33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
ついに棟上げ!
2011-05-14 Sat 00:00
5月8日
110508.jpgついに棟上げ!。
先々週に木取り作業を終えていた部材を組み立てた。普通の建物のような棟は無いが、気分は棟上げだ。すべて手作業でやってきたので形ができたこの段階でもけっこう達成感がある。

5月9日
1105092.jpgブルーシートに雨が溜まって弛まないための仮屋根を乗せてみた。
今日は大引作り。その前に土間コンとピラー基礎の空間を作るために打ち込んでおいた杭を抜く。流したコンクリに内外から押されて人力では抜けず一苦労。車のジャッキでじわじわやって3本抜くのに午前中の作業時間を使い果たしてしまった。

1105093.jpg午後、大引1本完成して終了。明日明後日の雨に備えてブルーシートを掛けた。シートは買ったのにゴムバンドを忘れて荷造りひもで仮止め。大風が吹かなければいいのだが。

この後、4日間連続の雨。次週までの宿題の作業はまったく進展せず。
別窓 | 観測小屋制作記 | コメント:7 | トラックバック:0
<<EM-200への搭載準備(その5) 全部搭載 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今後も「失敗が許されない」という欠点を凌駕できない>>
この記事のコメント
おめでとうございます!!

 餅蒔きされましたか?
2011-05-14 Sat 08:54 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
ご無沙汰してます。
上棟おめでとうございます。

3枚目の写真を見て思ったのですが、
コンクリート束から束まで1間半くらいあるのでしょうか?
それからすると土台の梁せいは少し小さいような気がします。
たぶん振動やたわみで床は歩くたびにフラフラになるんじゃないかと予想します。

建物全周に構造合板を貼り付けてボックス構造にするとだいぶ強度が上がりますが、出入り口はなくなります。
ボックスの一部に孔をあけると、そこに応力が集中して強度が弱くなります。

土台の下にもう一本土台用の梁をくっつけて、両側から構造用合板で挟んで「合成梁」にする方法もあります。たぶんそうするのではないかとこの写真をみて思いました。

台風がやってきたときに小屋ごと飛ばされる可能性もあるので、アンカーボルトで束にしっかり留まっている必要がありますが、四隅のコンクリート束との緊結方法がちょっと気になりました。束の真上に柱があるので、何かやっているのだろうとは思いましたが。

念のため全ての梁と柱の間はかすがいで留めたほうが良いです。
2011-05-14 Sat 09:22 | URL | HG #ZBwv4ZW2[ 内容変更]
上棟おめでとうございます!!
2011-05-14 Sat 11:43 | URL | tochiro #kmupf2Ds[ 内容変更]
みなさま、ありがとうございます。

HGさんのご指摘は「棟梁」に確認しておきます。

今後、雨が多くなりますので進み具合がどうなりますか。
2011-05-14 Sat 13:50 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
おめでとうございます。
いろいろあった末の上棟式、感激もひとしおのことと思います。
地の神、星の神の助力を得て、素晴らしい観測基地が早く完成しますように!
2011-05-14 Sat 17:17 | URL | 玉青 #-[ 内容変更]
こんばんわ、ももで~す。
上棟おめでとうございます!


確かに束の長手方向の間隔が遠いのでこのままではたわむとは思っておりました。
でも、以前に床下に入れる金物を紹介してあったのでそれで対処するのかな?と思っておりました。
赤道儀の基礎周りにもほしいところです。

あと、HGさんも書かれてありますが風で浮かされないように対策する必要があります。
住宅だと四隅や要の柱に基礎から下に引っ張っておくアンカーを入れないと確認が下りません。
かすてんさんのところでも何かしら対策はないと飛ばされるかも~
ここで肝心なのは土台を押さえるのではなく、柱に取り付けないといけないことです。

あと、今のうちに考えておくことは断熱関係です。
断熱材を入れないと室内が結露したりしますが、外気に馴染みやすい面もあります。
断熱を良くすると夜間に冷えにくくなって、気流が安定しないとか、鏡が冷えにくいとかになります。
惑星などの観察予定があるときには夕方から屋根を開けておいたりしなくなるかもです。思い立って見てみたけれど、ボケボケだったということがおきやすいかも。

悩みどころですが、一番いいのは24時間エアコン運転です(まじめに)。
ま~実際問題、どこで妥協するかです。
太陽光発電で換気扇を回すのは有効だと思います。

2011-05-14 Sat 19:21 | URL | もも #wyffVNu2[ 内容変更]
玉青さん、ももさん

ありがとうございます。

>長手方向の間隔が遠いのでこのままではたわむ
>赤道儀の基礎周り
 これは対策する予定です。
2011-05-15 Sun 00:38 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター