33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
軒桁・妻梁・腕木など 木取り・加工の日々
2011-05-07 Sat 12:24
世間は、震災復興、原発事故、ビンラーディン暗殺などなど、将来への予測もつかない混沌の中にあるが、観測小屋建設は少しずつ進めている。ただ、木取り・加工の作業がしばらく続いているため、外見上はあまり変化が無い。久しぶりなので一ヶ月分をまとめて公開。でも、これだけ。

04月02日、03日、04日
110404.jpg土台4辺、軒桁2本、妻梁2本、柱10本についてのアリ型とアリ溝とホゾとホゾ穴作り、建物の枠の木取りがほぼ完了。

4月10日、11日
110410.jpgスライディングルーフのレールを乗せる腕木(軒桁張り出し部)の木取り

4月17日
110417.jpg棟上げ予定だったが時間切れ。
3.11後の建築資材の品薄で、ベニヤ、折板が手に入らない。

5月01日
110502.jpgルーフレール用の腕木の支えの固定部分の加工。
別窓 | 観測小屋制作記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<浜岡停止とビンラーディンの死 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 浜岡原発、一時全面停止へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター