33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
結城市民情報センター天体ドーム観望会
2013-12-29 Sun 00:00
結城市民情報センター天体ドームの観望会、ご常連のtochiroさんが担当されているということもあり一度行ってみたいと前々から思っていた。ほぼ毎週木金土3日間が公開観望日になっているが、それらの曜日に休める機会はまず無いので、仕事を少し早めに終わらせた土曜日にダッシュで結城へ走るしかないと思いつつ今年も暮れようとしていた。それが今年の年末は幸運にも天体ドームの最終日に自由な時間ができた。

1312281.jpg結城市民情報センター 1、2階のゆうき図書館は羨ましくなる蔵書の充実ぶり。1、2、3階には会議室やフリースペースなど様々なタイプの空間がある。お目当ての天体ドームは4階。

1312282.jpg直径6mのドームの中に収まっている主鏡はタカハシのフローライト25cm屈折FCT-250。

1312283.jpg昼の部ではコロナドHαフィルター装着のタカハシFS-102で太陽の黒点、フレア、プロミネンスと、主鏡で青空の中に細くなった金星を観望。夜の部が始まるまでの時間、結城の街を散歩し茶蔵真盛堂で食事をする。夜の部は来台者多数。観望対象は、北極星、ISS通過、M45、二重星団、ベテルギウス、M42、木星と4つの衛星、天王星など多数。M45と二重星団ではみなさん驚きの声を上げていた。特に今夜のISS通過は仰角が大きく長い時間軌跡を見ることができドームの中から「若田さ〜ん!」と合唱で声がかかっていた。
別窓 | 遠征・観望会・プラネ | コメント:11
<<1月の星空予習 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 星、城、音楽以外の趣味>>
この記事のコメント
結城市の施設は、さきほどホームページを見ましたが立派ですね。ホームページも観望会も充実していると思いました。駅前にあるようですが、大都市からは離れているので、空は暗いでしょうね。

 昨夜は、こちらでは、お勧めした小惑星による掩蔽観測をしていました。まずまずの空でも透明度は並で、11等星が楽に見えるというほどではなかったです。こちらでは掩蔽にはなりませんでした。

 また、私たちの天文同好会会誌の新号をアップしました。12月に撮られた写真も載っていますので、またおひまなときにご覧になって下さい。
2013-12-29 Sun 08:45 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
tochiroさんのような経験と熱意のある方が担当されている間はこれらの機材を有効に使いこなしてくださるので大丈夫だと思います。

結城と言えども空は明るかったです(つくばよりは良いですが)。それと引き換えですが、天文普及を考えると街中にあると言うのも悪くはないと思います。ここの施設は天気が悪くて星が見えなくても予定日は開台してくれて、解説などを含め対応してくれるのもありがたいと思います。

天文同好会会誌、後ほど読ませてもらいます。今号は沢山の会員からの投稿もあってそれも楽しみです。
2013-12-29 Sun 10:35 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>街中にあると言うのも
 そうですね。結城市なら、田んぼの中の一本道沿いの候補地にはこと欠かないでしょうが、やはり誰もが気軽に見に行けるというのが大事ですね。

>予定日は開台してくれて、解説など
 観望会の回数が半端じゃないですね。これで、毎回解説があると、地元にツウの人ばかり育ちすぎて困るのでは...?
2013-12-29 Sun 16:33 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>誰もが気軽に見に行けるというのが大事ですね。
>毎回解説があると、地元にツウの人ばかり育ちすぎて困るのでは...?

観望会やプラネタリウムへ行くと参加者の客層を観察してしまうのですが、若いお父さんお母さんに連れられた幼稚園児くらいのちびっ子というパターンが多いです。それはそれでいいのですが、自分の意志で参加したと思える小・中学生を見ることは非常に稀です。ここに我が国の科学界の将来への不安を感じるのですよね。このようなな中ではラプトル少年のように自分の意志で星を見ている小学生は希少種に見えてしまいます。
2013-12-29 Sun 17:05 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>自分の意志で参加したと思える小・中学生を見ることは非常に稀

 自分自身の子どもの時の感覚や、最近、目にしたところでは、中学生で、地元の科学イベントとか、研究所の一般公開とかに来る人は、やはり「希少種」と言ってよく、来るのは「それなりの人」、つまり日常から熱意があってかつ郷土志向の強い人に限られている、と言ってもいいように思いますが、どうでしょうか。

 いっぽう、岩井(今は坂東市です)や館林にあるような科学博物館のようなところには、普通の中高生もけっこういくのではないかと思います。若者のそういう科学館、科学イベントに関する意識調査があれば、興味があるので見てみたいです。
 
 つくばの科学フェスティバルは、小中高校が企画して参加できるようになっているので、生徒だけでやってきます。今は、学校単位での支援というのが必要なのかもしれません。
2013-12-29 Sun 18:22 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>地元の科学イベントとか、研究所の一般公開とかに来る人

私などよりもS.Uさんの方がはるかにサンプルはお持ちでしたね。

自分の小学校時代を思い出すと、電車を乗り継いで渋谷のプラネタリウムに毎月通っていた友達がいましたし、自分も通いこそしませんが行ったこともありました。茨城県は公共交通機関が貧弱というハンデが大きいのが原因なのでしょう、小中学生が一人で参加という場面に遭遇する確率はきわめて低いのかもしれません。

>つくばの科学フェスティバルは、小中高校が企画して参加できるようになっているので、生徒だけでやってきます。

久保庭さんたちが基礎を作ったこういう場が若い人たちを刺激し続けてくれるのはすばらしいことですね。ただ、やはり学校行事的色彩が感じれられ、他者の視線を感じながら参加する面も否定できないように思われます。
2013-12-29 Sun 20:51 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>サンプルはお持ち
 私のサンプルは、職場の公開イベント(出張展示を含む)に限られていますので、天文その他のイベント・施設に関してはかすてんさんのほうが豊富だと思います。都市部で天文イベントがあっても自主的に星を見に来る若い人が少ないというのは、ちょっとさびしいですね。

 私の職場の科学技術週間の施設公開では休日にバスを出していますが、高齢の方が高校生以下よりもずっと多く、交通の不便だけでは説明できないように思います。(学校生徒の皆さんも気楽に来て下さいね。) 高度の熱意を持つ人の割合は変わらないにしても、中度の熱意の人の絶対数はやはり減っているのでしょう。
 社会の変化による構造的なものではないかと思います。ただ、天文や物理はここのところブームの兆しが出ているので、それが若年層まで届けば今後何年かでまた変わるかもしれません。

>つくばの科学フェスティバル~学校行事的色彩~他者の視線
 うーん。やはり自主的に参加して欲しいところですね。科学の研究や教育のプロやセミプロが多い土地だからそ、学校主導の参加でもそれなりの意義を持って成立するという面もあるかもしれません。確かに、他の土地でやると、ただの文化祭あるいはクラブコンペティションになってしまって他者の視線が強くなりすぎるような気もします。

2013-12-30 Mon 07:48 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
一昨日は貴重なお休みの日に遠路はるばるとお越し頂きありがとうございました。
なにか気づいた点等ありましたらコメントなりメールなりでご指摘、ご指導下さい。

例によっていつもの議論になってしまっているようですが、SUさんのいう「社会の変化による構造的なもの」だとは思うのですが中身はかなり複雑に絡み合っていて一筋縄ではいかんでしょうから頭の痛いところです。ま、自分の立ち位置から少しでも実践してゆきますが。

ところで、来台時に頂いた「宇宙(そら)のささやき」のPDFファイルの件ですが私のブログでも簡単ですが記事にしましたのでご了解下さい。
2013-12-30 Mon 23:00 | URL | tochiro #kmupf2Ds[ 内容変更]
S.Uさん、tochiroさん

>いつもの議論になってしまっているよう

過去のイメージを元手に今を見てしまうので、堂々巡りに陥ってしまいます。

私たちが幼かった頃には外へ開かれた情報源などほとんど無かったことから考えれば決して悪い環境になっている訳ではないのですけどね。
子供時代の興味は連続しないことも多いので、ちびっ子時代に星空への感動を経験したことが、小中高生時代には忘れていても、どこかの時点でまた思い出すことがあるかもしれません。
2013-12-31 Tue 11:25 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
tochiroさん、かすてんさん、
 そうですね。困難な問題なので、いつも同じところにたどり着いてしまう...
 ちょっと思い出したのですが、10年ほど前に、「理科離れ」を防ぐには小学生から、というようなことを議論したことを覚えています。それが全国的に生じた方針だとすると、科学展示やイベントなどが平均として小さい子ども向けにシフトしたということもあるかもしれません。
 多少の年長の青少年やマニア向けに戻すのも有効ではないかと考えます。 
2013-12-31 Tue 12:58 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>「理科離れ」を防ぐには〜

そんな辺りに現在の雰囲気の始まりがあったのかもしれませんね。ターゲット層をどこに絞るかでそこらは変動するのかも。
2013-12-31 Tue 18:43 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター