33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
12月の星空予習
2013-12-01 Sun 00:00
★ 2日 水星食(月齢28.3)。明方低空。05時29分〜06時30分(東京)。
★ 5日〜 アイソン彗星の残骸が見えて来るかどうか。
★ 7日 金星が最大光度(-4.7等)。
★13〜14日 ふたご座流星群。14日14時頃極大。
★19日 24h20m (350)オルナメンタ(12.1等)によるHIP022021(7.61等)の掩蔽
   →詳細についてはコメント欄参照のこと。
★22〜23日 こぐま座流星群極大。23時頃。
別窓 | 観測準備 | コメント:10
<<ラブジョイ彗星そろそろ極大か | 霞ヶ浦天体観測隊 | 18日ぶりに観測小屋の屋根を開けた>>
この記事のコメント
こんな現象もあります。

★12月19日(木)24h20m (350)オルナメンタ(12.1等)によるHIP022021(7.61等)の掩蔽
関東、中部で最長8秒間にわたって4.5等級の減光。推定直径118km、オリオン座。条件104ポイント。予報図のPDFファイル本予報の星の位置はUCAC4によるもので、PPMXLによるプレストン予報は近畿を通っているので要注意。

(宮坂正大氏のページに掲載の佐藤勲氏の予報より)
http://www.toybox.gr.jp/mp366/forecast12.html
にPDFのリンク有り
2013-12-07 Sat 08:15 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
掩蔽についてはノーチェックでした。この(350)というのは何のことですか?
2013-12-07 Sat 09:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
これは、関東地方で見られる可能性のある小惑星による掩蔽の中では、本年最高の現象かもしれません。

>この(350)というのは何のこと
 1番ケレスから始まるいわゆる小惑星番号のことです。

掩蔽業界では、これが3桁以下のもの、4桁のもの、5桁6桁のもので、軌道要素の精度が十分枯れているかどうかの指標にしたりします。3桁なら枯れています。

ただし、今回の現象は、恒星が2重星の可能性があって、恒星位置の方が枯れていません。2重星だとすると、今回の現象で、初めて分離される可能性があります。
2013-12-07 Sat 11:35 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>小惑星番号

8741ならば即Suzukisuzukoと分かるのですがね。

>恒星位置の方が枯れていません。2重星だとすると、今回の現象で、初めて分離される可能性があります。

へぇ、たいへんおもしろいイベントなのですね。
(1)予報地図の中に打たれている小さな・は何を表すのですか。常連観測者の居る位置?
(2)実線と破線は何を表すのですか?

予想される時刻にHIP022021(7.61等)を見ていて、消えた時刻と現れた時刻を正確に記録すれば良いのでしょうか?
2013-12-07 Sat 14:47 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>8741ならば即Suzukisuzukoと分かるのですがね。
Suzukisuzuko は4桁なので、そこそこのものです。

おぉ、さっそく図をご覧になりましたか。

(1)常連観測者の居る位置?
そうです。北東側の実線に近いのは私とこです。

(2)実線と破線は何を表すのですか?
実線がもっとも起こりそうな掩蔽帯で、3本の実線の全幅が掩蔽帯の幅です。破線はそれぞれ誤差で1σ、2σ、3σずれた場合の掩蔽帯境界です。また地図のすぐ上に、それぞれの実線、破線上での掩蔽確率が書かれています。

>予想される時刻にHIP022021(7.61等)を見ていて、消えた時刻と現れた時刻を正確に記録すれば良いのでしょうか?

 普通ならその通りです。が、今回は、2重星だとすると消えないかもしれません。例えば、小惑星が2重星の間を通ると何事もおこりません。片方だけを隠すと、例えばですが、半分しか暗くならないかもしれません。両方隠す場合は、半分暗くなるのが2回かもしれませんし、1段目で暗くなって2段目で完全に消えるかもしれませんし、明るくなるときも1段だったり2段だったり、まあ食変光星のような複雑なことが起こりえるわけで、こういうのはよくご存じですよね。

過去に2度ほど、こういう未知の2重星によると考えられる2段増減光を観測したことがあります。予期しなかったのでたいへんびびりました。
2013-12-07 Sat 15:51 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>Suzukisuzuko は4桁なので、そこそこのものです

若い番号を提供していただけるとそういうアドバンテージがあったんですね。

>食変光星のような複雑なことが起こりえる

減光幅が4.5等級あってもこんなに複雑な変化では人力ではついて行けませんね。変光星の自動測光システムと同じ様な機材が必要になりそうですが、無ければ取りあえず短時間露出で連続撮影しておいて後で解析ということでなんとかなるでしょうかね。
場所もオリオン座で観測しやすい位置なので撮ってみようと思います。7等級が飽和しない露出を探しておかないとなりませんね。
2013-12-07 Sat 18:17 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>人力ではついて行けませんね
 多くの人は、ビデオでしゃべりながら実況録画をするようですが、私はたいていの場合、眼視と音声録音のみです。2段階に対応できるかは出たとこ勝負です。

 恒星が明るい場合は、眼視でも0.2秒の精度をめざしますので、短時間露光の繰り返しで対抗するのは難しいかもしれません。何らかの流し撮り(日周運動に任せる?)にして、線の太さを測定するほうが有効そうに思います。
2013-12-07 Sat 20:37 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>0.2秒の精度

俄観測ではちょっと難しそうですね。
2013-12-08 Sun 12:35 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>0.2秒の精度
 こちらでは、前近代的ながらマルチラップの測れるストップウォッチを用意しています。
2013-12-08 Sun 16:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
今月の天文イベントはどういうわけだか前夜に忘年会やら飲み会やらが予定されているパターンばかりです。この星食も見られたら見てみます。
2013-12-11 Wed 13:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター