33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
グローバルフォトウォーク2015 国際審査では一般投票もできるぞ!
2015-11-12 Thu 00:00
1511112.jpg8月31日に紹介したグローバルフォトウォークのKEK賞3作品が決まったという案内が来た。
 →グローバルフォトウォーク2015 KEK賞3作品決定

8カ国から3作品ずつ選ばれた24作品の中から、この後国際審査員による「グローバル大賞」と一般投票による「ピープルズ・チョイス賞」が選考されるという。
 →InterActions Physics Photowalk

一般投票による「ピープルズ・チョイス賞」のオンライン投票は下記のページで現在行われている。期間は11月9日(月)から30日(月)まで。
 →Vote Online

早速投票してみた。最優秀賞受賞者1名と一般投票者から1名をご希望の実験場へご招待、、、てなことにはならないだろうなぁ。
別窓 | 物理ネタ | コメント:11
<<小保方さんの博士号取り消し | 霞ヶ浦天体観測隊 | MacBookの冒険>>
この記事のコメント
ご紹介ありがとうございます。いずれも力作ですね。
一般投票の鑑識眼に期待したいと思います。

>一般投票者から1名をご希望
 得票順位を連単で当てた方は・・・というがあれば面白いですね。かすてんさんは、どちらへ行きたいですか? 
2015-11-13 Fri 21:42 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>どちらへ行きたいですか?
 INFN、SUPL、TRIUMFは印象の無い施設なのでそのかかから選びましょう。観光目当てですかが、イタリア、オーストラリア、カナダ、どこもいいなぁ。
2015-11-13 Fri 22:59 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
どれも、いいですね。SUPLについてはまったく知りませんが、INFNとTRIUMFはそれぞれ加速器実験の老舗です。TRIUMFは1970年代のKEKと同じ頃に陽子加速器を完成させたので親しみを持っていますが、行ったことはありません。
 INFNは世界最初の本格的な電子陽電子型加速器ADONEを擁する研究所で(現在はDAFNE(DAΦNE)というのになっています)こちらも親しみがあります。いくつかの研究機関に分かれていますが、本部のあるローマ・ラ・サピエンツァ大学と、加速器のあるフラスカティ研究所には行ったことがあります。いずれもローマの遺跡の観光やグルメ(ワイン)には良いところです。
2015-11-14 Sat 08:55 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
CERN、FNAL、SLACなどはKEKができる以前から世界的に有名でしたが、いずれもいまだに現役ですね。高価な施設ですからそう簡単に廃止できないか。
2015-11-14 Sat 16:47 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>FNAL、SLAC~高価な施設ですからそう簡単に廃止できないか

 それでも、FNAL, SLACでは、主力の衝突型加速器による高エネルギー実験は運転終了してしまい、次の建設が具体的に始まっているわけでもありません。FNALでは、ミュー粒子とニュートリノの素粒子研究のための加速器運転が続いていますが、SLACは放射光利用が主となっています。

 今後の加速器実験は、超大型の衝突型加速器実験は専門の国際研究所を設立してそこで行い、その他の実験は中規模の研究所のあちこちでやるようになるのではないかと思います。でも、SSC時代に方針が戻って、アメリカ政府が加速器実験に大金をつぎこめるとなれば、また、LEP, LHCを上回る世界最大の加速器をFNALとSLACの主導で国内につくることになるかもしれません。
2015-11-15 Sun 08:11 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>FNAL, SLACでは、主力の衝突型加速器による高エネルギー実験は運転終了
 そうでしたか。KEK-BのBelle実験がSLAC PEP-IIのBaBa実験を粉砕してしまったので、S.Uさんたちにも責任の一端がありますね。(⌒▽⌒)
2015-11-15 Sun 10:32 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>責任の一端
 そう言われると辛いですが、ここは、日本でのBファクトリー実験の発展継続計画を可能にし認めて下さったすべての方々に感謝したいと思います。

 加速器は将来性の大きな「道具」ですので、最先端化と多極化の両方が必要だと思います。また、何らかの形でSLACの巻き返しがあるでしょう。
2015-11-15 Sun 10:47 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>加速器は将来性の大きな「道具」ですので、最先端化と多極化の両方が必要だと思います。
 現在、加速器というと巨大な施設をイメージしますが、かつて大きなビルの容積を必要としたコンピュータがいまやポケットに入る大きさになったように、一家に一台加速器の時代が来るのでしょうか(以前サイエンティフィックアメリカン誌で卓上加速器の記事を見たことがあります)。
2015-11-15 Sun 22:17 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>一家に一台加速器の時代
 これは、来ないとも限りませんね。何に使うか? 診断用とか医療用でしょうか。卓上加速器についてはよく知らないのですが、新アイデアの加速方式がいつくか研究されているので、いずれ実用化されるものもあると思います。

 問題は、放射線ですね。ガンマ線と中性子線を小さな物質で遮蔽するアイデアは今はないので、これが出来れば、原子力工学にとってこっちのほうがさらに偉大な技術になるかもしれません。
2015-11-16 Mon 08:26 | URL | S.U #7IhYokTA[ 内容変更]
>卓上加速器
 テレビのブラウン管や電子レンジも、加速器と言えば加速器ですから、すでに一家に一台の時代に入っていたのかもしれません。

>新アイデアの加速方式
 それは大型の施設とはかなり違う方式なのですか?
2015-11-18 Wed 17:19 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>新アイデアの加速方式
 現代の通常の加速器は、高周波電場を用いていますが、レーザー・プラズマ加速器とデジタル加速器というのが現在開発されています。これらの方式と小型化の関係はよく知りません。新方式は小型化指向ではないかと思います。
 小型加速器が「単路」の場合はどうにかして電圧をかければよいのですが、「周回路」になりますと電位差にどうしても時間的な切り替えが必要になり小型であることが問題になってきます。(マラソンコースの高低差の原理ですね)
2015-11-19 Thu 08:08 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター