33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
PM2.5と光学現象の項 さらに続く
2014-03-02 Sun 00:00
130309kousamyao2.jpgさらに説明の続きをいただいた。右は昨日掲載した2013年3月9日の写真に約20度の線を書き足したもの。

・ちょうどオーレオールの一番淡い部分が赤くなるところ(光環だと一番内側の赤い環)に達している。ちなみに線の縦幅は太陽直径くらい。
・アバウトだが仮にオーレオールの直径が20度とすると、粒子の直径は約4.5μm。まぁ、黄砂の直径は1μm程度のも飛来するらしいので、PM2.5の範疇に黄砂もちょっと混じってることが多いでしょう。
・赤い環の区切り方ひとつで約3.5μmくらいの計算もあり得て、PM2.5だとこの写真の1.8倍くらい。
・いずれにしても、もともと一様な直径の粒子ではないので、単純な半径には収まりません、という結論。
[数値その他一部訂正]
別窓 | 観測日記 | コメント:0
<<3月の星空予習 | 霞ヶ浦天体観測隊 | PM2.5と光学現象についての続き>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター