33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
パンスターズ彗星を観測できる時期と時間帯を調べてみた
2013-03-29 Fri 00:00
1303141.jpg近日点通過直後のパンスターズ彗星まつりも一段落、今や明け方へ回った姿を捉える時期だ(→AstroArts130327)。私としても20cmで撮影する機会が早くやって来ないかと思っている。

理屈上はすでに日出時に10度以上の高度になっているのだが、周囲を住宅や林で囲まれている我が観測小屋ではいつ頃から見られるようになるのか、その時期をステラナビゲータで調べてみた。観測小屋周囲のパノラマ画像の高度合わせがいい加減なのでだいたいの目安ではあるが、遅くとも4月中旬頃までには明け方の彗星を望遠鏡へ入れられそうだ(巧くするともっと早いかもしれない)。その頃光度は6等台だが望遠鏡的にはまだまだかなり明るいので楽しみだ。

その後減光して行く過程をずっと撮影できるが、11月中旬には視界から完全に去ってしまう。しかし、その頃には既にアイソン彗星が増光を始めているので心はそちらへ移ってしまっていることだろうけど。

それにしても晴れないなぁ。
別窓 | 観測準備 | コメント:2
<<ハザードラボの地震予測が消えた茨城県南 | 霞ヶ浦天体観測隊 | まだ見られるのだろうか しし座の超新星二つ>>
この記事のコメント
実は「誕生日までに明け方にパンスターズを」と変なこだわりでトライしてましたが、意外に早く叶いました(今日が誕生日です^_^)。4月10日以降、計算上は周極星になるので、自分のようなジプシー観測屋には助かります。かすてんさんの観測所からもだんだん見えてきますね。晴れますように。

アイソンですが、増光が鈍っているようです。まだ遠いので何とも言えませんが。吉田くんのサイトのグラフも、予想光度に対して実測定がかなり外れてきました。心配ですね。
2013-03-29 Fri 00:20 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
みゃおさん

お誕生日おめでとうございます。と同時に大台が近づいて来ましたね。

北東方向だけは屋根と屋根の谷間になっているので運が良ければ上のシミュレーションよりも早くに見られるかもと思っていたのですが、結局今後1週間は晴れそうに無いです。

「アイソン、お前もか」って書かれていましたね。終わってみたら、パンスターズ彗星の方がましだったなんてね。まぁ、今からやきもきしてもしょうがないですし、パンスターズ彗星とは違って接近過程をずっと観測できるのはありがたいです。
2013-03-29 Fri 08:33 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター