33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
暗黒エネルギーは幻か? ISSを人質か? 旅行鞄にご用心!
2014-05-17 Sat 00:00
・「暗黒エネルギーは幻か?」
 暗黒エネルギーを持ち出さなくても宇宙の加速膨張を説明できる説、というか加速膨張説が誤っているなら暗黒エネルギーを持ち出さなくてもよくなるということか。

・ インフレーションの痕跡を検出という研究結果は誤り?という噂
・“宇宙膨張の決定的証拠”は誤り?
 反論は出て当然でしょ。

・若田さん笑顔で帰還 宇宙滞在188日滞在
・宇宙船ソユーズ内部、ぐるりパノラマ 若田光一さん帰還
・ソユーズの帰還モジュール

・露、ISS協力打ち切る姿勢…米の制裁に対抗か
 ISSを人質にすれば有利な交渉へ持ち込めるか。

・鍵をしても無駄! ペン一本でキャリーバックを全開に
・【衝撃動画】スーツケースはボールペン1本で簡単に開けられる! 手順を紹介した動画がマジで怖い!!
 うへぇ〜、ファスナー弱わ〜!これ見たら怖くて鞄から目を離せない。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:5
<<あきらめるのは半分では済まない | 霞ヶ浦天体観測隊 | 久しぶりの火星>>
この記事のコメント
>インフレーションの痕跡を検出という研究結果は誤り?という噂

 これは、

>ただし、プライク氏は同じ「Science」で、チームが作成したちりの地図はある学会の発表に基づくもので、ヨーロッパの人工衛星プランクが観測した公のデータに基づくものではないとも述べている。

の点が重要だそうで、つまり、「ちり」の効果を差し引く際に正しくデータを解釈していない(かすてんさんが少し前に話題にされた、いわゆる「論文になっていない公表データ」を使っているらしい)という疑いがあるというのが焦点のようです。

 だからいけないとか、やり方が間違っているとかいうことはないので、データ解釈に不定性があるならば、それは解析の誤差として結果と考察に適切に含めればよいわけです。
2014-05-17 Sat 06:46 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>「ちり」の効果を差し引く際に正しくデータを解釈していない

より確からしい補正を行って結果の精度を高めてくれれば良い事で、特にSTAP事件以降、正しいか誤りしか無いような書き方をされるとそれだけでライターの品位を疑いたくなってしまいます。
2014-05-17 Sat 22:23 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>正しいか誤りしか無いような書き方~ライターの品位

 ただ1種類か2種類の観測結果を記述する論文で、宇宙の根本的な秘密の白黒がはっきりすると考えるなら、その人は、宇宙の神秘についても、科学研究の進歩についても、とんでもなく甘い認識しか持っていないと言わざるを得ません。

 ただ、専門の研究者は、自らがデータを集めて検討した場合は、白黒の決断を論文に書きます。「私の持っているデータと推論によるとこういう結論になる」ということを客観的に表明するのが科学論文の使命ですから、これはやむをえません。他の人が別の論文を書きますと、これと矛盾する結論が出ることがあります(同じ人が別のデータを研究すると矛盾することも当然にある)。どちらかの結論が間違っていることになるかもしれませんが、論文としてはどちらも間違っていません。

 こういうことは科学研究の方法の基礎で、天文学史の主要部分だけでも勉強するとすぐわかることだと思うのですが、一般には、あまり知られていないのかもしれません。
2014-05-18 Sun 09:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>どちらかの結論が間違っていることになるかもしれませんが、論文としてはどちらも間違っていません。

とても的確な表現ですね。学問の崇高さを感じます。

>こういうことは科学研究の方法の基礎で、天文学史の主要部分だけでも勉強するとすぐわかることだと思うのですが、一般には、あまり知られていないのかもしれません。

現在までに勝ち残った説のみを辿るテスト向きの勉強ですとその部分が心に滲み込んで来ないのかもしれませんね。科学の方法が理解されていない事はSTAP事件でも感じました。
2014-05-18 Sun 10:17 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
天文学史は、科学や歴史の専門知識が無くても入門しやすいと思いますので(なんせ同じものが今も空に見えますから)、多くの若い人に触れてもらいたいと思います。
2014-05-18 Sun 18:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター