33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
8月の星空予習
2014-08-01 Fri 00:00
★上旬  火星は7月12日に東矩になり、夕方の西天低空に見えている。
     木星は7月25日に合になったばかりで明方の東天低空に見えている。
     天王星は7月6日に西矩になり未明の南空に見えている。

★ 5日 小惑星(466)ティシフォネ(13.9等)によるHIP084576A(6.96等)の掩蔽(19h21m) →【参考】佐藤勲氏『小惑星による掩蔽の予報』
     土星が東矩。夕方の南の空で見ごろ。
★ 8日 水星外合。その後夕方の西天低空に見られる
★12日〜13日頃 ペルセウス座流星群が極大。満月過ぎの月があり条件は悪い。
★18日 19日明方、金星と木星がプレセペ星団M44の中で12′まで大接近!
★    はくちょう座κ流星群極大。
★    月齢22.7の月がヒアデス星団の中に入る。
★30日 海王星が衝。
★31日 夕空で、土星と火星と月が接近。

今夜の観測:今夜は蒸し暑く空には水蒸気の幕がどんより居座っている。R Sct5.6等。
別窓 | 観測準備 | コメント:4
<<今日から8月 スター・ウィーク開幕 | 霞ヶ浦天体観測隊 | すかっとは晴れない>>
この記事のコメント
19日ではなく、18日でしたか^_^;
勘違いで見逃すところでした。
ありがとうございます。
2014-08-01 Fri 00:37 | URL | 綿雲 #t28f0WNc[ 内容変更]
関東で今年もっとも条件のよい小惑星による掩蔽(のひとつ)が8月5日の夕刻に予報されています。7等星の掩蔽は何年かに1回しか見られません。

>★8月5日(火) 19h21m (466)ティシフォネ(13.9等)によるHIP084576A(6.96等)の掩蔽
>関東、中部で最長15秒間にわたって6.9等級の減光。
(宮坂正大氏のページにある佐藤勲氏の予報)
http://www.toybox.gr.jp/mp366/forecast08.html

(薩摩せんだい宇宙館のページにある星図とプレストン氏の予報)
http://sendaiuchukan.jp/asteroid/1408tisiph.html

 予報の誤差が意外と大きく「茨城県南部か東京都多摩地方のどちらか一方で見える」という感じです。その中間の東京都区内・千葉市あたりでは見られる可能性がかなり高いでしょう。
2014-08-01 Fri 07:31 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
綿雲さん

19日明方ですから、19日と書くと見損ないそうでしょう。18日の夜の続きで準備しておいてください。
2014-08-01 Fri 08:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
S.Uさん

掩蔽情報をありがとうございます。今年最高条件の現象なのですね。確かに15秒というのは長いですね。この時刻だと準備する時間があるか不安ですが、帰宅できていれば挑戦してみます。

貴重な現象なので、本文へ追加させてもらいました。
2014-08-01 Fri 08:03 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター