33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
母のおまじない その2
2019-02-27 Wed 00:00
1901122.jpgこの前、母に教わった新しい靴を下すときのおまじないのことを書いたが、覚えているものがもうひとつある。
さあ、急いで学校へ行こうと慌てて衣服を着る時に限ってボタンが取れたりする。そんなときに母は、すぐに縫ってあげるから着たままこっちへ来なさいと言って繕い物をしてくれた。針が刺さる危険があるので本来ならば着たままで縫うことはルール違反だろう。敢えてそれを実行する時の安全のためのおまじないがあった。あなたも一緒に言いなさいと言われて、母と二人で呪文を繰り返し唱えながら縫ってもらったのも遠い昔のことになった。

  王様の御用御用と多ければ着ててて縫うもめでたかりけり

王様が出てくるので新しいものかもしれないが、もしかしたら原型は殿様だったのかもしれない。「着ててて縫うも」という言い回しが子供心にもおかしく感じられて、「着たまま縫うも」だろうがと思っている。
この呪文も母のオリジナルだったのか、どこかに原型があるのか知りたいものだ。
別窓 | 天文少年の時代 | コメント:12
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター