33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
黒木和雄監督 『原子力戦争』(1978)
2014-04-21 Mon 00:00
1404142.jpgこんな映画が36年前に作られていたんだ。
原田芳雄も佐藤慶も山口小夜子も風吹ジュンも若いが、前の3人は既に鬼籍に入られている。福島第2原子力発電所の正門で原田芳雄とカメラクルーが守衛に押し返されるのは実写のようだし、当時の富岡町を山口小夜子が歩いているのもATG的シュールな画像だ。最後の方で原田芳雄が死体になる直前、松林の中で大勢に囲まれるシーンがあるが、それまではヤクザやちんぴらがらみの暴行事件だったのが、実は原発を容認する一人一人が犯罪に加担していることを臭わせる演出になっている。

・YouTube:『原子力戦争』1978 黒木和雄

もんじゅの西村怪死事件、東電女性管理職殺人事件、福島女性教員宅便槽内怪死事件、などの原発が絡んでいると思われる殺人事件・怪死事件を暗示しているかのようだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<4月こと座流星群 極大直前のPR活動に火球が一役? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 吉原毅・城南信金理事長:原発は国家ぐるみの粉飾決算>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター