33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
今期の火星観望は諦め
2018-07-21 Sat 00:00
mars1807201.png2018年07月20日 21時25分。65P。x139。視直径約23.8秒。一月ぶりに火星を見た。高度は低いわ、正面に街灯はあるわ、電線の隙間から見ているわ、ダストストームは静まっていないわで、ただ大きくなった橙色のぶよぶよする円盤を見ているだけの様。1807201.jpg模様らしきものは感じられる程度で、輪郭をスケッチすることは不可能。

1807202.jpg大シルチス、サバ人の海、子午線の湾など、火星の名所が一望できる最高の位相のはずがこれでは、今年は表面観察は無理ということに等しい。大接近まであと10日。視直径で2%ほど大きくはなるが見え方に変わりはないだろう。この後、天候によって見えても見えなくてももうどっちでもいいわ、という気持ち。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
これが今年の大シルチスなのか?
2018-06-23 Sat 00:00
mars1806221.png2018年06月22日 00時45分。65P。x125、x139。視直径約19.2秒。今夜も曇りだろうと寝しなにたかをくくって空を見ると火星が見えている。急いでパジャマの上に服を着て望遠鏡の準備。眺めているうちに輪郭の揺らぎは落ち着いて、眼も慣れていくのでいい感じ。ところが表面の模様はいつまで経っても掴み所がない。中央付近を中心にしてわずかに暗い模様があるようには感じるのだが、とにかく形として把握することができない。接眼レンズをあれこれ変えても結果は同じ。30分眺め続けておそらくこの辺りに模様があったと感じられるような図を作ってみた。この図では南極冠をちょっと大きくくっきりと描きすぎたのは失敗。実際には南極冠はもっとぼやけて小さく見えていた。
[修正]模様の南北を逆に描いていたのを修正。

1806222.png部屋に戻ってから今夜の火星面のシミュレーションを確認して愕然。大シルチスが真正面にあったのか。視直径約19.2秒で大シルチスが見えないのが2018年の火星大接近の特色と記録しよう。
[追記]より実際の火星面に近いシミュレーション画像に変更した。
別窓 | 観測日記 | コメント:12
今夜を逃すと当分観測できそうになかった
2018-06-08 Fri 01:04
今夜の観測:β Lyr3.6等、R Sct6.0等。

mars1806081.png2018年06月08日 00時20分。65P。x139。視直径約16.5秒。南極冠が大きく見えている。正面やや東に大きく黒く見えているのはオーロラ海だろう。サバ人の海や子午線の湾は西へ回ってしまっていた様で微妙な模様はわからなかった。オーロラ海の北側に薄い影が感じられたのはアキダリアの東隣のルナ湖だったのか?6月6日から梅雨入りしているが、7日の午後以降晴れて夜半まで保ってくれた。ただ、今夜を逃すとこの先1週間は観測できそうにない。

[追記]アキダリアは影へ入ってしまって見えなかったと思ったのだが、1週間ほど前にアキダリア付近で大規模なダストストームが発生したようで、その影響で見えなかったことが考えられる。ルナ湖と感じたのはむしろアキダリアがダストストームの向こうにうっすら透けて見えていたのかもしれない。
 →AstroArts:火星で大規模なダストストームが発生中
別窓 | 観測日記 | コメント:14
5月の初目測
2018-05-15 Tue 00:15
1805151.gif今夜の観測:βLyr3.5等。ネタ切れで苦し紛れに1目測。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
HF経緯台の上に微動雲台を載せてみた
2018-05-12 Sat 00:00
1805111.jpg倍率x139をフリーストップ式のHF経緯台上で観察するのはけっこうしんどいことが分かった。苦肉の策として、HF経緯台で荒く方向を決めて強めに固定して、視野を横切る火星は微動雲台で追尾することにした。

mars1805111.png2018年05月11日 02時39分。65P。x139。視直径約12.3秒。昼過ぎまで降っていた雨が止んで、夕方は涼しく爽やかだった。今夜も像はボケてはいたが、若干模様が見えてきたような感じ。この後木星も見たが、こちらも数本の縞が分かる程度だった。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
視直径が15秒を越える5月30日まではまだ準備期間
2018-05-07 Mon 00:00
mars1805061.png2018年05月06日 02時23分。65P。x139。視直径約11.7秒。昨日よりも見えない。近くにいる月も霞み、土星の輪も見えないほど。火星は橙色がわかるだけ。5月30日以降、視直径が15秒を越えてからが本格的なシーズンだろう。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
火星今期初観測
2018-05-06 Sun 00:00
1805051.jpg玄関前での観測はけっこう大変。もうしばらくしたら、路上に三脚を出さないとならなくなりそう。


mars1805051.png2018年05月05日 02時25分。65P。x139。視直径約11.5秒。今期初観測。像はぶよぶよでピントが合わない。南西側にぼんやりグレーの影が見える様な見えない様な。微動のない経緯台で高倍率スケッチはかなり大変そうだ。2年前まではHi-LE2.8mm(x179)を使ったがとても無理だろうから今回はHi-LE3.6mm(x139)を使う予定。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
天宮1号落下 ライブ情報も加わりいよいよラストラン
2018-04-02 Mon 05:02
1804022.png本日4月2日中には落ちる確率が高くなってきた。時刻もだいぶ絞られてきた様だ。世界時で4月2日00:18±2時間ということは、日本時だと今日の7:18〜11:18。Heavens-Aboveも140kmに近づいている。

1804021.jpg今朝は4:20のパスを見に霞ヶ浦へ行ったが、空全体が靄っていて3惑星と月しか見えない。それでも3分間で撮った写真にはカシオペア座が写っていた。

1804023.jpg7:20のパスを見に霞ヶ浦へ。燃え尽きる姿は見られなかった。

1804024.pngおや、ただいま7:50、Heavens-Aboveで「天宮1号の地上軌道ライブ」コーナーが新設されているのに気づいた。いよいよだな。

1804025.png8:53のパスも眺めてみたが燃え尽きるところは見られず、天宮1号は日本上空から太平洋へ通過し去った。これが日本から見られる最後のチャンスだったと思われるので、この後地球の裏側のどこかに落ちるのだろう。

1804026.pngもう一回りしてきそう。

1804027.pngもう一周して沖縄上空を通過した模様。ただし、9:15頃に南太平洋に落下したという情報もある。あるいは、18 SPCS
別窓 | 観測日記 | コメント:13
天宮1号落下は数日延期か?
2018-04-01 Sun 07:48
1804011.jpgみゃおさんのブログの「天宮1号・大気圏再突入関連のメモ」にある図「C.ESAによる落下期間予想」を見ると、落下時期予想が4月1日から2日乃至3日へ移りつつある様に見える。今朝は北側のパスだったので霞ヶ浦の堤防へ行って見た。低空に雲があって条件が悪かった。薄明も進んでいてとても星が見えるような空ではなかったが、雲の隙間に数回光が見えたのは天宮1号だったのかもしれない。写真には写っていない様だ。
別窓 | 観測日記 | コメント:4
天宮1号落下1日前
2018-03-31 Sat 04:22
1803311.jpg東の低空にわずかでも見られるかもしれないと思ったが、どうも雲があるようで期待薄。おまけにカメラの方向を間違えていた。

[追記]みゃおさんのコメントを参考に再度見直したら、画面の左1/4には入っていたことが分かった。ただ、暗かったために飛跡は写っていなかった。
別窓 | 観測日記 | コメント:12
天宮1号落下の写真ではありません
2018-03-30 Fri 05:00
1803302.jpg3月30日早朝4時31分、南の低空の火星と土星の少し北側を目印に天宮1号を待つ。雲があって1等星レベルしか見えなかったが、肉眼では飛跡がしっかり見えた。写真の方は普段使わない撮影モードなので勝手がわからず、後処理中にカメラを動かしてしまって失敗。天宮1号落下のフェイク写真になってしまった。

1803301.jpg代わりに並ぶ火星と土星+木星の写真。火星は今季初。そろそろ目を慣らしていかなくては。
別窓 | 観測日記 | コメント:5
回転展望台
2018-03-11 Sun 00:00
・【関西の議論】残るはあとわずか…消えゆく回転展望台「見下ろすためが、見下ろされる存在に」
1803021.jpg 筑波山の御幸ヶ原にあるコマ展望台は元祖見下ろし見下ろされる展望台。いまやかなりレトロになってしまったけど、生き残れるかな?
別窓 | 観測日記 | コメント:3
新ネタ御披露
2018-02-13 Tue 00:00
1802121.jpg土浦で、友人2人の誕生日会および新規開業お祝い会で、三味線新ネタを御披露(というか無理くり聞いてもらう)。

今夜の観測:U Mon7.1等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ブルーで褐い皆既月食の顛末
2018-02-01 Thu 00:01
夕方は予報通りの絶望的な空だったが、その後天気予報とは裏腹に、部分食が始まる前には厚い雲は四散して、絶好の皆既月食日和になった。お隣の家族にも声をかけて、ヨメさんはラプトルでちびっ子二人に赤い月を見せていた。3枚目の月の辺縁が青っぽいのはブルーフリンジらしい。
1801311.png


[追記]皆既中の月の色味やブルーフリンジの発色についてコメント欄で面白いやり取りがされているので、そちらもご覧いただきたい。みゃおさんのご自分のブログでの解説は以下。
 →みゃおさんのブログ:皆既月食の発色・デジカメとターコイズフリンジ
さらに、全体をまとめたものをコメント欄に書いてくれた。その内容を以下に転載した。
ブルーで褐い皆既月食の顛末の続きを読む
別窓 | 観測日記 | コメント:21
筑波山のMとカシオペア座のWがご挨拶
2018-01-29 Mon 00:00
2年先に起こる一生ものの超レア現象「ダイヤモンド日食富士」を的確に捉えるために、今年と来年の準備を呼びかけるみゃおさんの記事を、昨年末の12月28日拙ブログで紹介した。ご興味ある方は忘れずにぜひぜひ心に留め置かれ願いたい。

で、その本題とはぜんぜん別になるが、コメント欄でS.Uさんとみゃおさんそれぞれが披露してくれたこれまで心に温めていたアイディアが奇しくも同じものだった。茨城県南のそれもかなり狭い地域でしか見られない星景色「筑波山Mとカシオペア座Wの挨拶」、これを仮に茨城県南M-W会合とでも呼んでおく、その瞬間をキャッチするためのアイディアを展開していた。ただ、移動に制限のあるみゃおさんにはこの構図を得るのはさすがに無理だろうと思っていたのだが、、、。
180126WW_m2.jpg

「今朝方3:45前後に撮影できました」と、そんなはずはない程の軽やかな口調のメールと写真が届いた。できそうにないことでも、やっちゃうんだわね、みゃおさんは!(片腕でエアコンを設置してしまう人だしなぁ)

しばらくしたら、ご本人からもっと詳しい記事が上がるはず。そのときはまたご紹介したい。
別窓 | 観測日記 | コメント:16
くじら座ミラ そろそろ極大か
2018-01-15 Mon 00:00
今夜の観測:ο Cet3.2等、U Mon6.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ちょっと曇っていた
2017-12-18 Mon 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ふたご座流星群極大2日目だが薄曇り
2017-12-15 Fri 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。すじ雲が覆っていて、ふたご座流星群2日目だが期待できそうにない。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
今月もクリア、ほっ
2017-09-19 Tue 00:00
1709182.jpg今夜の観測:β Lyr3.2等。

台風18号一過の夜、今月もクリア、ほっ。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
今夜が最後のチャンスか?
2017-08-25 Fri 00:00
1708241.jpg今夜の晴れが8月最後の観測チャンスかもしれない、と朝の天気予報を記録しておいた。

1708244.jpg果たして夜はというと、8月初めての晴れ間に天の川が見えていた。ヨメさんなど、わずか5分間に流れ星を3つもゲットしたらしい。

 8月の初晴れ夜空は天の川
 久々の 晴れ間を横切る流れ星
 漸くの晴れ間に名残りペルセ群

今夜の観測:β Lyr3.5等、R Sct5.5等。これで8月の欠測危機も脱出できた。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
快晴+月明かりなし
2017-07-19 Wed 00:00
1707181.jpg4日前と同じくらいの快晴+月明かりなし。肉眼でもほんのり天の川。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
今夏初天の川
2017-07-15 Sat 00:00
1707141.jpg今夜の観測:β Lyr3.4等、R Sct5.5等。一晩2星も久しぶりなら一月2星も久しぶり。天の川ももちろん今夏初。しかし、月明かりのため肉眼では大三角くらいしか見えない。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
満月前の晴れ
2017-07-09 Sun 00:00
1707081.jpg星は見えないが曇りではないらしい。

1707082.jpg実は晴れているようだ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
歩く 歩く
2017-06-04 Sun 00:00
・Photo Walks

・鹿嶋のウオーキングイベント 史跡巡り、新観光資源に

・夢は仏レース優勝 茨城町の中3・篠原さん
 これは、走る。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
几帳面な死に方
2017-05-17 Wed 00:00
人は死ぬ時にこんなに整然と死ねるものなのかと驚かされた。というのは、1月末の母の死に続き、父も後を追うように旅立って行ったのだが、それは几帳面な父らしい整然とした死に方だったからだ。1週間前の8日に様子を見に行った時にこの数ヶ月でだいぶ弱って来ているので、お迎えも近そうだとは感じたが、自分としては数週間と想定した。少ないながら夕食も食べ、人工肛門の処理も自分ででき、週末の競馬の予想もし、「倒れていたら病院に運ばないでそのままにしておいてね、野垂れ死でいいから」と同居の弟に伝え、「来週まで保たないね」と宣言もし、その日に入れた介護用ベッドに横になって電灯を消せるように夜中の1時頃に弟と紐の調整をし、しばらくして自分で消灯し、4時間ほど経った明け方には息が無かったという。これには笑ってしまうくらい几帳面な死に方だと思う。さらに、その朝は主治医の往診が予定されていたので、先生は予定より少し早く来て死亡診断をしてくれたというオチまでついている。

死が近づいてきた時に、人の意志の力というのはどのくらいまで及ぶのだろうかと考えさせられる父の死に方だった。

そんな父のおそらく唯一の心残りと思われるのが、、、これは公務員批判になるが、そのうち回を改めて書こう。
別窓 | 観測日記 | コメント:3
5月、クリア
2017-05-05 Fri 00:00
1705041.jpg今夜の観測:βLyr3.2等。5月は早々とクリア、って志が低すぎ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
初夏の様な雲
2017-03-04 Sat 00:00
1703031.jpg光る雲を見ると春が近いことを感じる。

1703032.jpg1日の金星と月の接近は雲の中で見られなかったが、今日は久しぶりに晴れた夕空。

今夜の観測:今夜の観測というよりも今月の観測というべきか。明るいミラを見ようと思ったが時すでに遅く西の林に沈んでいた。U Mon6.1等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
2月の変光星観測
2017-02-12 Sun 00:00
1702113.pngU Mon6.0等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
月と見まごうばかりの夕空の金星
2017-01-23 Mon 00:00
1701221.jpg写真に撮ると月と見まごうばかりの夕空の金星。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
冬の大三角
2017-01-20 Fri 00:00
1701191.jpg夕空の金星を撮り損なったので代わりに冬の大三角。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター