33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
USBメモリ
2009-06-30 Tue 02:05
090629.jpg USBメモリを買いに行った。数年前に512MBで5000円から1万円していたと記憶するが、今や高速転送の16GBでも6000円以下だ。おまけにUSBソケットよりも小さな物まである。こんなに小さいとすぐに無くしてしまいそう。
別窓 | 雑感 | コメント:3 | トラックバック:0
無謀か 口径65mmに178倍 9年がかりの壮大な計画
2009-06-29 Mon 00:11
0904293.jpg 少し前の事だがTG-HDモーターを買うついでにHi-LE2.8mmアイピースも買った(ついでに買えるなんて金持ちみたいだが漸く1年がかり)。現在使っているHi-LE3.6mmには満足しているが、さらにもうちょっと高倍率にも憧れる。一方で、相性が悪かったためかTS-65PではビクセンLV2.5mmが使えなかった経験もあり、x178倍となるHi-LE2.8mmは厳しいかも知れないという不安を抱えながら敢て購入。
 最初に見たのは木星。低空でシーイングは良くなかったが、178倍の木星はかなりの迫力。縞模様もよく見える。目が慣れてくればかなり細かい部分も見分けられそうだ。これならば木星や土星などの明るい惑星や重星を楽しめるだろう。Hi-LE2.8mmとカメラアダプターTCA-4で拡大撮影した木星はこんな感じ(→木星)。
 実は来春の火星がどのくらいに見えるか(あるいは見えないか)今から楽しみにしている。この先暫くの火星接近は小接近なので数年間は目を鍛える期間。そうすれば2018年の大接近を鈴木壽壽子さんの想い出とともに最大限に楽しめるだろうというのが9年がかりの壮大な計画。
別窓 | 機材 | コメント:21 | トラックバック:0
宇宙線の話題二題
2009-06-28 Sun 00:34
090627.gifここ数日の間に宇宙線の話題をふたつ見つけた。

●超高エネルギー宇宙線の起源
 現在の加速器技術では到底作り出せないような超高エネルギー宇宙線の加速機構は現代物理学あるいは天文学に於ける謎の一つだが、超新星爆発によるショックウェーブによって加速されることが観測から裏付けられたという記事が出ていた。
Milky Way's Particle Accelerators: Cosmic Rays Accelerated In Remnants Of Exploding Stars

●太陽活動低調で宇宙線増加 
 太陽黒点観測をされている☆はごろも~*さんからときどき頂くコメントからも分かるようにここ数年太陽黒点のきわめて少ない状況が継続している。黒点が少ないのは太陽活動が低調になっていることの現れで、黒点が少ないすなわち太陽活動が低調→太陽磁場が弱まっている→太陽系へ降り注ぐ宇宙線量が増える→地球周辺へ降り注ぐ宇宙線量も増える→ISS長期搭乗員に影響が出る?、というまさに風が吹くと桶屋が儲かるような話になる。
宇宙放射線が増加、太陽の活動低調で磁場弱まる

参考リンク:東京大学宇宙線研究所

[写真は財団法人環境科学技術研究所ホームページより]
別窓 | 物理ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
期待しただけアホでした
2009-06-27 Sat 00:32
090626.jpg これでも晴れないね。期待しただけアホでした。

[追記]今夜の観測:夕刻は皆曇だったので早々と寝てしまったが、夜中に目が覚めて枕元のiPodtouchを見るとSmyさんの報告が入っているではないか。つくばで晴れているならここでも、ということでパジャマのまま玄関先からちょっとだけ見ておいた。βLyr3.9等、X Cyg6.3等、V568 Cyg6.3等、P Cyg4.9等。霞が覆っているため低空のR Sctは見えなかった。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:6 | トラックバック:0
日食網膜症を発症させないように
2009-06-26 Fri 00:49
090625.jpg 7月22日の日食まで一月を切った。みなさんそれぞれのスタンスで日食を迎えるためにその準備には余念がないことと思う。私のところでは75%くらいの部分日食になるので、眼視での観望に加え記念写真も写したいと思っている。ただ、昼休みとは言え仕事中なので肉眼と180mm望遠レンズくらいになりそうだ。

様々な日食グラスが様々なサイトで販売されているようだが、後日「日食網膜症」を発症させるような劣悪品質の商品が出回っていない事を願いたい。

世界天文年2009 日食観察ガイド 危険回避のために

今夜の観測:6月11日以来2週間ぶりに肉眼で星が見えた。とは言っても雲がかかって双眼鏡を使っても6等台のR Sctすら見えないが。ともかく変光星:βLyr3.9等、P Cyg4.7等、XHer6.5等。これだけ。
別窓 | 機材 | コメント:0 | トラックバック:0
デジタル一眼ミラーアップ時の振動
2009-06-25 Thu 00:28
今日のマピオン天気予報とYahoo!天気予報は対照的だ。マピオンは今夜から明日一杯晴れ、一方のYahoo!は正反対で明日一杯曇り。どちらが正解だったかって?今夜の天気についてはご推察通り、、、。
090624.jpg

この前『まどぎわ観望日記』のkawashimaさんが書いていたが、デジイチのミラーって無くてもいいのじゃないかって話(→『まどぎわ観望日記』2009-06-16)。

0906222.jpg 私もデジイチの拡大撮影をしようとカメラアダプターTCA-4を使ったが、最初はいくらやってもコンデジでの像にも及ばなかった。どれもこれもボケボケなのだ。ピントは合っているはずなので、原因はミラー振動かと思い手動シャッターでやってみた。すなわち、望遠鏡の対物レンズ前方を板で覆い、リモコンシャッターを切り、10秒ほど待ち、対物レンズ前方の板をどける、という手順だ。これで改善があったので主な原因はミラーアップ時の振動と結論。

デジイチですばらしい写真を撮影されているみなさまはミラーアップ時の振動をどのように克服されているのだろうか。

近年、ライブビュー機能の備わったデジイチが出てきたが、kawashimaさんも書かれているようにそもそもミラーやプリズムって必要なのだろうか。デジタル一眼に於けるミラーの効用についてどなたか教えて下さい。
別窓 | 機材 | コメント:16 | トラックバック:0
後退したSafari4
2009-06-24 Wed 00:49
『meinekoの日記』にブラウザSafari4のアンインストールについてコメントをさせてもらったら、早速記事で取り上げて下さった(→2009-06-23)。Safari4をアンインストールして前ヴァージョンのSafari3へ戻したくなった私の不満というのは以下のようなヒューマンインターフェースに関する仕様についてであって、幸いソフトウェア上の不具合は出ていない(Appleの名誉のためにこれは書いておく)。

090622.pngMaxOSXv5(Leopard)を最新のv10.5.7にしたついでにブラウザSafariもv4.0にしたのだが、これがとても使い難くなってしまった。

(1)ページ読み込み中にURL入力欄がインディケータバーとして左から右へと青くなって行くのがとても心地良かったのが無くなってしまった。
(2)表示しきれないタブ項目は右端タブのプルダウンメニューで選択可能なのだが、左側のタブに現れている項目までプルダウンメニューに入れてしまったためにアクセスが遠くなり不便になった。タブに現れている項目はタブを叩けばいいのだからプルダウンメニューに入れる意味はないのだ。
(3)ページ再読み込みボタンだけがなぜだか右へ行ってしまった。その上このボタンだけ位置をカスタマイズできない。他のボタンが左に固まっているだけに使い難くなった。
(4)今回のSafari4の目玉であるTopSitesは使う気になれないし、表示が遅くて使えない。
(5)タブ消去ボタンはタブ上にカーソルが来たときに現れるものだから、タブをアクティブにしようとしてうっかり消してしまう事が起こるようになった。

今回のSafari4には上記のような使い勝手が悪くなった箇所はあるが、この点は使いやすくなったと感じられる部分が無い。ジョブスが病欠している間にリリースするはめになり、彼の最終チェックを受けなかった事が関係しているのだろうか。それとも真っ黒ソフトのスパイが作ったのだろうか。ともかくApple的センスと違う感じがする。こんなことではジョブス以降のAppleにかなりの不安を感じてしまう。
ソフトウェアの不具合はデバッグが進めば解決するが、仕様の変更は少なくとも次のSafari5まで待たなくてはならない上に改善される補償も無い。それならば一世代前のSafari3へ戻したいがそれも現時点では叶わない。Apple Discussionsをチェックしていればそのうち解決策が提案されるだろうと期待しておこう。
別窓 | Macで天文 | コメント:11 | トラックバック:0
しんどいから梅雨天も歓迎と言ってはみたが
2009-06-23 Tue 00:59
一昨日の夜から降り続いた雨が上がり始めた。

0906212.jpg 何日か前に「ここのところ忙しいので梅雨天を素直に歓迎」と書いてはみたが、日本全国のみなさんのお天気と比べてこの先一週間晴れマークが無いのはうちだけじゃないかと愕然。二週間に一回くらい星が見えると良いのですが。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:17 | トラックバック:0
スピカまでの距離 続編
2009-06-22 Mon 00:04
090621.jpg NHKドラマ『ふたつのスピカ』第1回放送でヒロインの優勢を決定づける台詞「スピカまで350光年!」がちょっと話題に上がっていた(→中井さんの掲示板、→私のブログ)。それについての続き。

 スピカ(αVir)までの距離は何光年と記載されてきたか『天文年鑑』バックナンバーを見返したら、1998年版では350光年、1999年版では270光年と、ここで大きく変わっていた。『ふたつのスピカ』原作の漫画は2001年10月連載開始だから、著者が執筆のための調査をしていた時期がたまたまデータ書き変わりの季節に重なっていたということなのだろう。

 1998年版と1999年版との間で値が変ったのはこのころ新データが公表されたためだと思われる。その辺りの経緯をさっそくmeinekoさんが調べてくれている(→『meinekoの日記』2009-06-21)。

[追記]手許にある1969年版以降の『天文年鑑』の恒星表を確認してみた。
 1969年版 主な恒星3.01~3.99等(0~3等は67、68年版に掲載)距離の掲載無し
 1970~1986年版 主な恒星 掲載無し
 1987~1988年版 140光年
 1989~1998年版 350光年
 1999~2009年版 270光年 
1999年版には「今年から固有運動、三角視差にはヒッパルコス衛星によって得られたデータを採用した。距離は三角視差、分光視差などを加重平均して独自に再計算した。(西村史郎)」とある。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:10 | トラックバック:0
スペースデブリ
2009-06-21 Sun 00:24
090620.jpg 一昨日帰宅したときにNHKの『サイエンスZERO』(再放送)で「スペースデブリ」についてやっていた。番組の中身を聞く時間はあまりなかったが、ももさんがコメントしてくれたように先日の「かぐや月面制御落下」の意義はこういうことなのだと思った。
[図はWikipediaスペースデブリより]


 そして、「かぐや月面制御落下」といえば、こんな画像も公開されていた。

月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)によるラストショット画像の撮影について

「かぐや」地形カメラによる制御落下軌道の3D動画 [HD](YouTube)
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
スピカまでの距離
2009-06-20 Sat 00:15
090619.jpg 昨夜はうっかりとNHKドラマ『ふたつのスピカ』を見てしまった。連続ものは初回を見てしまうとついつい残りも見ざるを得なくなって、結局後悔することが多いのでなるべく見ないようにしている。ま、7回シリーズだからいいか。

中井さんの掲示板に斎藤究哉さんから、ヒロインが言う「スピカまでの距離は350光年!」は違うんじゃないかというコメントがあった。その指摘を読んで私も他の資料で確認してみた。あららら、270光年(『天文年鑑2009』)くらいだ。原作、アニメ、ドラマと作られてきた作品らしいが、斎藤さんも書かれているようにどうしてこんなことになったのか。今は、昨夜頭の中に刷り込まれた「スピカまで350光年」を必死に消去しようと思っている(こういう刷込みってしつこく残りそうだ)。

ドラマの中でスピカは連星だと言ってた。『double stars for small telescopes』by Sissy HaasのαVirの欄にはABおよびACと記述されている。最初にこれを見たときには3重星かと思ったが、ABは1999年の観測で151.4″、ACは1879年の観測で359.8″ということらしいので、連星の離隔の観測値を並べてあると理解した方が良さそうだ。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:8 | トラックバック:0
粛々と日を送ります
2009-06-19 Fri 00:30
090618.jpg 夕方太陽が少し顔を、、、見せてないか。

 ここのところ忙しいので梅雨天を素直に歓迎。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
地球が他の惑星と衝突する可能性
2009-06-18 Thu 00:36
090617.jpg30億年後に地球が太陽系の他の惑星と衝突する可能性があるという論文が英科学誌natureに掲載された[星が好きな人のための新着情報2009年06月17日(水)より]。水星の軌道は他の惑星の重力に影響されやすいらしくて、水星の軌道が乱れるとその影響で他の惑星の軌道も相次いで乱れて、約30億年後には地球が水星や金星や火星と衝突する可能性が見つかったということらしい。
水星の軌道が影響されやすいのはなぜなのかな?木星と水星が共鳴して軌道が長軸方向へ変形するみたいなことが書かれているようだが良く分からん。そのうちS.Uさんに聞いてみよう。
各惑星の軌道離心率は以下のようになっている[『天文年鑑2009』より]。
  水星  0.20563
  金星  0.00677
  地球  0.01670
  火星  0.09341
  木星  0.04851
  土星  0.05552
  天王星 0.04638
  海王星 0.00946
おや、水星の軌道はすでに乱れ始めているのかな。
[図はnature掲載論文のFigure 1: Trouble with Mercury]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:6 | トラックバック:0
停電する前に
2009-06-17 Wed 00:18
今夜も雷雨。「記事を予約投稿し終わるまでは停電しないでくれ~!」と急いで書いている。記事ネタはいくつか溜まっているのだが書く時間が無い。危ないからもう寝る。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:2 | トラックバック:0
どこに雲の切れ間があるというのだろうか
2009-06-16 Tue 12:12
関東は何週間も雨天曇天雷雨に雹という天気が続いているというのに、山形市の板垣公一さんは3週間連続して超新星を発見されている。ほんのわずかの雲の切れ間も逃さないという徹底ぶりなのだろう。

090616.jpg 今日は函館の初夏を思わせる爽やかな薄曇りで、知人からはイワナとニジマスをいただいた。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:2 | トラックバック:0
今夜も雷雨
2009-06-15 Mon 20:20
昨日は午後から外出していたので激しい雷雨も雹も知らなかった。ただ、先ほど帰宅して夕べの停電の名残は分かった。疲れたので今夜はお茶を濁すネタすら無しで寝ます。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
お茶請け
2009-06-14 Sun 00:04
090613.jpg6月の13日までの過去3年間の天気記録。
o:4等は見えた
~:1等は見えた
x:皆曇
2007 ~ ~ x ~ ~ o x x o x ~ o ~
2008 ~ x x ~ x x x x o ~ x o o
2009 o x x x x x ~ x x x ~ x x(予定ではこの先もxが4つ続く)
毎年の事ですがただいま仕事が急に忙しくなる時期に突入。今夜は間に合わせ記事でお茶を濁して退散。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
神田茂『主要變光星表』
2009-06-13 Sat 00:30
0906052.jpg この前、同好会の例会の折、先輩会員から表題のようなものを頂いた。戦後間もない昭和21年から25年時期に恒星社厚生閣から出版された変光星図付きの変光星表だ。特に昭和25年発行のものには変光星概説として変光星の解説、観測方法、整理方法が述べられていて、まさに戦後の変光星教科書の先駆け的存在だったと想像される。後年、その先輩会員が変光星観測をやろうと思い立ったときに買い集めたこれら冊子だそうだが、いくつかの星をピックアップしただけで実際の観測には至らなかったと言われた。

 『主要變光星表』 神田茂編 恒星社厚生閣
    第II輯 昭和二十年度昭和二十一年度 十圓
    第III輯 昭和二十二年度 三十五圓
    第VI輯 昭和二十五年度 百圓

「かすてんさんは古いものが好きそうなのでコレクションに入れてください」といただく事になった。う~ん、私って古いものが好きそうに見えるのかなぁ。
 先日発行されたばかりの最新の一冊と並べて新旧変光星教科書の記念写真をパチり。
別窓 | 星の本 | コメント:5 | トラックバック:0
梅雨入りすると天気がよくなるよくあるパターン
2009-06-12 Fri 00:00
090611.png 今夜の天気、ほ、ほ、本当でしょうか。夕方になって本当の空も晴れて来た。0906112.jpg

0906113.jpg今夜の観測:土星は西に低くなって次いつ見られるか分からないので拡大撮影をやってみた、けどどれも失敗。その後変光星11個。こんなにたくさん見たのは少なくともこの半年間では最高数。V CVn7.6等、AF Cyg7.7等、P Cyg4.7等、V568 Cyg6.5等、X Cyg6.4等、Y Cyg6.8等、X Her6.9等、βLyr4.0等、R Sct5.9等、ST UMa6.9等、Z UMa7.3等。眼下の国道には霞が沈殿しているが双眼鏡を覗くと案外低空まで星が見える。かといって天頂付近の透明度はその割に良くない。結露が酷く持っている双眼鏡がジトジトしてきた。

24時頃には空は霧で白くなってきて、翌朝起きると窓の外は真っ白。この地では一晩中晴れていても夜半以降に星が見られる補償のないのは不利な点だ。
別窓 | 観測日記 | コメント:0 | トラックバック:0
かぐや墜落の夜ですが
2009-06-11 Thu 00:33
090610.jpg 今夜というか明日の明け方3時25分頃、かぐやは月面に墜落する予定。夕方、雲の隙間から明かりが見えたが明日の明け方に月を見るのは無理そう。
  落下予測日時:平成21年6月11日 午前3時25分頃(日本標準時)
  落下予測場所:東経80.4度、南緯65.5度 付近
「かぐや」月面落下予測日時・場所
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:7 | トラックバック:0
茨城県も明日には梅雨入りか
2009-06-10 Wed 00:05
090609.png 東海地方が梅雨入りしたとニュースで言っていた。関東もそろそろだ。10日も前から曇りっぱなしなのでどうでもいい感じ。かえって梅雨入りすると晴れるかも。
[図は気象庁天気図48時間予想図 平成 21年 06月 11日 09時の予想]
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
スズメバチが現れた
2009-06-09 Tue 00:05
0906082.jpg 朝、出勤しようと表へ出たらスズメバチが飛んでいた。我が家の近くにもスズメバチの巣ができたのかもしれない。困ったもんだ。[スズメバチの写真はWikipediaより]
で、スズメバチについてネットで調べてみた。
■まず心配なのは夜間の襲撃。どうやらスズメバチ、夜は行動しないらしい。やれやれ暗闇の中で不安と隣り合わせで観測という心配は無いようだ。
090608.jpg■ゴキブリや蚊とくらべて殺虫剤に滅法弱いらしい。こちらから攻撃を仕掛けるのは危険だが、もしも攻撃されたら急場を凌ぐためにはすぐに取り出せる場所に殺虫剤を置いておくのが良いかも。家の近くなら室内へ入るのが一番だが。
■5月の1匹は夏の大群を防ぐ良い方法らしい。今年は時期を逸したので女王蜂退治とはいかないだろうが、さっそくスズメバチトラップを作ってみた。結果は後日。
【参考】→ペットボトルでスズメバチ退治(YouTube)
    →ペットボトルでスズメバチ退治2(YouTube)
別窓 | 話題いろいろ | コメント:7 | トラックバック:0
黄砂の影響
2009-06-08 Mon 00:42
ちょっと季節外れだが、黄砂について。

0906063.jpg 空の透明度を著しく悪化させるため天文ファンにとっては春の風物誌などと言っていられない厄介者の黄砂。この前NHKのサイエンスゼロで黄砂についてやっていた。
 黄砂粒子には真菌や細菌なども付着して汚染化学物質のエアロゾルなども絡めて飛来して来るので、同時期に飛散している花粉と相乗作用を起こして花粉症を悪化させているかもしれないとのこと。また、黄砂粒子やエアロゾルは雲を作る核になりやすく常に上空に雲がある状態を作っているらしい。最近は黄砂の季節でもないのにからりと濃紺に晴れ渡る空が無くなったのはこのエアロゾルが原因なのかも。
 意外だったのは、黄砂によって雲が出来やすくなりその雲が太陽光を反射し地球を冷やす効果の方が保温効果よりも若干大きいと言っていた。測定方法や解析方法で収支はどちらにも傾きそうだが。そういう微々たる効果よりも黄砂やエアロゾルの影響の無いすっきりした空の下に住みたいものだ。
[写真は環境省>地球環境・国際環境協力>黄砂のページより]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:2 | トラックバック:0
すばらしい天気になってしまった!のは一瞬
2009-06-07 Sun 00:23
0906062.jpg 夕方近くまで残っていた雨がようやく上がって「久しぶりにすばらしい青空だ」と書いている内に090606.jpg驚異的な快晴になってしまった。明日は仕事で朝が早いのに今夜は忙しくなりそうだ。
0906064.jpg
と急いで帰宅した頃には皆曇になっていたので、まったく心配には及ばなかった。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
ゴミになるかぐや
2009-06-06 Sat 00:38
090605.jpg かぐやが月面に落下するまであと1週間弱(日本標準時間6月11日午前3時30分ごろ)だが、それまでの間、接近した月面の様子をハイビジョンで記録して、後日迫力のあるすばらしい画像を見せてくれることだろう。

 で、落下時にかぐやから飛び散ったゴミは四方八方どのくらいの範囲に拡散するのだろうか。地球の1/6の重力しかない月だから飛散はかなり広範囲に及ぶことだろう。衝突させることにもいくらかの科学的価値はあるだろうが大量のゴミをばらまくことに変わりはない。将来、日本の有人月面着陸が可能になったら当然遺骨収集に行くのでしょうね。私とヨメさんの名前も書き込まれたプレートは拾われるのかな。
[写真はJAXA月周回衛星「かぐや(SELENE)」の頁より]

月周回衛星「かぐや(SELENE)」の月面落下予測日時・場所について
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
北千住駅前の雑踏の中で超新星観測
2009-06-05 Fri 00:00
090604.jpg 夕方、晴れ間が見えました。この分ならば今夜は月が見られそうです。0906042.jpg

 夕食後月が見えました。

ももさんからのコメントにもありましたが、変光星観測で活躍のmeinekoさんは出先の北千住駅前の雑踏の中で米国ニューメキシコ州の望遠鏡を遠隔操作して板垣公一さん発見の超新星の確認観測をされました。「雨天曇天月夜」だからお休みだなんて言ってられないえらい時代になってきました。

『meinekoの日記』2009-06-04
→山岡均氏のVSOLJ ニュース (214)は以下
北千住駅前の雑踏の中で超新星観測の続きを読む
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0 | トラックバック:0
お休み
2009-06-04 Thu 00:19
帰宅したときは厚い雲を透して月がかすかに見えていたが、それもまもなく見えなくなった。ということで、今夜は星の話題はお休み。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:4 | トラックバック:0
188センチ鏡、蒸着作業
2009-06-03 Wed 00:34
0906024.jpg 6月1日の星が好きな人のための新着情報に「188センチ鏡、蒸着作業のため常時公開を休止」の記事が出ていたので、国立天文台 岡山天体物理観測所のホームページを見てみた。主鏡蒸着作業のため6月8日月曜日から6月12日金曜日の間188cm望遠鏡ドーム内とその周辺の常時公開を休止とある。
天文少年時代に読んだ石田五郎さんの『天文台日記』を去年読み返したのでその場面をすぐに思い出した。あの日記でも蒸着作業は6月上旬の1日から10日に行われ、大反射鏡は蒸着とテストを6月3日と4日で行っていた。石田さんたち観測者が作業に参加しているのを知って、そういう作業は専門業者がやるものと思っていた私は、子供心に驚いた記憶がある。現在はどうなのだろうか。
[写真は国立天文台 岡山天体物理観測所のホームページより]

今夜の空:最近は薄曇り程度ならば晴れというらしい。月がぼんやりと見えているのですばらしい晴れと言うべきなのかもしれない。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:8 | トラックバック:0
5月の晴天日数
2009-06-02 Tue 04:43
5月の天気は酷かった。天気予報がいくらすばらしい晴天を宣言してくれても、私と星空の間にはいつも霞か薄雲が淀んでいた。4等星が見えたのを2夜とはしたが、3等星が限界だったと思う(厳しく査定すると0夜だったと思う)。
 ________一昨年__昨年__今年_
 すごい星空!   2夜  0夜  0夜
 4等星が見える  4夜  4夜  2夜
 1等星は見える  7夜  6夜  8夜

090601.jpg 昨日(5月31日)の夕方は友人らと牛久方面へ出ていたが、15時半頃からの豪雨にはたまげた。今日は今日で、晴れていたかと思うと黒い雲が寄ってきてはスコールを降らせて行くといった天気。虹を見られたのがせめてもか。

090602.jpg今夜の観測:月が変わって5月の悪天が吹っ切れたのか、低空こそ曇よりしていたが天頂付近の透明度の良さは実に久しぶりの爽やかさだ。はくちょう座の天の川もぼんやりと見えている。望遠で木星と海王星、Kopff彗星、はくちょう座付近の天の川を撮り、広角で夏の天の川の記念撮影(光害が凄まじいがこれが現状)。0906022.jpg変光星は、AF Cyg7.8等、P Cyg4.7等、V568 Cyg6.1等、X Cyg6.8等、Y Cyg7.4等、X Her6.3等、R Sct5.5等。0906023.jpg今夜の海王星は赤く写っていた。コップ彗星は予想ほどには明るくなっていないらしく、ぼんやり写っているのが彗星なのかあいかわらず自信が無い。10cm双眼鏡で確認したかったが夜明けが早く、いつの間にか空が白んでしまっていたので撤収。
【追記】明け方にアップしたKopff彗星の位置は間違いでしたが正確な位置をお知らせいただき修正しました。ノイズのようにも見えますが数枚の写真に同じように見えているので彗星の可能性ありと思いますし、少なくともこの写真の場所は正確です。[返信メールは届かないようですので、これでお礼に代えさせていただきます]
別窓 | 晴天記録 | コメント:6 | トラックバック:1
6月の星空予習
2009-06-01 Mon 00:55
5月31日、夕方から降りに降った。

6月は梅雨入りだから天文イベントは見られない確率が高い。にしてもトピックが少ないな。
★木星と海王星とコップ彗星 6月中は8.1等~8.0等~8.1等、木星の北から北西へゆっくりと移動するが、梅雨時期のため何回見られることやら
★木星の衛星の相互食(7日01時06.8分) エウロパがイオを隠す
★木星の衛星の相互食(30日00時00.2分) ガニメデの影にカリストが入る

別窓 | 観測準備 | コメント:0 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター