33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
リング星雲M57の中心星「13等ニセモノ説」の源流を求めて
2013-07-25 Thu 00:00
M57中心星の正しい位置はすでに解決した。現在、リングの穴の中に13等級の星は無いことも分かった。後は都市伝説の源流探しだ。これは犯人探しの様で多少なりとも心苦しさが無くはない。しかし、都市伝説になるだけの大家の言ということで、矛盾している様に見えてもそこには私たちが見落としている何かがあるのかもしれない。

これまでの経過:(1)リング星雲M57の中心星と「13等ニセモノ説」
        (2)で、結局M57の中心星はどれなのよ?
        (3)リング星雲M57の中心星「13等ニセモノ説」を辿る

(3)以降にTAKA3さんから提供いただいた資料をまとめて紹介する。

[1]中野繁著『恒星社天体観測シリーズ9 星雲星団の観測』(1966年初版第4版)

「中心部の13等星は10cmから見えます。中心星は15.5等(バーナード測定)で、直接見るには40~50cmを要し、大口径のテストスターとなっています。眼視光度はこんなに暗いのに写真光度は13等星といいます。故一戸直蔵博士はヤーキース40インチ屈折でこれを観察しその記録が残されています。」

中心星(15.5等)と中心部の星(13等)は区別されている。中心部の星はリングの中にあるのだろうか。

[2]中野繁著『新編 恒星社天体観測シリーズ9 星雲星団の観測』(1978年初版第1刷)

「ドイツのフォン・ハーンは1800年、f=20フィート反射で中心星を観察し光度15等と見つもった。リック天文台では写真等級13等、眼視等級13.5等としたが、眼視で見るには40cm以上を要するであろう故一戸直蔵先生はヤーキス40インチでこれを見た記録が残っている。この中心星は青白色で絶対温度1万度とされている。リングの中心から1’東に12等星があり、これは10cm以上で見えよう。現在主軸の位置角は63°とされている。初期の観測家は中心星が変光星だろうと考えたことがあるが現在はかんがえられていない。」

リック天文台での眼視等級13.5等は15.5等の誤植とは考えられないだろうか?それを仮定すれば特に問題無い様に思える。

[3]多胡昭彦著『彗星捜索者のための 多胡スケッチ集』(1984年発行)

「中心部に13等星があり、15cmで確認したことがあるので、10cm以上の望遠鏡を持っている人は試してみるとよい。」

多胡さんは中心星については言及していない。しかし、中心部に見えた13等星とは何なのだろうか。

[4]『The DEEP-SKY OBSERVER'S YEAR』(2001年発行)

「There are two stars of about 13th and 15th magnitude within M57. However, the contrast is such that seeing them visually will require at least a 250mm scope, excellent skies and high magnification to be sure.」

中心星については言及無し。13th and 15th magnitude within M57はリングの中なのだろうな。

中野繁さん、藤井旭さん、多胡昭彦さんはいずれも中心部に13等星が眼視で見えると書いている。いずれも我が国を代表する観測者の報告なのでとても誤認や錯覚で片付けるわけにはいかない。S.Uさんも言われる様に変光の可能性なども検討する必要があるかもしれない。では、中心星が変光星であれば矛盾無く説明がつくのだろうか。逆に中心星が変光星でない場合に、これら大家の記録を矛盾無く説明するにはどのように考えれば良いのだろうか。この問題、解決までにはもうしばらく時間がかかりそうだ。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:6
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター