の違反点数 一度で免許取り消し
 煽り運転もそうなんだが、煽られ運転というか、「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止(はみ禁)」道路を走る法定速度以下の車もなんとかして欲しい。法定速度以下の車には罰則適応しないという付帯条項をつけて欲しいわ。ちなみに自分は、速く走りたくない時に追いつかれた場合には路肩へ停車して追い越してもらうことにしている。

・血液O型は低リスク? コロナ感染率、75万人調査 米社
 BCGもそうだったが、自分に都合が良いことはつい受け入れてしまう。証拠がはっきりするといいなぁ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6
誰かがドアを蹴破るしかない
2020-06-08 Mon 00:00
・バンクシー「これは白人の問題だ」「ドアを蹴破るしかない」 燃える星条旗を描いた作品を公開
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
賞味期限切れ
2020-06-07 Sun 00:00
2006061.jpg今夜のブログネタにするんでしょうとヨメさんから渡されたが、賞味期限切れでいまさらネタにもならんな。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
暖簾に腕押し、糠に釘
2020-06-03 Wed 00:00
・国のコロナ抗体検査に激怒??????
 朝日新聞の取材者に悪意があったのでなければ、「批判」と「激怒」の意味の違いを知らなかったということになるな。

・キャッシュレス手数料に“メス” 求められる高コスト体質の解消
 YouTubeのスーパーチャットの投げ銭も30%とか40%が手数料だと聞く。コロナで大儲けだろう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
特別定額給付金の申請書投函
2020-05-28 Thu 00:00
特別定額給付金の申請書がようやく届いた。郵送でということなので、翌日早速役場の玄関脇の郵便ポストへ投函。そこから役場までは2mほどの距離だが、先日の郵便局員コロナ感染で集配停止の様なことになると2mといえども数週間かかってしまうが、今回は数日後には担当部署へ届くことだろう。しかし、本人確認書類と口座確認書類を裏に貼るという方式では、担当者は表と裏を何度もめくって確認しなくてはならず、すごく効率悪そうだ。見開きにすると紙が2倍必要になり紙代が高くなるってことか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6
狂犬病は過去の病気ではなかった
2020-05-23 Sat 00:00
・狂犬病の患者を確認 国内で14年ぶり フィリピンで感染か
 ちょうど1年前に、ノルウェー人女性がフィリピンで犬に噛まれて帰国後狂犬病を発症して死亡したというニュース(→2019年5月11日AFPニュース)を読んだ。狂犬病に対する日本人の危機意識が希薄になって、飼い犬の狂犬病予防接種率が下がっていると書かれているが、その行き着くところは、国内で発生した狂犬病で不幸な死に方をする人が出るという事だと思う。気になったので国内の狂犬病の歴史などについて若干纏めておいたのが昨年の秋に書いた狂犬病は過去の病気か?だ。ちっとも過去の病気ではなかったことになる。今は新型コロナ感染症に注目が行きがちだが、私たちは、それ以外にも様々な感染症、病原体に取り囲まれて生活していかなくてはならない事実を忘れてはいけないと思うし、それぞれに対して同じ方法では対処できないことも知っておかなくてはならないだろう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
感染率と致死率と陽性的中率を計算してみた
2020-05-22 Fri 00:00
児玉龍彦先生の話を聴いても、PCR検査をむやみに増やすことを勧めてはいない様だ。必要なところに十分な検査を行ない基盤業種を守りインフラを維持することで社会を立て直せと聞こえる。PCR検査数を増やせと言う段階はすでに終わっている様だ。

PCR検査をめぐる「5つの理論」を検討するという記事を読んだ際に、絞り込みをしないでPCR検査を行うことでどの様な違いが出てくるかについて何か情報が得られないものかと、今更の感はあるが4パターンの感染率を仮定して致死率と陽性的中率を以下の条件で計算してみた。計算方法は、先日紹介したこれ
 感度 70%
 特異度 99.9%
 人口 1億2千万人
 死亡者数 700人
 感染率 (1)0.0133%、(2)0.1%、(3)1%、(4)10%の4パターンを仮定

(1)感染率0.0133%
 これは感染者数16000人の場合に相当する。(そんなことはあり得ないが)それ以外に感染者がいないとすると致死率4.4%となりかなり怖い病気と感じてしまう。ただ、検査前に絞り込みをしない場合の的中率は8.5%と低く、これでは陰性が出たところで安心の担保にはならないだけでなく、大量の偽陰性者が市中へ出て動き回ることで再流行を起こしそうで、そちらの方がよほど恐ろしいと感じる。しかし、実際の検査数は全然足りていないから、もしかすると何倍とか何十倍とか感染者がいるのかもしれず、そうであれば致死率は下がる。どのくらい下がるかは以下。
(2)感染率0.1%
 12万人が感染している場合。致死率は0.6%。発症すると1000人に6人が死ぬということで、依然怖い病気と感じられるかもしれない。的中率はまだ41%なので偽陰性者の扱いには気を配る必要があるだろう。
(3)感染率1%
 大阪市大の抗体検査による感染率1%を仮定すると120万人が感染していることになり、致死率0.06%ということで、季節性インフルエンザの致死率の倍くらいの値になる。このくらいの感染率になると的中率は88%とかなり高くなるので大規模検査にも意味が出て来るが、一方で、社会的損失を出さない感染症対策でないと釣り合いが取れなくなる。
(4)感染率10%
 1200万人が感染していて、致死率0.006%になり、死者数だけで見れば社会的損失を出して防衛する感染症ではなくなっている。的中率は99%と素晴らしい信頼度だが、もはや大規模検査をする意味はないだろう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:1
新型コロナ感染症についての鳥瞰図のようなお話
2020-05-20 Wed 00:00
2005191.jpg・YouTube:コロナと闘う戦略図~見えてきたウイルスの正体と闘い方【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200516
 あの児玉龍彦先生。COVID-19の実態、必要な検査、日本の失敗と今後の対策などについてバランスのとれたわかり易いお話。最後にこう言われている。「今回の日本の最大の失敗は、大学、研究機関など社会的に重要な人たちがみなステイホームに行ってしまったこと。最前線に出て、検査を作る、病院を守る、インフラを守る、そういう話がなくて、家で犬と遊んだり歌を聴いていればいいみたいなことで勝てるかと、このステイホームという考え方が、日本を滅ぼしているのじゃないかというのが私の考えです。」よく言ってくださいました。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
で、お前なんでそこに居るん?ってことになった
2020-05-19 Tue 00:19
・検察庁法改悪案だけでなく違法状態で地位に居座っている黒川検事長も、きっちり検察庁法22条に従い退官させないといけません。

・安倍首相にふさわしい終わり方になりそうな予感がする
 天木直人さんが言う様に、安倍首相の息の根が止まってその所業にふさわしい終わり方、つまりこれまでの悪事が裁かれる時が近づいたってことか。

・YouTube:5分で分かる!検察庁法改の内容と問題点について【せやろがいおじさん】
 せやろがいおじさんが、検察庁法改正の問題点を説明してくれる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
まずはカモフラージュの宇宙デブリ監視から
2020-05-15 Fri 00:00
・空自の宇宙作戦隊、18日に発足 「宇宙ごみ」監視、23年度にも開始
 まずは、デブリ監視でカモフラージュしながらの登場。でも、いきなり戦う気満々の名称。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
PCR検査の意味を考えるための参考資料
2020-05-14 Thu 00:00
・PCR検査は必要か?
 各人の判断が社会の判断につながるので、それを誤らない様にするためにはわかりやすい情報が必要。この記事はけっこういいのではないだろうか。

 この中の赤字部分を理解するのに、条件付き確率について大変わかりやすく解説しているYouTube動画がある。以前Twitterでは紹介したのだがこちらのブログには書かなかったのでここで紹介したい。
 →「YouTube:むやみな検査を行ってはいけない理由、数学的に説明します【条件付き確率】」を紹介する
 これを書いた時は特異度の値が不明だったので70%としたが、その後かなり高く99%以上だと書かれているものを目にした。感染率の値も現実に近くなる様にして改めて計算し直した。
 感度: 70%
 特異度: 99%
 国内の感染者数: 1%(大阪市大の値
としたとき、症状やCT検査での絞り込みをせずにPCR検査を行った場合に正しく陽性判定される確率は41%となる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:5
感染症研究の伝統ということか 北里大
2020-05-13 Wed 00:00
・新型コロナ 感染防ぐ抗体を人工的に作製 北里大学など

・新型コロナの抗体を発見 診断薬や検査薬への応用に期待

・「イベルメクチン」第3の新型コロナウイルス感染症治療薬となるか
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
周回遅れのPCR検査増やせ論の焚付け元は
2020-05-12 Tue 00:00
・PCR検査増やせ大合唱の謎

・テレ朝「お考えを十分に紹介しきれなかった」 「グッド!モーニング」医師取材で「内容を真逆に編集」指摘受け
 インタビュー内容を改ざんしてまでPCR検査増やせ論にしたいわけは、毎度のことながら金目の話、利権がらみなんだろうが、さて、今回陰で儲かるのはどこだ?

・フランスでは医療検査センターでPCR検査キットを受け取り、各自が自宅で検体を採取
 こんな偽陰性量産しそうな検査になんの意味があるのだろう。感染率の数値は低下はするだろうけど、偽陰性を世間にばらまくことになる。

・コロナ重症度判定、CTに注目 肺炎の症状で見極め
 今頃白々しく書いているが、これもまた、周回遅れの内容の記事。肺疾患で死なせないことが重要ですから、CTによる肺炎の早期発見のおかげで、日本のCOVID-19による死亡者数が低く抑えられているというべきでしょう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:8
抗体検査の現状と今後の課題など
2020-05-11 Mon 00:00
・実際のところ日本にどれぐらい感染者がいるの? 続々と出てくる抗体検査の結果の意味

・新型コロナ対策はデータに基づく総合判断を ~わが国の公表死亡率が大幅に低下する可能性~
 「感染率は低いが、致死率は高い」と思われているために強いられている活動制限。実際には「感染率は高いが、致死率は低い」のであれば活動制限から解放されるだろう。その確認に有効なのは、少なくともPCR検査ではないと思う。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6
思いつきの9月入学
2020-05-09 Sat 00:00
・大槻義彦:9月入学、『いいことだ、今ピンチをチャンスに』と『教育評論家』のオソマツ
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
マイケル・ムーア「プラネット・オブ・ヒューマンズ」無料公開
2020-05-08 Fri 00:00
2005062.png・再生可能エネルギーの嘘を暴くマイケル・ムーア最新作の衝撃

 →Michael Moore Presents: Planet of the Humans | Full Documentary | Directed by Jeff Gibbs
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:16
スウェーデンの作戦
2020-05-05 Tue 00:00
・スウェーデン「集団免疫」作戦の効果は?感染防止につながる信頼文化と高い代償を払う高齢者
 スウェーデンの作戦が正しかったかどうかはまだわからないという当然の結論だが、この記事の面白さはそこではない。スウェーデンがどのような国を作ってきたか、政治家を育ててきたか、日本とは正反対の基準を持った国民なのかもしれない。5月1日時点で、感染者数21520人(14305)、死者2653人(455)、人口10万人当り死者263人(4)[カッコ内は日本の数字]となっている。
・「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に
 施設に入っている発言力の小さい高齢者が死者の多くを占めている間は小さかった不安が、社会的発言力のある高齢者予備軍が不安を感じ始めたときが、世論が変わるきっかけになるのではないだろうか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:5
PCR検査の現場
2020-05-04 Mon 00:00
・PCR論争に寄せて─PCR検査を行っている立場から検査の飛躍的増大を求める声に
 PCRのキットと聞くと、インフルエンザの簡易検査キットのように、鼻拭い液を滴下してパキッとすれば15分後に判定みたいなお手軽なものを想像しがちだが、そう簡単な話でないみたいだ。大切な医療現場を正常に保つためにも、信仰ではなく科学としてPCR検査の有効な使い方をしていかなくてはならないと思う。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6
自分はどちらの10%に属したいのか
2020-05-03 Sun 00:00
・内田樹:隣組と攻撃性
 10%の「処罰するリスクがないときに過剰に暴力的になる人」ではなく、10%の「どんなことがあっても穏やかに、市民的にふるまう人」でありたいとは思うが、常に「自分はどっちだ?」と自分に問い続けてないと、前者に流されそうな怖さがある。

・内田樹:現状分析と展望
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:1
財務省がある限り日本は沈没するしかないようだ
2020-04-28 Tue 00:00
・リフレ派の逆襲
 とにかく長いのだが、財務省が某国の元凶だということはよくわかった。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
なぜ重篤化する前兆を本人も医師も掴めなかったのか
2020-04-27 Mon 00:00
・コロナ「突然重症化した人」の驚くべき共通点
 日本で新型コロナの患者が出はじめた時からの疑問は、なぜ肺炎が重篤化する前兆を本人も医師も掴めないのか、という点だった。この記事を書いている米国の救急医は、「私が診た新型コロナ肺炎患者の大多数は、トリアージ時の酸素飽和度が著しく低く、一見通常生活を送れないような状態なのに、挿管の準備をする時でさえスマホをいじっていた。呼吸は速いし、胸部レントゲンでは危険なほど酸素濃度が低く、ひどい肺炎であったにもかかわらず、見た目には比較的最小限の苦痛を抱えているだけだったのだ。」と書いている。患者本人が気づかないということは、禀告が無いので医療関係者まで変調が届かないのだろう。一昨日、(待機中の)自宅での血中酸素濃度測定などの応急的なことはできるようになっていないのだろうか?と書いたが(→2020-04-24)、記事にはまさにそれが有効だと書かれている。2004251.jpgこの記事を読む前に、手軽なパルスオキシメーターでモニターすることの意義は素人でも気づいたくらいだから、自宅待機者に貸し出しするのは当然に思えたが、やっていないらしい、、、よね。
 1974年にパルスオキシメーターの原理を発見した日本光電工業株式会社の青柳卓雄、岸道男、田貫甚之助らにノーベル賞が与えられなかったのは不可解に感じるが、昔のことはともかく日本が生んだすばらしい機器を有効活用したいものだ。[写真は、日本光電パルスオキシメータ SAT-1200 Oxypl s]

・パンデミックは今後30-40日以内に「自然に終焉」する
 そして、こんなのもある。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:8
コロナ後の日本の恐ろしいシナリオ
2020-04-26 Sun 00:00
内田樹:コロナ後の世界
 ここには「新型コロナウイルスが民主主義を殺す」という恐ろしいシナリオが現実味を帯びて示されている。【本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからはもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要な施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。「コロナ対応に失敗したのは、国民の基本的人権に配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任を憲法の瑕疵に転嫁しようとする。右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公の愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます。これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います。】コロナ後の大多数の国民に、コロナ以前ですらできなかった「自分たちの貧困は自民党政権の失政だと考えて投票」できる体力知力が残っているだろうか。

・ロックダウンは国民監視システム構築のため?
 中国や台湾、韓国などの成功例の裏にある、国民監視システムについて、スノーデンの言を取り上げて、この様に書いている人もいる。

・パンデミックは今後30-40日以内に「自然に終焉」する
 そして、こんなのもある。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:9
陽性/陰性の判断できない参考情報とは?
2020-04-24 Fri 00:00
・コロナ検査キット 楽天が法人に販売 遺伝子解析企業が開発
 「医療機関の検査とは異なり、陽性か陰性かという判断はできないため、利用する企業などは参考情報として扱う。」ってどんな参考情報になるのだろう。意味不明の商品だが、時節に乗じた新しい混乱商売ではあるのだろう。
・個人でのPCR検査キットの使用は控えましょう

・新型コロナ 軽症で自宅待機の50代男性死亡 埼玉
 このパターンが一番の問題。初動として自宅待機は止むを得ない指示だと思うが、急変に対応できる態勢を作らないと不安は増すばかりだ。例えば、自宅での血中酸素濃度測定や簡易的な酸素吸入などの応急的なことはできるようになっていないのだろうか?

・COVID-19 CORONAVIRUS PANDEMIC
 退院率 = Total Recovered/Total Cases と定義しておくとして、日本はなぜ退院率がこんなに低いのだろう。症状が治まってからも、しばらくは保菌・排菌は続くのでなかなか退院させられないのかもしれない。しかし、ベッドが空かないのが医療崩壊の原因になっているとすると、早めに退院させて中間観察施設や自宅療養に移すことも必要なのではないだろうか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
自助努力ではここが限界 全国ビッグバンは必至か?
2020-04-19 Sun 00:00
2004172.png・Appleが世界の移動データを公開!ローマやパリは9割以上減 東京だと5割程度だけ 名古屋や大阪も
 日本全体で40%減というのは、外国と比べると辛抱が足りないと見えるが、経済的支援も無いのによくここまで黙って協力して来たと言うべきだろう。さすがにこのあたりが限界だとすると、連休前後の全国ビッグバンは必至か、、、。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
COVID-19は暑さに弱いのか?
2020-04-17 Fri 00:00
2004142.png新型コロナ感染症も既知のコロナ風邪と同じように寒い時期に流行し、暑い時期には下火になる性質があるかもしれない。人口、人の行き来、生活習慣、衛生環境、診断方法など各国が一律ではないし、そもそもオーストラリアやサハラの砂漠には人が少ないだろうし、この感染地図だけでは比較できないが、眺めながらいろいろと考えてしまう。
[図は、COVID-19 Dashuboard by CSSE at JHUより]
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
医療相談ができるアプリLEBER 茨城県民は9月30日まで無料
2020-04-15 Wed 00:00
2004143.pngつくば経済新聞:つくば発の医療相談アプリ「LEBER」、県内の全世帯に無償提供開始
 既存の医療相談アプリだが、新型コロナ流行の時期なので、地元茨城県民は9月30日まで無料でダウンロードできる。さらに相談も無料とのこと。
 →LEBER
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
その時はいきなり来ます!
2020-04-13 Mon 00:00
2004122.jpg新型コロナウィルス感染をのりこえるための「地方版」説明書
 諏訪中央病院の玉井道裕先生が作成された新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書のページに、新しく「地方版」が追加された。『新型コロナウィルス感染をのりこえるための「地方版」説明書』は、近々必ず地方へもやってくる新型コロナウィルスの知識と戦うための方法を得るためのすばらしい手引書だと思う。その時はいきなり来るのだそうだ。中国、イタリア、アメリカ、東京が時間を作ってくれていた間に、私たちは買い占め以外にどんな準備をしていたかが試されることになる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
学級新聞と比較しては生徒に申し訳ないかも
2020-04-12 Sun 00:00
・内田樹:ある週刊誌からのメールインタビュー
 内田樹氏のインタビュー記事で、メディアの末期症状を露呈している「ある週刊誌」ってどこのことだろうか。
 「「未知」だの「新型」だのということをことさらに言い立てて病気を神秘化するのは、その事実を糊塗するためでしょう」と書かれているが、想定外と居直って責任逃れするのはいまや日本のお家芸として定着している。「カネか命か」」という究極の問いに対しては、こんなことは究極の問いでもなんでもなくて、小学生でも即答できなければいけないことですと一刀両断の回答。医療崩壊は「命の選別」という倫理の問題でも道徳の問題でもなく、純粋にロジスティックスの手抜き問題という回答。本誌のインタビュー記事でもっと他の珍妙な質問を読んでみたくなる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター