33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
新ネタ御披露
2018-02-13 Tue 00:00
1802121.jpg土浦で、友人2人の誕生日会および新規開業お祝い会で、三味線新ネタを御披露(というか無理くり聞いてもらう)。

今夜の観測:U Mon7.1等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ブルーで褐い皆既月食の顛末
2018-02-01 Thu 00:01
夕方は予報通りの絶望的な空だったが、その後天気予報とは裏腹に、部分食が始まる前には厚い雲は四散して、絶好の皆既月食日和になった。お隣の家族にも声をかけて、ヨメさんはラプトルでちびっ子二人に赤い月を見せていた。3枚目の月の辺縁が青っぽいのはブルーフリンジらしい。
1801311.png


[追記]皆既中の月の色味やブルーフリンジの発色についてコメント欄で面白いやり取りがされているので、そちらもご覧いただきたい。みゃおさんのご自分のブログでの解説は以下。
 →みゃおさんのブログ:皆既月食の発色・デジカメとターコイズフリンジ
さらに、全体をまとめたものをコメント欄に書いてくれた。その内容を以下に転載した。
ブルーで褐い皆既月食の顛末の続きを読む
別窓 | 観測日記 | コメント:21
筑波山のMとカシオペア座のWがご挨拶
2018-01-29 Mon 00:00
2年先に起こる一生ものの超レア現象「ダイヤモンド日食富士」を的確に捉えるために、今年と来年の準備を呼びかけるみゃおさんの記事を、昨年末の12月28日拙ブログで紹介した。ご興味ある方は忘れずにぜひぜひ心に留め置かれ願いたい。

で、その本題とはぜんぜん別になるが、コメント欄でS.Uさんとみゃおさんそれぞれが披露してくれたこれまで心に温めていたアイディアが奇しくも同じものだった。茨城県南のそれもかなり狭い地域でしか見られない星景色「筑波山Mとカシオペア座Wの挨拶」、これを仮に茨城県南M-W会合とでも呼んでおく、その瞬間をキャッチするためのアイディアを展開していた。ただ、移動に制限のあるみゃおさんにはこの構図を得るのはさすがに無理だろうと思っていたのだが、、、。
180126WW_m2.jpg

「今朝方3:45前後に撮影できました」と、そんなはずはない程の軽やかな口調のメールと写真が届いた。できそうにないことでも、やっちゃうんだわね、みゃおさんは!(片腕でエアコンを設置してしまう人だしなぁ)

しばらくしたら、ご本人からもっと詳しい記事が上がるはず。そのときはまたご紹介したい。
別窓 | 観測日記 | コメント:11
くじら座ミラ そろそろ極大か
2018-01-15 Mon 00:00
今夜の観測:ο Cet3.2等、U Mon6.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ちょっと曇っていた
2017-12-18 Mon 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ふたご座流星群極大2日目だが薄曇り
2017-12-15 Fri 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。すじ雲が覆っていて、ふたご座流星群2日目だが期待できそうにない。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
今月もクリア、ほっ
2017-09-19 Tue 00:00
1709182.jpg今夜の観測:β Lyr3.2等。

台風18号一過の夜、今月もクリア、ほっ。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
今夜が最後のチャンスか?
2017-08-25 Fri 00:00
1708241.jpg今夜の晴れが8月最後の観測チャンスかもしれない、と朝の天気予報を記録しておいた。

1708244.jpg果たして夜はというと、8月初めての晴れ間に天の川が見えていた。ヨメさんなど、わずか5分間に流れ星を3つもゲットしたらしい。

 8月の初晴れ夜空は天の川
 久々の 晴れ間を横切る流れ星
 漸くの晴れ間に名残りペルセ群

今夜の観測:β Lyr3.5等、R Sct5.5等。これで8月の欠測危機も脱出できた。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
快晴+月明かりなし
2017-07-19 Wed 00:00
1707181.jpg4日前と同じくらいの快晴+月明かりなし。肉眼でもほんのり天の川。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
今夏初天の川
2017-07-15 Sat 00:00
1707141.jpg今夜の観測:β Lyr3.4等、R Sct5.5等。一晩2星も久しぶりなら一月2星も久しぶり。天の川ももちろん今夏初。しかし、月明かりのため肉眼では大三角くらいしか見えない。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
満月前の晴れ
2017-07-09 Sun 00:00
1707081.jpg星は見えないが曇りではないらしい。

1707082.jpg実は晴れているようだ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
歩く 歩く
2017-06-04 Sun 00:00
・Photo Walks

・鹿嶋のウオーキングイベント 史跡巡り、新観光資源に

・夢は仏レース優勝 茨城町の中3・篠原さん
 これは、走る。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
几帳面な死に方
2017-05-17 Wed 00:00
人は死ぬ時にこんなに整然と死ねるものなのかと驚かされた。というのは、1月末の母の死に続き、父も後を追うように旅立って行ったのだが、それは几帳面な父らしい整然とした死に方だったからだ。1週間前の8日に様子を見に行った時にこの数ヶ月でだいぶ弱って来ているので、お迎えも近そうだとは感じたが、自分としては数週間と想定した。少ないながら夕食も食べ、人工肛門の処理も自分ででき、週末の競馬の予想もし、「倒れていたら病院に運ばないでそのままにしておいてね、野垂れ死でいいから」と同居の弟に伝え、「来週まで保たないね」と宣言もし、その日に入れた介護用ベッドに横になって電灯を消せるように夜中の1時頃に弟と紐の調整をし、しばらくして自分で消灯し、4時間ほど経った明け方には息が無かったという。これには笑ってしまうくらい几帳面な死に方だと思う。さらに、その朝は主治医の往診が予定されていたので、先生は予定より少し早く来て死亡診断をしてくれたというオチまでついている。

死が近づいてきた時に、人の意志の力というのはどのくらいまで及ぶのだろうかと考えさせられる父の死に方だった。

そんな父のおそらく唯一の心残りと思われるのが、、、これは公務員批判になるが、そのうち回を改めて書こう。
別窓 | 観測日記 | コメント:3
5月、クリア
2017-05-05 Fri 00:00
1705041.jpg今夜の観測:βLyr3.2等。5月は早々とクリア、って志が低すぎ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
初夏の様な雲
2017-03-04 Sat 00:00
1703031.jpg光る雲を見ると春が近いことを感じる。

1703032.jpg1日の金星と月の接近は雲の中で見られなかったが、今日は久しぶりに晴れた夕空。

今夜の観測:今夜の観測というよりも今月の観測というべきか。明るいミラを見ようと思ったが時すでに遅く西の林に沈んでいた。U Mon6.1等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
2月の変光星観測
2017-02-12 Sun 00:00
1702113.pngU Mon6.0等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
月と見まごうばかりの夕空の金星
2017-01-23 Mon 00:00
1701221.jpg写真に撮ると月と見まごうばかりの夕空の金星。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
冬の大三角
2017-01-20 Fri 00:00
1701191.jpg夕空の金星を撮り損なったので代わりに冬の大三角。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
少し太り始めた月と火星
2017-01-04 Wed 00:00
1701031.jpg元日が火星と海王星の超接近、2日は金星と月の接近、3日の今夕は火星と月の接近と、今年の三が日はランデブー続き。

1701032.jpgああいいなぁと思える月はここらが限界かな。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
美女共演
2017-01-03 Tue 00:00
1701021.jpg昨夕の火星と海王星の超接近は見落としだったが、今夕は金星に月齢4の細く美しい月が並びかけていた。

 ヴィーナスに美少女の月語りかけ

月の苦手なかすてんでもここいらあたりまでは愛でる心がないわけではない。ただ、、、

1701022.jpg 美少女の月の季節は短けれ
別窓 | 観測日記 | コメント:0
少女の月と星納め
2016-12-31 Sat 23:59
1612311.jpg45P/本田・ムルコス・パジュサコバ彗星が6等台まで明るくなっているらしい。細く長い尾の写真が写されている。大晦日の夕方、約5ヶ月ぶりに観測小屋のルーフを開けて、5cmと10cmの双眼鏡で探してみたが、薄明が終わる前に林にかかってしまい見つけることはできなかった。でも、美しい夕空に、細く綺麗な月と金星が見えたので、良い星納めになった。

 大晦日 少女の月と星納め
別窓 | 観測日記 | コメント:0
一瞬で終了
2016-12-15 Thu 00:00
1612141.jpg2016年のふたご座流星群観望は一瞬にして終了。来年は月は遠くにありそうだし、大仕事からも解放されているはずだし、ゆっくり眺められると思う。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
天文ブログだということを忘れてしまいそうなくらい久々の観測
2016-12-11 Sun 00:00
11月3日以来久々の観測。

8日夜の観測:防寒着を羽織って玄関を出たら皆曇。
9日夜の観測:RX Lep6.4等。U Monは低空すぎて柄杓型も確認できずに断念。
10日夜の観測:防寒着を羽織って玄関を出たら皆曇。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
星巡りて歳巡る
2016-08-31 Wed 23:30
今夜の観測:
1608311.gifχ Cyg5.4等。

1608312.gifR Sct5.7等。


 歳還り 八月尽の星めぐり

玉青さんがブログで「八月尽」を取り上げていたのでさっそく頂戴した。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
二十三夜様と夏の代表的変光星
2016-08-26 Fri 00:00
1608254.jpg今夜は二十三夜。下弦の月が23時過ぎに昇ってくる。土浦の小松のその名もずばり三夜下バス停すぐ南側の丘の上にある月読宮二十三夜尊は今夜が縁日。知人数人が連れ立って月の出を見に行ったようだ。二十三夜講の風習もすっかり廃れた現代だが、それでも地区の三夜堂に評議会と称して月一回集まるなどという話も聞く。普段は寂しい三夜様も、月一度の二十三夜の日だけは夜が更けるころにいっときの賑わいを見せるようになれば、昔物語かゲゲゲの運動会か、妖怪のパーティみたいで妖しく楽しいではないか。

今夜の観測:
1608252.gifχ Cyg5.6等。
極大が近そう。9月中旬か。

1608253.gifR Sct5.9等。
近年振幅が随分小さくなっている。近々変光しなくなったりして。
別窓 | 観測日記 | コメント:12
久しぶりの火星
2016-08-10 Wed 00:00
「ぶよぶよで描き甲斐なし」と書いた8月5日の火星の見え方はこんな感じ。相当酷かった。これを今期最後にしたくないので次に良シーイングで描けたら終了としよう。

mars1608051.png2016年08月05日 21時30分。EdgeHD800。x290。視直径約12.6秒。ぶよぶよで描き甲斐なし。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
梅雨明け三日 夏の小三角と大三角
2016-08-02 Tue 00:00
7月28日に明けたらしい梅雨だが31日にはもう曇ってしまった。お米にとっては梅雨明け十日の照りこみが欲しいところだが三日で終了。その晴れ間の最後の夜に記念撮影しておいた。

1607303.jpgサソリの頭を土星と火星がハサミ撃ち 夏の小三角にも見える。

1607302.jpg1秒手持ちでブレブレ天の川 頭の上の夏の大三角の中に天の川が雲の様に写っている。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
これで7月も安泰
2016-07-04 Mon 00:18
1607031.gifすっかり観測からご無沙汰だが、変光星欠測月は作らない様にと思っている。最近の観測としては、
6月 3日 R Sct 5.8等
  16日 R Sct 5.9等
7月 3日 R Sct 5.7等
別窓 | 観測日記 | コメント:0
久々の超級快夜到来
2016-06-03 Fri 01:56
夜の早いうちに吹いていた冷たい風が収まった0時過ぎから火星観望を始めた。しかし、シーイングはそれほど良くはなく、時々模様がくっきり見えたかと思うとすぐにまた曇りガラスの向こうに行ってしまうといったことの繰り返し。

mars1606031.png2016年06月03日 00時10分。65P。x179。視直径約18.6秒。65Pでは大シチチスはともかくとして、サバ人の海は辛うじて存在が分かる程度の見え方だった。

mars1606032.png2016年06月03日 00時22分。EdgeHD800。x290。視直径約18.6秒。EdgeHD800ではサバ人の海の南側へ伸びるレスポントゥスはじめ大シルチス付け根のアドリア海、チュレニーの海、小シルチス、また北極冠周囲のユートピア海の形もうっすらと見えていた。

1606031.jpg火星スケッチを終えて変光星R Sctだけでも見ておこうと見上げた空に、カシオペア座〜はくちょう座〜たて座〜いて座と天の川のアーチが架かっている。2年9ヶ月ぶりの快夜。首都圏の光芒に邪魔されながらも低空まで肉眼で天の川が見えている。ここまで見えれば超級快夜だ。
今夜の観測:R Sct5.8等。

1606032.jpg最後に西空へ傾いた火星、土星、アンタレスの記念写真を撮っておいた。
別窓 | 観測日記 | コメント:7
一瞬のチャンス
2016-05-28 Sat 00:13
mars1605271.png夕方まで雨が降りストーブが必要な寒い1日だった。夜遅くになり晴れ間が出たので望遠鏡を覗いた。65Pでは子午線の湾とサバ人の海が分かっただけ。

mars1605272.png一瞬模様が見えた瞬間があったが、間もなく像はボケボケになってしまった。それでも、その一瞬に消えていく大シルチス、現れるアキダリア、中央に子午線の湾とサバ人の海などがはっきりと見えた。このイメージ図は実際よりもだいぶ汚らしくなってしまった。
別窓 | 観測日記 | コメント:12
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター