33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
東京高裁のまともな判決
2015-05-31 Sun 00:00
・公立学校の君が代不起立問題、高裁が懲戒処分を取り消す!東京高等裁判所「個人の思想や良心の自由の実質的な侵害につながる」
 憲法に沿った形の判決が出ると、すばらしい!なんて感じること自体がおかしなことなのだ。

・女性の活躍へ“トイレの質”向上を政府の会議が提言
 トイレ?女性が活躍できないのはトイレの数が少ないから?こういう議論をしている社会であることこそが原因なのでは?これでは女性こそがっくりだろう。政府の有識者会議を構成しているのはどのような人たちなのだろうか。男女比率はどうなっているのだろう。

・能力の低い人ほど根拠のない自信に満ちあふれている。
 「能力がないことによって、人はうろたえたり困惑したりするのではなく、むしろ不適当なほどの自信に満ちあふれている」らしい。「能力」を「品性」に置き換えても同じではないだろうか。安倍くんを見ているとそう感じる。ある意味幸せと言える。そう言いつつ自戒の念も忘れちゃいけないが。

1505301.png・ハザードラボ:火山情報
 火山噴火地震列島!
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:16
<<6月の星空予習 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 【速報】長〜い地震>>
この記事のコメント
>安倍くんを見ているとそう感じる
 安倍くんのレベルになると、さすがに、国会でまともに質問に答えられていない、それだけの知識も能力も持ち合わせていない、ということは深く自覚していると思います。

 おそらく、彼は「総理大臣という仕事はこの程度でいいんだ。別の方面の才能でやっていけばよい」と考えているのでしょう。何かの勘違いで仕事のほうをナメているのだと思います。

 いっぽう、日本の一般の人は、もう少し「能力がないことによって、自信に満ちあふれている」くらいでもいいように思います。あまり自信なげに話されたり、プロ意識なしに顧客に接せられるのも、聞く相手に真意や用件が伝わりにくいと思います。
 もちろん、いいかげんなことを言って人に迷惑をかけている人については、(ここで自戒の念を込めて)時々は反省するべきではありますが。
2015-05-31 Sun 07:23 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>おそらく〜何かの勘違いで仕事の方をナメているのだと思います。
 やはりそう感じますか。自分としては常に自戒の念を持って他者の意見にも耳を貸したいとは思いますが、勘違いしているひとまで誠意をもって対応していては時間が足りません。安倍くんの勘違いをどこかで勅さなくてはならないわけですが、、、はぁ、、、やはり能力低い方が幸せかも、、、。

>日本の一般の人は、もう少し「能力がないことによって、自信に満ちあふれている」くらいでもいいように思います。
 これは面白いご意見です。自分もそうあるべきと思いながら、今の医学・生物学レベルまで遡って考えてしまって、決断できない場面に多く直面します。むしろ何も知らない方が決断しやすいのかもしれません。
2015-05-31 Sun 19:23 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>安倍くんの勘違い
 安倍くんは、米国のみならず日本でも(米国で言ったことは日本でも当然報道されるのですが)祖父の岸信介の自慢話をしていますよね。でも、岸信介は首相としてはもっともダメの部類で、それは、その前後の石橋湛山、池田勇人、佐藤栄作と比べてみても、客観的に見てもっとも評価が低いでしょう。60年安保を功績の様に唱えていますが、岸は安保の混乱で辞任し、その後の首相が、高度経済成長、沖縄返還で盛り返したものの、現在までその矛盾は蓄積し、1990年代以降、沖縄問題が顕在化しているのが定説というか現状です。これに気づいていないのは自分だけではないでしょうか。祖父程度を偉いと思っているあたりが首相をナメていると思いますね。

 一般的に言えば、もちろん祖父が首相であることは誇って良いことですが、自分が首相ですから、そんなことでよいはずなくて、祖父はだめだったから、と上を目指さないといけません。それでは、DAIGOくんが竹下登が祖父で首相だったのをギャグにするのと同レベルです。DAIGOくんはもっと偉くてギャグにしても自慢はしていません。そら祖父が首相であることは誇れても竹下登自体は誇れないでしょう。

>むしろ何も知らない方が決断しやすい
 難しいところですね。困難をわかっていながら、「カラ元気」というか「カラ自信」のようなものも時には必要でしょうね。

2015-05-31 Sun 21:33 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
安陪くんのケースは問題外ですね。
とにかく答弁はなってないし、どうしても日本を戦争に巻き込みたいみたいですし、相続税の改悪なんか中間層を潰して大金持ちか貧乏人の世の中を作ろうとしているとしか思えません。
また歴史に学ぼうという姿勢が皆無です。いや欠如ですね。
安陪くんに限らずですが、偉い立場の妹の夫が「歴史にもしもはないから」と私の言う事を一笑に伏しました。かぐやの総責任者だったんですが、過去の歴史を洗い出して、同じか同じような失敗を繰り返さないようにした結果が・・・と思っていましたが、そうしたのは妹の婿さんではなかったようです。歴史に「もし」があるから、それを考えて同じ失敗を繰り返さないように歴史を学ぶんですが、偉くなるとそういった事は別の人が考えるようです。人生も色々な事も全て歴史です。いい助手さんがおられたようで幸いでした。
これじゃ一般的な歴史の先生と変わりないです。出来事と年号さえ覚えておけばいいのと変わりないです。
まさか、JAXAの元教授がそういうバカな事を言うとは思いませんでした。幻滅しました。尊敬していたのですが。
これじゃ私が勤務していた某病院と同じです。私が意見を申しても一笑に伏されていつも同じ失敗ばかりでした。そして私が勝手にやったと責任を取らされていました。まるで反省も進歩もない職場でした。
まだ妹の夫の方がましですが。
酔っているので失礼な事を書いているのかも知れません。
2015-05-31 Sun 23:11 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
中井さん、
>歴史に学ぼうという姿勢
 個々の先生方についてのコメントはできませんが、一般的にいうと(日本の平均について言うと)、最近の科学プロジェクトはおっしゃるような情勢に変わってきていると思います。リーダーは枠内で仕事の優先順位をつけるのが仕事で、歴史を含めた大所高所からの判断は、有識者の助言委員会がするわけです。

 求められているものが違ってきていますから、だんだん人の資質も変わってきています。歴史に造詣の深い先生もいらっしゃるでしょうが、平均的には、一般的な歴史の先生以下でしょうし、その才能があったとしても、即効性を持って活用されるチャンスはそうとう減ってきているでしょう。また、政治屋手腕を誇るような先生も減ってきたように思います。

 問題は、このような風潮の副作用で、もちろん、安倍くんが首相をやっているようなのとはぜんぜんレベルが違うのですが、ものごとの方面によっては(たとえば大学教育で)それに近いことが起こりつつあります。国立の総合大学とは何か、ということをわかっていない人がぞろぞろと学長をやっているようです。

 個々の先生方の話はいっさいしているつもりはありませんが、何十人かの平均はそうとうの確度でこのような傾向になっていると思います。
2015-06-01 Mon 19:53 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさん

ご教授ありがとうございました。色々と書きたいですが、また迷惑をおかけするので。
ところで私の勤務していた病院は有識者は私1人だけだったのですね。院長兼理事長の独裁体制でしたので、陰で悪口をみなが言っても堂々と意見を申すのは私だけでした。
おかげで超悪者扱いでした。出世にも給料にも悪影響しました。みんな自分のことばかり考えて仰せのとおりです状態でした。年金にも悪い影響が出ました。
絶対に失敗する命令を下されても何とか少しでもプラスになるように奮闘していましたが、いい結果が出ると取り巻き連中の努力?の成果になり、想定通りいい結果が出ないと私が超悪者扱いでした。それでもこれだけのマイナスで済んだのは私の努力の成果です。
せめて上の策や中の策でなくても下の策でも命じてくれたらでした。下の下の策にも満たないバカな策を命じられて悪戦苦闘していました。
事情を知らない人たちは中井ってバカなんじゃないのかと揶揄されていました。
母に懇願されて母の仕事を覚えるために早く辞めたのですが、患者さんはどこかで会っても私に感謝してくれています。辞職するときは職場から散々に嫌がらせや虐めがありました。そんなに残ってほしいのなら素直に謝ればいいでしょうに。
そして私が去ってから相当状況が悪くなって往生していたそうです。今は私に代わる人がいて犠牲になっているのでしょう。見かけ上(あくまでも見かけ上です)上手くいっているようです。
歴史に学ばない職場の典型でした。
駄文失礼しました。
2015-06-01 Mon 22:37 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
中井さん、
 中井さんは、いわば「うるさ方のご家老」だったのですね。そういう人は、皆さん、心の中ではありがたい、偉いと思っていると思いますよ。でも、それを堂々と認めるかどうかは、決定的にその人の度量にかかっているのですよね。評価される側の度量ではなく、評価する側の度量です。
 
 「正論を堂々と言う、仕事もできる」なら文句なしのはずです。うまくごまかして済んだことにする人よりずっといいのですが、度量のない人は、ついつい、「でも、あの人は何々だから・・・」と不合理に人の評価を下げて、それでごまかしてしまうのですよね。そういう気持ちが生じることはわからないでもないのですが、私は、良い所が2つも3つもある人はまずは高く評価せねばならないと自分に言い聞かせています。欠点の1つや2つは誰だってありますから。

 「出る杭を打つ」というのは、世界共通の現象かもしれませんが、この不合理な理由をつけて人の評価を無理に下げてむりやり納得してしまう、というのは、日本人特有の精神構造かもしれません。大きな欠点だと思います。

 中井さんの器が周辺の人の度量に収まらなかったということだと思います。正直な心では高く評価されていると思いますよ。今回は、思い切り個々のケースに書いてしまって失礼しました。どうぞご容赦ください。これは一般化しても、日本の中程度の規模の職場では良くあることではないかと思います。これの改善策については、いろいろ考えるところはありますが、またぼちぼちの機会にさせてください。
2015-06-02 Tue 19:07 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
この週末はいろいろと出かけたりやることが多くてご無沙汰していました。

安倍くんの評価から話が進んでいた様ですね。

>「歴史にもしもはないから」
 歴史にもしもはないというのは、「歴史の中で選択されなかったことを評価しないで良い」ということではないですからね。

>国立の総合大学とは何か、ということをわかっていない人がぞろぞろと学長をやっているようです。
 そのような学長を選ぶ権力を持つ一団と安倍くんを選ぶ一団は同じということなのでしょう。

>正直な心では高く評価されている
 表立って言えない雰囲気の職場ならばなおさらでしょう。心の中では喝采を送っている人は思っているよりも多いと思います。
2015-06-02 Tue 23:08 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>「歴史にもしもはないから」

 ちょっと脱線しますけど、科学史なら「もしも」はあると思います。「ニュートンが万有引力を発見しなかったら」とか「誰々の実験結果がもっと早く公表されていたら」とか、けっこう大っぴらに議論されますよね。おそらくノーベル賞の選考でも、このような「もしも」は議論されているのではないかと思います。
 
 でも、この「もしも」は、あくまでも、科学上の発見の過程の構造の評価としてなされるもので、これによって業績の評価自体が大きく変わるものではないでしょうね。偶然だろうが紙一重の差だろうが、科学では第一発見の価値はゆるぎませんから。
2015-06-03 Wed 08:45 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>学長を選ぶ権力を持つ一団
特にわざわざそのような人を学長に選んでいる大した権力があるわけではないようです。単に、国からの予算の締め付けがきついので、無難そうな(つまりホネのない)人しか学長のなれないということのようです。

 本当は、国立大学の学長連が一致結束して国にもの申すとよいのですが、そういう気概のある人は初めから少数派で、全国的には多勢に無勢でどうしようもありません。それで、ホネのない人は、国からお金をもらうことに躍起になっているうちに、腑まで抜けてしまい、大学が何たるかもどうでもよくなるみたいです。以前にもご紹介しましたが、webで 「国立大学協会 各学長からのメッセージ」でも見てみて下さい。ほら、国立大学は財界の下請けが本務であると思っている人が半数くらいいるでしょう。グローカル化て何ですか。ご当地キティを作って売るのが大学の仕事なのでしょうか。

 実は私大も補助金漬けでひどいことになっているという話です。その予算や補助金の元は税金(および国債)なので、少なくとも、学長さん達が言っている方向で、文教予算の使い方を任せてよいものかいちど検討してもらうのは大事なことではないかと思います。
2015-06-03 Wed 19:26 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>特にわざわざそのような人を学長に選んでいる大した権力があるわけではないようです。
 そういう○○団はないでしょうが、日本社会の見えざる手という力が、学長選びに止まらず至る所に張り巡らされているように感じます。国民が大学に期待しなくなっているということであり、それを大学の堕落として自覚する知性もないのでしょう。何をか言わんやです。
2015-06-03 Wed 20:23 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>国民が大学に期待しなくなっている
 悲しいけどそういう傾向ですかもしれませんね。
 授業料が高いですから、学生の親は何も期待しないことはないでしょうが、払った授業料に見合う収入の見込める会社に就職させてほしいということでしょうか。国立大はともかく、私立では就職率を売りものにしている大学も多いです。
 学生本人の希望は、どうなのでしょうか。大学はそのへんがよく見えていなくて、国の意向ばかり覗うのかもしれません。各所において、当事者に大所高所を考える余裕も知恵もなくなり、大方針についての建設的な意見が出せなくなって、相対的に国のいうがままになっていることが多いようです。これは、絶対ダメです。
2015-06-04 Thu 06:43 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
かつて私は大学というのは金や権力よりも知を規範にしている人々の割合が高い集団という期待を持っていましたが、大学が大学の自治を放棄することで坂を転げ落ち始めたように見えます。
2015-06-04 Thu 09:10 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
悲しいかな今は「金」ですね。肯定的に見れば、科学の研究では、金がなくてもできる研究は概ねやりつくされ、あとは金が必要なところにしか謎は残されていない、といえば納得していただけますかね。うーん。必ずしもそうではないかもしれませんので、金のないアマチュアの研究者の方に、ひっくり返していただくのもよいかもしれません。

 幸いにして、日本では、「権力」はあまり関係ないと思います。そんな権力のある大した研究者はほとんどいません。国の言うことを聞いてお金をもらってくるのが最も偉いくらいです。2番手以下でも、研究内容次第で必要な資金は取れますので、あとは「知」で勝れば、世界の規範になれます。
2015-06-04 Thu 20:34 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>あとは金が必要なところにしか謎は残されていない
 そのようにも見えますが、昔もやはり富を使える立場の人が謎解きの利を得ていたように感じます。

>「知」で勝れば、世界の規範になれます。
 「金」との距離が近くなっているにしても、科学のフロンティアでの人間の「知」の値打ちが下がるものではないと感じます。
2015-06-09 Tue 14:59 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
アマチュア天文学の分野は、個人の工夫で世界に出て行けますので、健全だと思います。それから、日本の基礎科学の「ほどほどの重点領域」は、それなりの予算もあり、また、金権まみれにはなっていないので、欧米よりむしろいいかもしれません。
 
 最近、文化系を中心に国立大学の学部の無駄を省くような議論がされています。財政難の折から世の中に省くべき無駄は多いと思いますが、国立大学の学部は無駄に見えても若者がどんな価値を吸い上げてくれるかわからないのですから、「無駄な学部の廃止」は、世の中に他に無駄というものが一切なくなってから考えるくらいでも遅くはないのではないかと思います。つぶしても文句が少ない所からつぶす、声の大小で決めているわけですから、ものごとの順序がわかっていないですね。
2015-06-10 Wed 16:36 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター