33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
リング星雲M57の中心星と「13等ニセモノ説」
2013-07-18 Thu 00:00
1307171.jpgこと座のリング星雲M57は最も有名な惑星状星雲のひとつで、太陽程度の質量の恒星がその終焉にガスを放出してできたと考えられている。そして、その恒星は白色矮星となり中心星として輝いている。[左写真はNASA, Hubble Heritage Image Galleryより]

このように有名なM57星雲だが、いつの頃からか実に不思議な言い伝えが付け加えられている。それは、

M57の中心付近には13等級くらいの中心星とは別の星がある

というもので、私もどこかで目にした記憶がある。おそらくみなさまも同様と思われる。

それでは、本当の中心星はどれなのか。ネットを探せば矢印でこれぞ中心星と示した画像がすぐに見つかると思ったが、豈図らんやそのようなものは出て来ない。これは気になるというわけで、先にアップした7月3日の記事のコメント欄でS.Uさんとともに少し調べてみたので、それを以下に整理しておく。

いくつかのページでの中心星に関する記述内容を以下にまとめてみた。

多くのページに共通している記述:
・中心星は白色矮星である
・中心星は穴の中に見える
・中心星は15等級である

AstroArtsの記述
・中心付近に中心星ではない13等級の星がある
・中心星は中心から1'(0.1'の間違いか?)西にある15.4等の星である
 [追記:既に修正済み]

日本語版Wikiの環状星雲についての記述
・30cmで中央部に13等の星が見えるが、これは中心星ではない
・中心星(15等級)を見るには最低でも口径30cmの望遠鏡を必要とする。

現時点では、AstroArtsと日本語版Wikiが「13等ニセモノ説」を採用していることが分かった。

ここで、根本的な疑問:
・そもそもリングの中に13等級の星はあるのか?

1307132.jpgそれでリングの穴の中の星の光度はどのくらいなのかを調べてみた。右写真は透明度の悪い中で撮影したものだが大まかな光度比較は出来ると思う(等級はTheSkyXProより)。う〜ん、どう見ても13等級の星がリングの穴の中にある様には見えない。また、UCAC4の恒星リストをチェックされたS.Uさんによると「リングの中心にとても近い15.9等の星がいちばん明るい」とのことだった。

ということで、リングの穴の中で一番明るいのは15等級の星で、少なくとも13等級の星は無いという結論に至った。では、ホンモノの中心星は中央の星と考えて良いのだろうか。おそらくそうなのだろうが図示されたものが無いので曖昧さは残ったままだ。

さて、お騒がせな「13等ニセモノ説」の歴史については今後の調査課題にしようと思う。と、今夜の記事を書き終えた直後にS.J.オメーラ『メシエ天体カタログ』に関連を思わせる記述を発見。これについては次回の記事にする。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:13
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター