33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
かすてん版 2017年天文イベント
2017-12-31 Sun 00:00
 1月12日 「星の回文」カテゴリー新設
 5月 7日 春の観測小屋掃除
11月13日 半年ぶりに秋の観測小屋掃除
12月13日 ふたご座流星群観望

ここ3年間は城郭本2冊の制作にエネルギーのほとんどを費やしてきたため星見世界では「なんとか生きています」程度の活動しかできなかった。いまだに落ち着いたとは言えないのだが、2018年は火星大接近があるので、年明けからはそちらを向いて気分を盛り上げていきたいと思っている。それにしても春秋の観測小屋の掃除とふたご座流星群だけとは我ながらお見事。

ともかく、みなさま、良いお年をお迎えください。
別窓 | 雑感 | コメント:2
オオヒシクイ 外出中
2017-12-30 Sat 00:00
1712291.jpg今季初めて稲波干拓地へ行ってみた。顔見知りの監視員さんと再会。今日は午前中に全羽飛去したらしい。いつものように鹿島灘に行ったのだろう。小野川のカモたちもボートの往来に脅かされて一羽もいない。それでも、オスのキジが真田の抜け穴よろしく、堤防の北に出て消えたかと思うと南に出たり、ハイタカがカラス二羽に絡まれて空中戦をしたり、カワセミの飛来があったりと、オオヒシクイ120羽は外出中だったが、他の野鳥の見ごたえ十分だった。
 →稲波干拓のオオヒシクイ

今年は稲波干拓地に入った途端に風景の変化に気づいた。それは蓮田の急激な拡大。蓮田が増えるということは、休耕田の二番穂が減ってオオヒシクイの餌が減るということ。加えてポンプの音や鳥除けライトが鳥の休息を妨げることになる。霞ヶ浦周辺では米に比べて高値がつくレンコンへの転作の流れが進んでいるので、稲波干拓地もオオヒシクイにとっての安住の越冬地ではなくなってきた様だ。茨城県内唯一でかつ太平洋岸の雁の南限越冬地という貴重な自然をどうしたいのか、共存したいか捨てて過去のものにしたいか、それについては人が決めることができる。
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
筑西市の醤油屋さんのおせんべい
2017-12-29 Fri 00:00
1712281.jpgクリスマス+忘年会でのプレゼント交換会で回ってきたのは、筑西市の関口醸造のぷちつけ。煎餅好きの引きが功を奏したのか。醤油をつけてから焼くのでつけやきで、さらにそれが小さい円盤になっているので「ぷちつけ」というらしい。人気商品だという。

 →関口醸造株式会社
別窓 | 雑感 | コメント:0
2年後の天文現象へ準備を呼びかける
2017-12-28 Thu 00:00
みゃおさんのデータ収集力、観察力、観測力、紹介力には恐れ入ってばかりだが、今回もまた2年後の天文現象へのお誘い記事にみゃおさんならではの視点があったのでご紹介したい。
 →ほんのり光房:2019年の今日は夕日に注目!

1712262.jpgだいぶ前からダイヤモンド富士ダイヤモンド筑波の情報を提供してくれているみゃおさんだが、今回は2019年12月26日の部分日食が日没帯食になる近辺で「一生に一度あるかないかの貴重な光景を体験」しませんかというお誘い記事が出ていた。2年前に紹介してくれているのは、本番前のリハーサルを今年あるいは来年にできる様にという配慮からだ。面白い記事なのでぜひ上記のリンクからご覧いただきたい。
[写真は2001年5月7日の石岡周辺史跡散策の終わりに愛宕山古墳から見た筑波山と夕陽]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:15
ジオパーク「茨城県北」 認定取り消し
2017-12-27 Wed 00:00
1712261.png・ジオパーク「茨城県北」全国初の取り消し 推進協など関係者に衝撃
 これはなかなか衝撃的であり、かつ考えさせられる問題だ。ジオ遺産として無価値のものを申請したなどの虚偽があったとかではなさそうで、運営体制の脆弱さが主な理由らしい。それが認定要件にあり、改善要請も出ていて、その上で改善できなかったということから認定取り消しになったという流れらしい。
 営利目的の認定制度であれば、運営体制脆弱での認可取り消しというのは納得できる。しかし、今回の件で気がかりなのは、ジオパーク認定取り消しで、保全すべき自然や文化という本質は変わらないのに広報手段が弱まらざるをえないとか、教育に資するチャンスを狭めるとか、無秩序な開発などへの歯止め効果がなくなるのではないかといったことだ。また、地球規模の資産であっても、地域レベルで支えられないものは4年とか6年の短期間で認知してもらえるチャンスさえ剥奪されるというのは双方に改善の余地がありそうに感じる点だ。
[写真は日本ジオパークネットワークのトップページ。近いうちにここから茨城県北が外されるのだろう]

 →日本ジオパークネットワーク
別窓 | 話題いろいろ | コメント:8
無明舎出版と身近な地方出版社
2017-12-26 Tue 00:00
1712243.png『星地名』という書籍を購入した。この本についてはいずれ紹介したいが、それを出している無明舎出版という出版社について興味を持ったのでそれを先に紹介したい。

この秋、道南十二館についてもう一度勉強しようと思い、「新羅之記録」の現代語訳があることを知り購入した。それを出版していたのが無明舎出版で、秋田市に本社がある地方出版社だ。本に挟まれていたA6版に畳まれた出版案内をA2版へ広げて眺めながら、地方出版社ならではのタイトルの面白さを楽しんだ。私の手元にあるものは時期が違うがHPにある最新図書目録を見てもらえば、どんな出版社なのかおおよそ見当がつくのではないだろうか。無明舎出版プロフィールを読むとなかなかユニークな出版社であることがわかる。「新入社員を一切採らず、年々、年をとるばかりのローカル、ロートル、時代遅れの会社」と書かれているが、このまま一代限りでフェードアウトしていく方針なのだろうか。個性的な会社故に仕方がないのかもしれないが、もったいないとも感じる。
私の身近で馴染みのある地方出版社といえば、地元土浦市(現在は牛久市)にある筑波書林や千葉県流山市の崙書房などがある。出版社、博物館、新聞社があることはその町の文化的な格を示しているというのが私の持論だが、その中でも出版社の存在は大きいと感じている。筑波書林(Wiki)を読むと創業者菊田俊男氏の熱意と業績の程がわかる。そして、崙書房のピンチを救ったのも筑波書林の母体である茨城図書だったらしい。その崙書房のHPを見たら、無明舎出版へのリンクが貼られていて、つまり私の身近な地方出版社は円環を成していることになる。なるほど。
別窓 | 雑感 | コメント:0
「奴さん」7日目
2017-12-25 Mon 00:00
ヘッドフォーンで歌を聴きながら三味線を録音。今は昼間なので普通の駒を使っているのであのペチペチした音ではないけど、やはりSSBB(自発的対称性の破れバンド)名の由来とも関係して音に伸びがないなぁ。けど仕方がない。
 →練習7日目:奴さん(後半三味線のみ)
著作権のありそうな音源に合わせて録音したものを公開するのはJASRACの思う壺かもしれないので三味線のみにした。単に下手くそなだけでお耳汚し以外の何物でもないことをお詫びしておこう。
1712241.jpgそして、この1週間の猛練習?で3の糸もかなりほつれて今にも切れそうなのであとで交換する。と書いた直後の調弦中に自発的に切れたので全取っ替えした。今月は豊田勇造ライブ直前に続き2回目の全取っ替えだ。そしてこれもさっき気づいたのだが、ずっと4本で合わせてきたが、この音源は4本半だった。糸を交換したら音が見違えるほど良く聞こえる。それとも腕が上がったのだろうか?
 →練習7日目:奴さん(糸交換後4本半前奏のみ忍び駒)
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
「奴さん」6日目
2017-12-24 Sun 00:00
1712222.jpg3日目から進歩していないみたいだが、棹に寄り添うように指を動かすと前奏(=間奏)の手を間違えないことがわかったのが今日の大収穫。あと練習できるのは明日だけ。音がペチペチすしているのは夜間練習なので忍び駒を使っているため。
 →練習6日目:奴さん通し【公開期間終了】
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:7
冬至の四日月
2017-12-23 Sat 00:00
1712221.jpg昨日の三日月は綺麗だった。今日の四日月もまだ美少女の面影が残り綺麗だ。もう少し暗くなって写した写真には地球照も写っていた。
別窓 | 雑感 | コメント:1
信号機の無い横断歩道って必要なのか?
2017-12-22 Fri 00:00
1712311.jpg・朝日新聞:(フォーラム)横断歩道、止まらない?:1 実感は
 まず止まってくれない、というのが私の実感だしアンケート結果もそのように出ている。ただ、横断歩道問題はもっと本質的なところから議論するべき問題だと思う。これは、運転しない人、運転する人、都会に住む人、田舎に住む人、いろいろ意見がありそう。そもそも、信号機の無い横断歩道って必要なのか?どこで渡ってもいいのではないのか?
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:27
「奴さん」3日目
2017-12-21 Thu 00:00
1712201.jpgできるところだけを弾くことにして一応通しで合わせてみた。相当ぎこちないが、3日目なのでこのくらい。
 →練習3日目:奴さん通し【公開期間終了】
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
オニグルミの破り方 進化型
2017-12-20 Wed 00:00
TAKA3さんからオニグルミの破り方を教えていただき、自分もネットで調べてみて、おお!ということもあったのでご紹介したい。

1712181.jpg一晩水に浸して、その後フライパンでから炒りしたもの。ツバメのくちばしみたいに開いたらOK。あまり長く炒ると焦げてしまう。

1712182.jpgツバメのくちばしみたいに開いたところに板状の金具(これは帆立貝用)を差し込んで(抉らず)開くとパキッと驚くほど軽く裂ける。ただし、この写真の様に綺麗に取れるのは10個に1個。

1712183.jpgそれをつまんでゆっくり引き出しと、左右は切れたけどきれいに取り出せた。

1712184.jpg上の様に巧く取り出せるものは少なく、ほとんどは掻き出す感じ。

1712185.jpgそして、30個の中でただ1個だけ奇跡的に無傷で取り出すことができたのがこちら。

このやり方の良い点として、から炒りしているので適度に脂が飛んで食べやすい。また、から炒りしても口の開きが捗々しくないものは、素直にオニグルミ割り器を使えば軽く破ることができる。

以上の様な結果が得られ、オニグルミは一晩水に浸すことをお勧めしたいというのが結論。
別窓 | 雑感 | コメント:3
来週「奴さん」といわれても
2017-12-19 Tue 00:00
1707102.jpg来週の忘年会で「奴さん」を踊るから三味線で伴奏できないかと言われても、これまでまったく練習したことのない曲を1週間で弾ける様にするなんて無理無理。ではあるが、前奏くらいならばなんとかなるかもと、集中練習をすることにした。

 →YouTube:奴さん[新橋・赤坂・浅草]
   「奴さん」はこんな踊り。
   三人三様に上手だが、赤坂のお姐さんの踊りが特に素晴らしい(と思う)。
 →練習初日:奴さんの前奏
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
ちょっと曇っていた
2017-12-18 Mon 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
曇っていた
2017-12-17 Sun 00:00
今日はネタがないから変光星でも見ようと思ったら曇っていた、というネタしかない。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:0
ふたご座流星群 久しぶりに報告
2017-12-16 Sat 00:00
1712151.jpg13日夜から14日未明にかけて、4個+6個見られたので、久しぶりに国立天文台のキャンペーンへ報告した。筑波大生の友人は、同じ日筑波山では2時間で74個見られたとTweetしていた。

 →「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーンサイト
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0
ふたご座流星群極大2日目だが薄曇り
2017-12-15 Fri 00:00
今夜の観測:U Mon6.6等。すじ雲が覆っていて、ふたご座流星群2日目だが期待できそうにない。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
ようやく防寒具お持ち帰り
2017-12-14 Thu 00:00
1712131.jpgこの時期、防寒具がなければ始まらない。ふたご座流星群をきっかけに、職場からコートや電熱ベストなどを持ち帰った。さて、精進不足の自分だが、晴れるかな?

今夜の観測:U Mon6.6等。ふたご座流星群:22時09分〜22時35分(26分間) 4個、28時15分〜28時48分(33分間) 6個+散在2個。透明感のない薄雲がかかった様な空だった。
別窓 | 観測準備 | コメント:0
本質は目隠しされないように
2017-12-13 Wed 00:00
・千波湖の「白鳥」見納め 不評の浄化装置カバー交換へ
 浄化装置の覆いを浮島に変えて景観に溶け込むのはいいかもしれないが、機械で浄化しなくては水質を保てないということまで目隠しされないようにして欲しいと思う。
別窓 | 雑感 | コメント:1
鬼胡桃は人類にとってごく新しい食べ物なのか?
2017-12-12 Tue 00:00
1712112.jpgお城友達からこの秋の収穫ということで、鬼胡桃が届いた。鬼胡桃はちょっとやそっとの器具では割れないのだが、ということは人類が鬼胡桃を食べられる様になったのは、鉄器、それも特殊な硬さの刃が使える様になってからなのだろうか?それとも裏技を使うとたやすく割れるのだろうか?
別窓 | 雑感 | コメント:12
パス
2017-12-11 Mon 00:00
今夜は疲れたので、ネタ探しはなし。
別窓 | 雑感 | コメント:0
間も無く、変な日本語を書くのは日本人だけになるのかな?
2017-12-10 Sun 00:00
1712091.pngほぼ100%へんな日本語で書かれているので騙されようもないのだが、近頃は日本人の日本語もおかしくなっているので、あまり有効な判断基準とも言えなくなっているかも。例えば「私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は〜」は今日届いたスパムメールなのだが、こんな日本語を書く日本人も増えているかならなぁ。敵は勉強しているので、間も無く正しい日本語を書ける様になるだろう。そしてへんな日本語を書くのは日本人だけになりそうだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
月のエコー検査
2017-12-09 Sat 00:00
星が好きな人のための新着情報に出ていたので取り上げたが、JAXAの発表は1ヶ月半も前のこと。

・「かぐや」の観測データにより月の地下の空洞が発見される
 かぐやが月を周回している間、レーザ高度計(LALT)で計測した月面の高さのデータを音程に変換して曲を奏でていた「moonbell」は自然が奏でる現代音楽といった感じで、結構気に入って時々聞いていた。
1712081.png 今回空洞を発見したのはそれとは別の、月レーダサウンダー(LRS)という観測装置。お腹の中を調べる超音波エコーの代わりに短波のエコーを調べる装置らしい。これによって、お腹の中の赤ちゃんの代わりに、月面の比較的浅いところに細長い空洞が存在していることが明らかになったということらしい。今後の有人月面探査時代における日本のプライオリティ、存在感を示す目的もありそうな今回の発表。
[写真は、YouTube「遥かなる月へ2009~月周回衛星「かぐや」の軌跡~」より]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0
ふたご座流星群
2017-12-08 Fri 00:00
佐藤幹哉の流星研究ページ2017年のふたご座流星群の情報
 来週のふたご座流星群は、13日と14日の二晩、同じくらい楽しめそうだ。

今夜の観測:U Mon6.6等。
別窓 | 観測準備 | コメント:0
怒涛のイベントシーズン第1、2週をクリア
2017-12-07 Thu 00:00
1712061.jpgお城の講演会が無事終了し、豊田勇造ライブも無事終了し、職場の忘年会2連発も終了し、12月第1、2週目の主要なイベントはこれで終わった。この後3週目にもイベントや職場の忘年会、4週目にも別の忘年会、5週目にもさらに別の忘年会、6週目は仕事も年末休暇にしよう、ってたった一日か。
別窓 | 雑感 | コメント:5
こんなこともあろうかと
2017-12-06 Wed 00:00
・ボイジャー1号、37年ぶりに軌道修正用スラスター噴射
 おそらく設計者は、こんなこともあろうかと独創的なアイディアを盛り込んでおいたのだろう。

 →YouTube:探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力
別窓 | 話題いろいろ | コメント:0
11月の晴天日数
2017-12-05 Tue 00:00
____07年08年09年10年11年12年13年14年15年16年
すごい空 0夜 0夜 0夜 2夜 0夜 0夜 0夜 0夜 0夜 0夜
3等星級17夜11夜 7夜 6夜 8夜11夜21夜 7夜 8夜11夜
1等星級 1夜 4夜 7夜10夜 6夜 7夜 2夜 4夜 3夜 1夜
____17年
すごい空 0夜
3等星級17夜
1等星級 0夜

いよいよ晴天夜が増えてきた上に、一日に観測初日を出してしまったのでまったく安心しきったひと月だった。
別窓 | 晴天記録 | コメント:0
出版物が消えるわけ
2017-12-04 Mon 00:00
・日本図書コード管理センター
 最近自費出版物を作って献本したり欲しい方に制作費と送料程度でお分けしている。商業ルートに乗せる予定は無いのでISBNコードや書籍JANコードは取得していない。北海道の師匠が函館市中央図書館その他へ私の名前で献本してくれてその礼状が届いた。コードは無くてもちゃんと整理してくれそうだ。
 こうした個人出版物ではなく、一般の商業出版物でも、何千部何万部と刷るものばかりでは無い。ある程度売れる見通しがあれば単価を下げるためにまとまった部数を一度に刷れるが、近年の出版事情を考えると、一回の増刷数は結構小さい数字なのでは無いかと思われる。そうなると、登録更新の費用も馬鹿にならない。多くの出版物が短命なことや、過去の名作も姿を消したりするわけはこういうところにもあるのではないかと勘ぐっている。
別窓 | 雑感 | コメント:0
竹田城へ行ってしまうと天空の城は見られない
2017-12-03 Sun 00:00
・雲海だけでなく星空も名所 竹田城跡で夜間公開方針
 そもそも、入城者の急増で遺構が痛むことを危惧して入城制限を始めたのではなかっただろうか。訪城者が減るのは織り込み済みというかそれが目的だったと思うのだが?その上、聞くところによると、見学は一方通行で後戻りができないということだから、少なくともお城好きには魅力激減だと思う。1712021.jpgそして、竹田城の人気が出た理由は、雲海に浮かぶ天空の城の写真だったと思うので、それって竹田城へ行ってしまったら見られないわけで、その光景目当ての一般観光客は記事にある「立雲峡」あたりから眺めてるのではないかと思うのだが。お城好きにとっても一般客にとっても魅力がなくなって訪問者が減ってしまったのだろう。そうは言ってもお金をかけて整備したからには激減は困るということのようだ。ただ、山城は昼間でさえ危険も多いから、夜の事故に繋がらない様にして欲しいものだ。
[写真はお城友達ウモさんの『埋もれた古城』の竹田城からお借りした]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:5
交換の季節
2017-12-02 Sat 00:00
1711301.jpg絹糸なのでコードの様にジャカジャカ弾いているとすぐに毛羽立ってくる。久しぶりに3本とも交換。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 | NEXT

FC2カウンター