33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
指笛を確実に鳴らす(5) ポイントまとめ
2019-11-15 Fri 00:00
指笛練習これまでの経過:
 →三線とくれば次はキツネの影絵、じゃなくて指笛
 →指笛を確実に鳴らす(2) ゴールがちらちらと見えてきた?
 →指笛を確実に鳴らす(3) 4つ目のポイント
 →指笛を確実に鳴らす(4) 意外に大切な5つ目のポイント

ポイント1:指の形 要はどれでもよい
 (1)親指と人差し指で輪を作る
   (i)OK型
   (ii)きつね型
 (2)両手の指を使う
 (3)人差し指(または小指)をコの字に曲げる
 (4)その他
ポイント2:舌先の位置 要はどちらでもよい
 (1)上へ巻き上げる
 (2)巻き上げない
ポイント3:口や指の大きさや形などによって各人で微調整 けっこう重要
ポイント4:舌の形 最重要
ポイント5:力を抜く けっこう重要

こんなところに注目してやっていたらこのくらいは鳴るようになった。
 →これまでの指笛特訓の成果

最後の難関は、1発目から百発百中で鳴らせるようになること。それができないと、ライブでは間の抜けたことになりかねない。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
立ち演奏での三味線保定を試みる
2019-10-24 Thu 00:00
1909126.jpg立ち演奏での三味線保定方法各種の中から、新内流しスタイルで吊って弾けるか試したいと思う。ストラップや小道具が目につかず粋に三味線を弾いているのだが、どのように保定しているのか、写真や動画で見る限りではわからない。[写真は神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2014より]

方法については、1909121.jpg流しでの演奏方法を参考にして小道具を準備した。まずは予備の一の糸(一番上の太い糸)をたっぷりの湯で茹がく。しばらくすると糊が取れて柔らかくなり、黄色もかなり薄くなってきた。糸は角帯の下に締めている腰紐に固定するとあるが、とりあえずベルトのバックルに固定してやってみた。糸が中木先(なかごさき)から外れたり切れたりしないだろうかという心配に加えて、座り弾きとは右腕の位置が違うのでかなり弾きにくい。この弾き方に慣れるのと片足立ちに慣れるのとどちらが早いか。

ここまで書いた後で左足を怪我してしまったので、今年は立って演奏するのは無理だと思う。座ってやりましょう。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
指笛を確実に鳴らす(4) 意外に大切な5つ目のポイント
2019-10-18 Fri 00:00
空吹き無しで鳴らすための5つ目のポイントは、力を抜くことの様なのだ。書いてしまえば何のことは無いのだが、これがけっこう重要かもしれないので加えておきたい。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
指笛を確実に鳴らす(3) おそらく最大のポイント
2019-10-06 Sun 00:00
1909201.pngこの前、指笛のポイントを3つにまとめてみた。練習も怠りなく続けている。これに4つ目のポイント:舌の形を加えたい。これもネット上にたくさん情報があるが、舌を下げる方法で一番わかりやすいのはこの図だと思う。おそらくこれが指笛最大のポイントだと思う。この図の指の使い方は異なるので、指ではなく舌の形に注目[これで名脇役間違いなし!? 指笛の吹き方を達人に教わってきたより]。

先の3つのポイントに加え、これをイメージトレーニングで体得できれば確実性がかなり高まるように思えるのだが、、、。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
指笛を確実に鳴らす(2) ゴールがちらちらと見えてきた?
2019-09-22 Sun 00:00
そういうわけで、指笛の練習を再開したのが先週9月14日の大工哲弘さんのコンサートのあと。過去の復習:2016/06/27を読みながら、結局あれから3年間全然進歩なかったことが判明。年間目標に指笛を入れたのだって、今年じゃなくて去年のことだった。光陰矢の如し!
改めてネットでキーワード「指笛 やり方」などで検索すると、山のような情報が出てくる。自分なりにまとめてみた。

1606261.jpgポイント1:指の形
 (1)親指と人差し指で輪を作る
   (i)OK型[右写真]
   (ii)きつね型
 (2)両手の指を使う
 (3)人差し指(または小指)をコの字に曲げる
 (4)その他
ポイント2:舌先の位置
 (1)上へ巻き上げる(舌の下に指を当てる)
 (2)巻き上げない(舌の上に指を当てる)
ポイント3:口や指の大きさや形などによって各人で微調整

自分は、楽器を持っているときでも鳴らせるようにしたいので片手で輪を作るOK型。そして、舌が短くて巻き上げられないので伸ばしたままやることにした。要はやりやすい方法で良いらしい。
 
さて、上の様なポイントを考えながらこの一週間やってみたのだが、なんとコツの一端を掴めた様な気がする。その成果は以下。
 →2019年9月20日の成果
最終目標は、空吹きをしないことなのだが、それもなんとなく見えてきたような、、、。そのためにはもう一つポイントがあるのかもしれない。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
指笛を確実に鳴らす(1) 本年の目標の一つ
2019-09-20 Fri 00:00
今年の目標の一つに「指笛を確実に鳴らせる」があったのだが、すっかり忘れていた。時々良い音が出るのだが、それがいつ出るのだか、どこがよくて出るのだか、いまだに分からない。これでは確実に鳴らせないので、今年も残り4ヶ月弱、研究と練習をしよう。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
立ち演奏での三味線保定方法各種
2019-09-19 Thu 00:00
一人で三味線を弾くならば、正座でも椅子でも構わないのだが、数人のバンドに混ざったとき、座ってしまうと背景にめり込んで埋もれてしまいそうでどうも張り合いがない。

1909123.jpg1909122.jpg肩掛け:
そこで、立って演奏しようと思った場合、やはり肩掛けベルトが一般的だろう。ギターならば違和感ない肩掛け式だが、三味線だとイマイチに感じてしまう。かしまし娘や宮川左近ショーなどのお笑系の印象が強烈だからかもしれない。歌江ねえちゃんも、照枝ちゃんも、花江ちゃんもみんな可愛かったし、暁照雄もかっこよかったのだけどね。[写真は、Wikiおよびニコニコ動画より]

1909124.jpg足台:
昨年は足台を使ってみた。長唄のプロの足台演奏はかっこいいのだが、自分でやってみるとずっと片足立ちをしていてけっこうしんどかった。

1909125.jpgぞめき棒:
阿波踊りで使われるぞめき棒も考えたが、着物で帯を締める必要があるし(まあ、着物を着る口実にもなるのでこれはこれでいいかもしれないが)、練り歩く阿波踊りには安定感があって良いのかもしれないが、単なる立ち弾きには物々しい感じが否めない。[写真は阿波踊り用品の岡忠サイトより]

1909126.jpg糸で吊るす:
さて今年はどれでいこうかと思っていたときに、これはと思う粋な吊るし方が目に止まった。新内流し。肩ストラップもないし、腰に棒も差していない、なのに歩きながら流しで演奏している。漫才や阿波踊りのような激しい動きがないならば、これが究極かもしれない。[写真は神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2014より]
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
大工哲弘「沖縄・島唄コンサート with 板橋文夫」 磯節が心残り、、、
2019-09-17 Tue 00:00
1909161.jpeg大工哲弘さんの「沖縄・島唄コンサート with 板橋文夫」へ行ってきた。よかった!内地の、それも恥ずかしがりの多い茨城なので、全員でカチャーシーというわけにはいかなかったが、それでも、客席に指笛と合いの手の上手な方がいて(ウチナンチューかも)、まさに、5人目のメンバーとして会場を盛り上げてくれていた。山下洋輔を彷彿とさせる板橋文夫さんの大迫力のピアノソロ「渡良瀬川」が印象的だった。唯一残念だったのは、八重山で歌われる磯節についてたっぷり解説してくれた後で、時間が押しているからと演奏は聴かせてもらえなかったこと。三線で磯節とは我が意を得たりと思ったのに、それが心残りだった。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
浅草ゆめ子 ディスコグラフィ
2019-09-03 Tue 00:00
1908041.jpg浅草ゆめ子(→山中節の柳香から浅草ゆめ子へ)については、そのうちもう少しまとめたいと思っているが、今年前半に集めた情報から「浅草ゆめ子ディスコグラフィ」を作ってみた。委託制作のローカル盤を探せばまだまだあると思われる。
[写真は、山中温泉ゆけむり倶楽部制作の『ASAKUSA YUMEKO 浅草ゆめ子画像資料集』(2019)より]

YouTube
  山中節 柳香 A2511 1956年
  茶摘み音頭 加藤雅夫/浅草ゆめ子 AK517 1957年
  かんのん音頭 浅草ゆめ子/伊東満/五月みどり A3241 1958年
CD販売されているもの:
 山中節アンソロジー 〜SP盤山中節選集〜
  14 山中節 1956年
  15 山中節(鉄砲獅子踊) 1956年
 うぐいす芸者と流行小唄 Disc5
  01 おしん恋唄 東宝映画『天竜の鴉』主題歌 1959年
  02 ソーラン芸者 1957年
  06 女黒田節 1957年
  07 恋のおばこ船 1956年
  10 さんさ馬子唄 1956年
  11 いで湯の花 1956年
  14 おぴったりじゃないの 1956年
  15 アラごっつあんです 1956年
 ら・あさくさ
  02 浅草おどり 島倉千代子/神戸一郎/浅草ゆめ子 1958年
 お祝い・宴会おはこシリーズ(4)~さのさ,かっぽれ
  10 東雲節(ストライキ節) 1959年
  17 ぎっちょんちょん 1959年
過去のSP盤:
 恋のいろは坂 PR1607 1956年
  01 恋のいろは坂 浅草ゆめ子
 八端小唄 浅草ゆめ子 PR1586 1956年?
 小松ばやし 三崎晃/浅草ゆめ子 PR1716 1957年
過去のEP盤:
 山中節 柳香 SA707 1961年
  01 山中節 1956年
  02 山中節(鉄砲獅子踊) 1956年
 いいじゃないの/許してネ SA-759 1961年
  02 許してネ 浅草ゆめ子/江河愛司
 東雲節/木曾節 FH-295 19??年 *17cmLPの可能性あり
  01 東雲節 浅草ゆめ子
 山中節/山中鉄砲獅子 浅草ゆめ子 SAS6190 1970年
その他:
 お相撲さん節 中島孝/浅草ゆめ子 A2570 1956年
 足柄音頭 中島孝/浅草ゆめ子 PR1699 1956年
 信州味噌小唄 PR1623 1956.10
 ドサンコ船唄 A2989 1958年
 善光寺参り 浅草ゆめ子/加藤雅夫 PR1934 1958年
 ロケット音頭 五月みどり/花村菊江/岡田ゆり子/伴久美子/浅草ゆめ子 A3170 1959年
以上、全てコロムビア。

映画
 いで湯の姉妹(東宝) 1956年11月13日公開 主演:島倉千代子
     役:夢子 主題歌:いで湯の花
 白鷺(大映) 1958年11月29日公開 主演:山本富士子 
     役:かっぽれと黒田節を歌う芸者
 天竜の鴉(大映) 1959年1月22日公開  主演:勝新太郎
     役:芸者お加代 主題歌:おしん恋唄
 有難や節 あゝ有難や有難や(日活) 1961年5月3日 主演:和田浩治
     役:?

テレビ出演(NHKのデータベースに記録されているもの):
 テレビ 歌の祭典              1957年01月02日
 黄金の椅子〔古賀政男ショー〕第三夜     1957年01月24日
 歌の花びら                 1959年08月15日
 花の星座                  1960年09月25日
 歌は生きている〔夏も近づく八十八夜〕    1961年05月02日
 歌は生きている(再)〔夏も近づく八十八夜〕 1961年05月04日
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:8
いまだに身に付かない撥の持ち方を考えてみた
2019-08-19 Mon 00:00
いまだに撥の持ち方がしっくりこない。手の中での不安定感、糸をウチまたスクウときの不安定感を感じる。無駄な力を入れずに安定した持ち方ができないので、ウチ間違えや腱鞘炎にもなるのだろう。
1908151.jpg一応、写真上段が正しい持ち方に近いと思う。ところが、弾いている間に小指(1)が内側に丸まって下段(2)の様になってしまう。これは典型的な初心者の間違った持ち方だ。
ここでちょっと考えてみた。小指の正しい位置とか誤った位置とかそこに意識を集中して改善できるものだろうかと。つまり、上手に持てる人、上手に弾ける人はおそらく小指に意識を集中などさせていないはずで、(3)の関節を伸ばす持ち方がもっとも安定しているからその様に持っているだけだろうと想像する。もっと言えば、その持ち方以外にはあり得ないのでそのように持っているということだと思う。ただまぁ、最初は小指や関節に意識を集中させることで身につくものなのか、別のところが改善されると同時に改善するものなのか、その境地に至っていないので今はまだ分からない。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:4
お城ソングのレパートリー
2019-08-16 Fri 00:00
鉄道ファンは、撮り鉄・音鉄・紙鉄・乗り鉄・押し鉄などなど分野別に細分化されているようだが、お城ファンはどうだろうか。写真を撮る「撮り城」、縄張図を描く「描き城」、城址碑巡りの「石碑城」、プラモデル作りの「プラ城」など、そのような言い方があるのどうかは知らないがこれらは重複しながらも分化していそうだ。その他にも、城友達の中には曲を作るのもいるから「曲城」「歌城」なども一分野になるかもしれない。カラオケへ行った時にお城シリーズ数曲知っていれば選曲でグズグズすることも無いのだが、今思い浮かぶ曲の中で歌いやすい曲はあまりないな。たとえば、
『古城』高音が苦しい
『武田節』これも高音が苦しい
『女黒田節』これは比較的歌いやすいがカラオケに入っていない

『土浦音頭』目的で購入した『日本の名城を唄う』には17曲が収録されている。
1907261.jpg 1.白鷺の城 / 村田英雄
 2.古城 / 三橋美智也
 3.銀杏城(熊本城を歌う) / 都はるみ
 4.千姫 / 美空ひばり
 5.あゝ名古屋城 / 舟木一夫
 6.舞鶴城 〜福岡城址〜 / 大川栄策
 7.青葉城恋唄 / 新沼謙治
 8.霧の城 / 多岐川舞子
 9.青春の城下町 / 梶光夫
 10.落葉の城 / 美空ひばり
 11.五陵郭哀歌 / バーブ佐竹
 12.落城の賦 / 森繁久彌
 13.大阪城 / 霧島昇
 14.荒城の月 / ボニージャックス
 15.名月七尾城 / 一木湖舟
 16.花の二本松少年隊 / こまどり姉妹
 17.土浦音頭 / 照菊

歌えそうな曲、歌ってみたい曲は、、、。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:6
あれれ、腱鞘炎?
2019-08-14 Wed 00:00
1908011.jpg右手首の背側内側が対側に比べて明らかに腫れている(写真ではわからないが)。三味線の上達と引き換えの腱鞘炎であればまだしも、技術は上がらずただの腱鞘炎では、トホホだ、、、。最近使い始めた新しい撥が原因かもしれない。重心の位置が若干違うのと、重さが1割に相当する12g重くなったのが影響しているのかもしれない。音は良いので少しずつ慣らしていくしかないかも。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
『土浦音頭』を聞いてみる
2019-08-12 Mon 00:00
この前、土浦のご当地ソングとして『土浦小唄』と『土浦音頭』を紹介した(→土浦のご当地「小唄」と「音頭」)。島倉千代子の歌う『土浦小唄』はネットでも聞くことができ、昭和30年代のおっとりした時代の気分を味わえる。もう一つの『土浦音頭』の方はどうかというと、これも比較的容易に聞けるようになっていた。1907261.jpg2017年に土浦城が続日本100名城に選ばれたことがきっかけで、2018年発売のCD『日本の名城を唄う』の中に『土浦音頭』が収録された。土浦城を歌った曲では無いので無理くりの感もあるが、まぁこの際いいだろう。『土浦音頭』成立の経緯やCDについては以下の2本の記事に詳しいのでご覧いただきたい。

『土浦音頭』成立の経緯や歌詞については以下に詳しい(再掲):
 →重箱の隅に置けない:横瀬夜雨を深読みする>復刻「土浦音頭」
CD制作と演劇による掘り起こしの話題について:
 →NEWSつくば:CD「日本の名城」に土浦音頭が収録

1907271.pngさて、上記CD収録の照菊(てるぎく)の唄う『土浦音頭』を聞いたが、これって音頭?というのが第一印象だった。音頭というと祭りでドドンガドンとみんなで歌い踊るイメージだが、これは粋な言葉遊びや意味深な歌詞と芸妓の踊りを楽しむ典型的なお座敷歌で曲調は「小唄」だ。前に紹介した島倉千代子の『土浦小唄』の方はどちらかというと「音頭」だろう。「音頭」と「小唄」の厳密な定義は知らないが、この2曲については逆の方がしっくりくる。それはそうとして、かつて『土浦音頭』はコロムビアの委託制作盤として作られ、1枚の表裏に異なる歌手の『土浦音頭』が入っている、ちょっと珍しい構成であることが分かった[右]。このレコード、おそらくご当地土浦市域でしか配布されなかっただろうから他所で探すのは難しいにしても、案外市内の多くのご家庭の押入れの奥で眠っているのではないかと思う。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
試行イベント『第0回阿見フェス』
2019-08-11 Sun 00:00
1908042.jpg阿見町の本郷ふれあいセンターで、『第0回阿見フェス』という音楽イベントがあるというので行ってみた。初めて行く会場だったが、300席の階段状ホールで、ステージも見やすかった。近くにこんな良い場所があるのを知らなかったのは、普段はあまり活用されていないからなのか?

0908043.jpg「第0回阿見フェス」のことは、たまたま開催数日前に知ったのだが、阿見町出身の三姉妹のガールズバンドみならいモンスターが呼びかけたイベントのようだ。6ユニット出演で、全部見てみたい気持ちもあったが、ちょっと長いので結局後半を見るだけになった。みならいモンスターは阿見町でこの秋行われる国体のセーリング競技会のイメージソング「Keep on sailing ~夢に向かって~」を作って歌っている。この会場では歌わなかったが、公式ソングなのでこのイベントの直後に行われたまい・あみ・まつりで披露したことだろう。そして、トリのパンダさんとゆかちゃんのユニットinemuriは若いお母さんや小さな子にもファンが多くて、パンダさんが眠るのにつられて、あるいはゆかちゃんの声に安心して、お母さんに抱かれて眠ってしまったちびっ子もいた。

今回の入りであれば、おそらく第1回阿見フェスを開催できると予想する。出演ユニットにもよるが、次回を楽しみに待ちたい。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
三味線をやってみたい人は本当に減っているのか?
2019-08-10 Sat 00:00
・純邦楽、深刻な危機 筝の年間製造数はたったの3900
 いろいろと書かれていて、ひとつひとつは間違いではないし、現在の問題点だと思うが、かと言って本質でもないと思う。(1)和楽器に興味を持つ人が減っている、さらに、(2)自分でも弾いてみたい習いたいと思う人が減っている、始めても、(3)習い続ける人が減っているという流れになっていると思うが、最大の問題は(1)(2)で(3)は別の問題だと思う。ましてや、職人の減少、プロのレベルの問題を理由に、職人が減っているから習い始める気持ちが起きないなどありえないし、楽譜、畳に至っては枝葉末節もいいところで笑いを取るために挙げたのかと思ってしまう。稽古方法や月謝や作法の壁はあるかもしれないが、都会はまだしも地方にはそもそも和楽器を習える場所や選択肢が無い。生徒がいないので先生がいないか逆に先生がいないので生徒になりたくてもなれないのか、卵と鶏の関係だろう。
1707102.jpg この記事の中で「邦楽ジャーナル」の田中氏が「可能性の一つは、従来の家元・免状制の枠外で楽器が演奏されること、三味線などは、カルチャー教室やSNSで少し弾き方を学び、流派に属さず、自己流で進めていく」と言っているが、まさに自分のことだ。日本の楽器や音楽の将来を想像した時、層は薄くなりながらも一部の突出した演奏家はどんな時代になっても存在するだろうが、人口減少に伴って趣味の世界のマーケットが縮小していくのは三味線に限ったことではない。だが一方で、他の楽器をやってみたいと思う人の数程度には三味線をやってみたいと思う人もいるはずで、三味線業界だけが衰退するとしたら、それは、伝統的な形を変えてまで残す意味は無いと考えている側に問題があるのだと思う。私がアドバイスを貰っている先生は三味線普及に力を注いでいることもあり、この記事にある業界の懸念とは逆に、興味を持つ人は確実に増えていることを実感すると言われていた。
 「三味線を習っている人はぜひ友人たちの前で演奏してください。皆、音の大きさ、響きに驚くはずです。そして三味線や箏の魅力を語ってください。それが愛好者を一人でも増やすことにつながると思います。」という記事の結びに力を得る思いだ。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
土浦のご当地「小唄」と「音頭」
2019-08-05 Mon 00:00
1907231.jpg土浦にもご当地ソングがある。友人達も地元を織り込んだオリジナル曲を作って街のイベントなどで披露しているが、過去にもあった。
市村壮雄一:作詞、宮本英一:作曲の『土浦小唄』を歌っているのは『この世の花』の大ヒット直後の島倉千代子。土浦の景気が良かった時代のことで、今でこそあまり聞く機会はなくなってしまったが、かつての七夕まつりなどで流れていただろうから、ある年代から上の人にとっては記憶に残る懐かしい歌の一つなのではないだろうか。20数年前に県南へ来た自分はリアルに流れているのを聞いたことはないが、昭和の土浦を思い出すよすがとして、たまには思い出して歌うのも良いのではないかと思い、三味線用の楽譜を作ってみた。機会があったら宴会の席でご披露しようと思っている。
 →YouTube:土浦小唄 コロムビアレコードPR1809 唄:島倉千代子

1907272.jpg『土浦小唄』を『土浦音頭』と間違えて記憶している方もいる様だ。実際に『土浦音頭』があるのでややこしい。一つは、同じ市村壮雄一氏が1960年に出版した『土浦小唄』という自作小唄作品集(右写真)の中に「土浦音頭」の詞だけが載っている。だが、もっと古くから存在している『土浦音頭』があるのだ。それについては以下の記事が大変興味深いのでお読みいただきたい。
 →重箱の隅に置けない:横瀬夜雨を深読みする>復刻「土浦音頭」

なお、『土浦小唄』を作詞した市村壮雄一氏については、以下のコラムに書かれている。
 →重箱の隅に置けない:沸騰! 土浦芸者の人気投票>新聞が仕掛けた昭和初期
 →NEWSつくば:《土着通信部》23 土浦狂乱の90年前 芸者の人気投票に沸く
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:4
6年越しで日の目 なんじゃこりゃ〜!
2019-07-25 Thu 00:00
BUMP OF CHICKENの熱心なファンというわけでは無いが、藤原基央の楽曲の持つ物語性、豊かな語彙、日本語表現のセンスは、貧弱なボキャブラリーの並べ替えだけのつまらない昨今のヒット曲とは異次元のオリジナリティを感じる好きなアーティストだ。
この前、とこさんが「キリニコが「三人のおじさん」という動画を見て爆笑している」とTweetしていた。BUMPの曲らしいので早速見てみた。なんじゃこりゃ〜!
1907201.jpgこの動画を見た副産物として、「隠しトラックなのに有名すぎて隠されてない気がするwww」というコメントから「隠しトラック」の存在を初めて知った。そういえば、以前買ったCDの最後の曲って、曲が始まるまでの空白がやたら長くてなんじゃいと思っていたがこれだったんだ。おまけに、歌詞カードまで隠されているとは。というわけでケース分解して探してみた、、、今更だが。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
黒田節を織り込む
2019-07-22 Mon 00:00
浅草ゆめ子の歌の中に「女黒田節」(西沢爽作詞、古賀政男作曲、1957年)というのがある。YouTubeを見ると水前寺清子も同じタイトルの歌を歌っているが、こちらは星野哲郎作詞、叶弦大作曲、1965年で全く違う曲だ。
1906303.jpgゆめ子の「女黒田節」はオリジナルの1番と2番の間に黒田節1番が挟まれるサンドイッチ構成。黒田節は三味線で弾き歌いができる自分の数すくない持ち歌だが、それだけだとありきたりなので、こちらを歌える様にしたらいいかもしれないと思い、オリジナル部分を耳コピして三味線譜を作ってみた。
なお、「女黒田節」は、
『うぐいす芸者と流行小唄 〜SP盤レコードの時代〜』
のDisc5で聞くことができる。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
2019年前半の音楽マイブーム 浅草ゆめ子
2019-07-17 Wed 00:00
1906302.jpg2019年前半の音楽シーンでのマイブームは、浅草ゆめ子で決まりだ。石川県加賀市の山中温泉出身で、地元の芸妓から、古賀政男のスカウトにより東京へ出て、いわゆるうぐいす芸者歌手として活躍しかかったが、結婚のため数年で一旦引退、その後再び歌手の道へ戻り、現在もお元気で、(名せえゆかりの)東京浅草にお住まいだ。CD『うぐいす芸者と流行小唄』は約17人の歌手で構成されているが、健在なのは、ゆめ子さんと、10歳若い五月みどりの二人のみだ。山中温泉ゆけむり倶楽部制作の『山中節覚え書』(写真右)とCD『山中節アンソロジー』にも記録されている様に、「正調 山中節」の歴史に名を残す歌い手だ。

これまでに書いた関連記事のURLを再掲しておく。
 「山中節」を今年の目標に加える
 山中節三昧の日々 山中節アンソロジー「SP盤山中節選集」
 惚れ惚れする山中節の歌い手に惚れる
 山中節の柳香から浅草ゆめ子へ
 山中節を4時間唄った日
 うぐいす芸者歌手の歌唱を堪能

山中温泉の友人から届いた新情報を紹介しながら、浅草ゆめ子を再発見してみたいと思っている。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
うぐいす芸者歌手の歌唱を堪能
2019-05-14 Tue 00:00
1905101.jpg『うぐいす芸者と流行小唄 〜SP盤レコードの時代〜』
   CD5枚組 日本コロムビア 9720円 2018年

うぐいす芸者歌手というのは、芸妓出身の歌手あるいは兼業の歌手のこと。日本橋葭町の芸者で昭和4年に「祇園小唄」を出した藤本二三吉や昭和7に「柳の雨」を出した葭町勝太郎(後の小唄勝太郎)、「茶切節」を出した市丸などが草分けになるようだ。日本髪を結ったうぐいす芸者歌手は、自分が子どもの頃の歌謡番組では常連だったが、20年ほど前に市丸姐さんも亡くなっていまやこの音楽文化は絶えてしまった様だ。尤も、歌謡番組自体が絶滅してしまっているが。
CD5枚組で全90曲が収録されていて、その中に浅草ゆめ子の曲がデビュー曲含めて8曲も収められているのが珍しいので購入した。以前読んだ本のインタビューで、ご本人が「歌手としてあまり売れなかった」と答えていたが、情感、色気、申し分無い歌唱力で、他の超有名歌手にも引けは取っていない。だが、売れる売れないは歌の上手さだけで量れないのも確か。引退した神楽坂はん子後の看板歌手としてデビューさせたにしては、「ゲイシャ・ワルツ」や「だから今夜は酔わせてね」、「あゝそれなのに」などに匹敵する曲を貰えなかったのは残念だった。

収録曲は以下のコロムビアのページで見ることができる。
 →うぐいす芸者と流行小唄 〜SP盤レコードの時代〜
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
唄えれば3〜4日で弾けるようになるのかも
2019-04-30 Tue 00:00
この前、「磯節弾き歌いの夢に近づく3つのアイディア」などと偉そうなことを書いたのだが、もしも、同じレベルで悩んでいる方がいたら、騙されたと思って試していただきたい。このことに気づいた時点では、出だしの「磯で〜」すら合わせられなかったのだが、それから3〜4日ほどで、一番だけでもなんとなく磯節の弾き歌いっぽいことができるようになってしまった。半年間何も進展なかったのに、自分でも不思議な感じがする。確実に言えるのは、(上手い下手は関係なく)唄えることが大事、ということ。とは言っても、唄は恥ずかしいのでハミングでさわりだけ。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
磯節弾き歌いの夢に近づく3つのアイディア
2019-04-21 Sun 00:00
この前、歌に合うように磯節の楽譜を修正したことを書いた(→磯節弾き歌いへの道が開けたかも、、、)。その後、修正した楽譜で歌を歌いながらぽろんぽろんとやっている時に、弾き歌いへ向けていくつかのアイディアを思いついた。

(1)間引き弾き
 磯節の弾き歌いがなぜ難しいかを考えてみるに、それは、難しい節回しのところで、節とまったく違うリズムでまったく違う音階を鳴らさなくてはならないからなのだ。逆に言うと、節回しが優しくて音階が一致しているところはそれほど難しくないということになる。そこで、まずは、歌える音だけピックアップしてそこだけ弾けばいいじゃないかということに気づいた。つまり間引き弾き。音は少ないが、これだけでも弾き歌いっぽくなる。まったく弾けないよりも余程楽しいはずだ。

1903082.jpg(2)小さな音で増やす
 次に、間引き弾きに慣れてくると、少しずつ間引いたところを埋めることができるようになってくる。その時に、増やしていく音は極力小さな音で鳴らすのがこつだ。耳から音が入ると歌が乱れるので、自分の声でかき消される程度の音量で弾くこと。この練習をして無意識で弾けるようになると、歌に集中しても弾き歌いになってくる。付け加えると、三味線って結構音が大きいので、三線の方が歌に集中しやすいという利点があることにも気づいた。そして、山中節のときもそうだった様に三線での磯節も悪く無いのだ。

(3)合体ではなく、できるところから足していく
 少し練習すれば、歌だけならば歌える、三味線だけならば通しで弾けるくらいにはなる。それは、上のリンクに書いた通り。普通は、これらを同時にできるようにしようと考えがち。自分もそう思っていた。だが、その方法で進もうと思っている限り到底弾けるようになる日、なった自分を想像することはできない。ところがここで、今回最大の発見があった。その順番ではなかったのだ。歌はしっかり歌える方がいいが、通しで三味線弾けたところで弾き歌いにはつながらないということに気づいた。三味線は、特徴的な指遣いのひとまとまりを無意識でも指が動いて弾けるかどうか、これがポイントなのだ。例えば、「444ハ60.4」とか「444ハ6 4ハ404」などの指使い。最初からこういう装飾音すべてを入れて弾こうとするから難しいのであって、(1)(2)の様に音を選んで始めれば、直ちに弾き唄いへの道が開けてくる。様な気がしている。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
磯節弾き歌いへの道が開けたかも、、、
2019-04-08 Mon 00:00
山中節はなんとか三味線を弾きながら歌えるようになってきたので、磯節も弾き歌いができるようになりたい気持ちが高まる。歌だけあるいは三味線だけならば、下手なりになんとかなってきたのだが、、、。同じ心境の方がいたわ。まさに、この方が書かれている通り。
 →松が見え~ますぅ~ほのぼのと!

1903301.jpg磯節の動画を見ながら聞きながら、楽譜を追って行くうちに打開の道が見えた様な気がする。この楽譜、手が違うんだわ。ということに気づいたので、自分用に書き直した。これで、動画の磯節の拍と全体の長さが一致した。今日はここまでだが、今年いっぱいかからないで弾き歌いができる様になりそうな予感がする。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
レコーディング・エンジニア行方洋一さんのセミナー(その2)
2019-03-26 Tue 00:00
レコーディング・エンジニア行方洋一さんのセミナー(その1)

1903234.jpg幸運にも参加できた第2回目のセミナーは、ちょうど1年前に死んだベンチャーズ(The Ventures)のノーキー・エドワーズの話から始まった。ノーキーは山形県を気に入っていたという縁もあり、ご当地には〇〇ベンチャーズがたくさんあるという。ファンが催した追悼の集まりに招かれた折に渚ゆう子を誘って行ったのは、ベンチャーズの曲を歌った中で現役の歌手は彼女だけになっているからだそうだ。渚ゆう子といえば「さいはて慕情」エンディングの蒸気機関車のドラフト音と汽笛に、当時の中坊のこころはディスカバージャパンへどれほど誘われたことか。つぎつぎ繰り出される業界裏話や70年代音楽によって、ベンチャーズ(The Benchers)というバンドを組んで遊んでいた時代へ連れ戻される思いがした。この日聞かせてもらったのは、渚ゆう子から平山ミキの話まで、『音職人・行方洋一の仕事』の74頁から134頁辺りまでの内容になる。その他に、文字だけでは分からない、実際に聞きたいと思っていた、4チャンネルやダイレクトカッティングの音源などもたっぷり聴かせてもらえて大満足の2時間だった。予習しておいてよかった。[右上写真はNEWSつくばより]

第2回目の内容はそんな感じだったので、おそらく第1回目は、少年時代の話、東芝入社や東芝音楽工業立ち上げ時代の話、坂本九の録音秘話、弘田三枝子の「私のベイビー」録音失敗談、寺内タケシとのエピソードなどなどが語られたのではないかと想像する。ネタはたくさん持っているので10回でも出来るよと言われていたが、参加者には半導体メーカーの音響技術者OBや年季の入ったオーディオマニアが大半を占める集まりなので、今後はテクニカルな話へ次第にシフトしていくのかもしれない。今回は難解な話は少なくてヨメさんにも十分楽しめたようだ。
1903232.jpgこの本のカバー写真は若い頃のもので厳しい表情だが、ご本人はとても柔和な印象の方で、サインも頂くことができた。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:1
レコーディング・エンジニア行方洋一さんのセミナー(その1)
2019-03-25 Mon 00:00
レコーディング・エンジニアのレジェンド行方洋一さんのことが2月26日のNEWSつくばで紹介されていた。その後、Vチャンネルいばらきでもインタビュー番組があった。ベンチャーズ(The Ventures)のノーキー・エドワーズや渚ゆう子の話題、台湾入国時の話、 欧陽菲菲の録音の裏話もすごかった。お〜、お〜、と何度も唸ってしまうほどのあまりの面白さに、番組を見ている途中で即著書を注文。

1903221.jpg『音職人・行方洋一の仕事』 行方洋一著
            DU BOOKS 2018年 2200円

その行方さんのお話会が近所のカフェであるとのことなので予約を入れたがすでに満員。諦めていたところ前日になって、幸運にもキャンセルが出て席が回ってきた。どんなお話を聞けるかわからないが、レコード制作現場は知らない世界なのでこれは最低限の下調べと思って、出てくる機材や録音用語を一つ一つ調べながらなんとか読み切っておいた。

 →レコーディング・エンジニア行方洋一さんのセミナー(その2)
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
居眠りの間もないinemuriライブ
2019-03-22 Fri 00:00
1903211.jpg土浦でinemuriライブ。ライブ会場でリリースされたCD「ひつじのゆめいり」の他に、ゆかちゃん絵付けの小皿もゲット。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
山中節を4時間唄った日
2019-03-16 Sat 00:00
1903112.jpg先日、常陸大宮市の北部、美和地区で会議があった。往復で200kmほどの距離だが、往路2時間は、初代、柳香、三代目と三人の米八の山中節7曲を集めたプレイリスト、復路2時間は、柳香(浅草ゆめ子)の音源6曲を集めたプレイリストをエンドレスで聴きながら(唄いながら)走ってきた。山中節は4時間唄っても喉が枯れないのが嬉しい。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
三線の音色が殊の外よく合う「磯節」「山中節」
2019-03-11 Mon 00:00
1903082.jpgどこでも練習ができる様にと三線でも「磯節」「山中節」を弾いてみたら、あ〜ら不思議、三線の音色が「磯節」「山中節」に殊の外よく合うという驚きの発見。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
山中節の柳香から浅草ゆめ子へ
2019-03-02 Sat 00:00
1902271.jpg『山中節覚え書』によると、山中温泉の芸妓で山中節の歌い手だった柳香は、古賀政男に見出されて浅草ゆめ子という名で歌手デビューしたとある。ネットで探すと、五月みどりや島倉千代子といっしょに吹き込んでいる、「茶摘み音頭」(1957年)、「かんのん音頭」(1958年前後)、「浅草おどり」(1958年)の3曲が見つかった。世代的に、五月みどりや島倉千代子よりも10歳ほど年上なので、こうした若いアイドル売り出しの後方支援的な存在になってしまったのだろう。1曲を二人の女性歌手が歌っているので聴き比べすると、若いお色気の五月みどりや島倉千代子に比べて、浅草ゆめ子のしっとりとした情緒のあるすばらしい声が一段と映えて聞こえてくる。子どもの頃に、歌謡番組で歌う姿を目にしたことがあるに違いないのだが、この艶やかな魅力をわかるには、残念ながらまだ幼過ぎた。

 →「茶摘み音頭」(加藤雅夫/浅草ゆめ子)
 →「かんのん音頭」(浅草ゆめ子/伊東満/五月みどり)
 →「浅草おどり」(島倉千代子/神戸一郎/浅草ゆめ子)
    (ジャケットには美空ひばりの写真のみ)
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:2
いつの間にかできるようになっていたこと
2019-02-26 Tue 00:00
1902112.jpg三味線を始めた当初、右腕だけで胴を保持できなかった。そして、弾いている間に右腕が前へ滑り落ちて来てどうにも具合が悪かった。その後、アドバイスを頂いて撥の打ち方を改善した途端に腕の滑りも同時に解決したことは以前書いたことがある(→2016-02-19)。その後もなかなかできる様にならなかったのは、腕捲りせずに胴を安定して保持すること。これができないと寒い季節は辛い辛い。でも、気づかないうちにいつの間にかそれもできるようになっていた。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター