33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
宇宙の3D映画館
2014-06-28 Sat 00:00
1406231.png・V838 Light Echo: The Movie
 星が好きな人のための新着情報によると、オリジナルは2006年公開で、実際にガスが広がっているのではなく、2002年2月に増光した時の光がちょうど到達した位置で、反射した光が見えているもの、だそうだ。つまり、星間ガスが充満した中で爆発的増光が起こって、その光が拡散していく過程が星間ガスのスクリーンに映って見えているということ。半透明の3D映画館を外から見ているってことか。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:3
<<東大医学部から | 霞ヶ浦天体観測隊 | 6月欠測回避 夜空の明るさマップ>>
この記事のコメント
>光がちょうど到達した位置で、反射した光が見えているもの
 
 たしか、この星雲は、ガスが広がっているとして計算すると、光速を超えるんですよね?
2014-06-28 Sat 08:05 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>ガスが広がっているとして計算すると、光速を超えるんですよね?

光速に等しいのではなく越えるのですか?
2014-07-06 Sun 06:42 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>光速に等しいのではなく
 本当は光速だけど斜め前に出る光が先に地球に届き見かけでは光速を超えて見える、という説明が、Wikipediaの「光エコー」の項にあります。
2014-07-06 Sun 11:02 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター