33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
冬来りなば春遠からじ、それでは困るのだ。
2015-12-20 Sun 00:00
1512172.jpg年越しまで残り十日というのに例年に比べるとたいして寒さを感じていない(にもかかわらず不覚にも風邪をひいてしまったが)。厳しい寒さがやって来ていないということは林の中はまだ藪の勢いが衰えていないのだろうなぁ。この冬の間にぜひ行ってみたいお城が何箇所かあるのだが、藪が落ち着くのを待っていたら春になってしまうかも。いまから焦るなぁ。
シーイングの悪さに目を瞑れば晴天率の高い冬場が関東での安定した天体観望シーズンだが、藪の勢いの衰える冬季はお城歩きのシーズンでもある。冬来りなば春遠からじ、どちらにとってもそれでは困るのだ。
別窓 | 雑感 | コメント:0
<<アベノミクス、敗北どころか輝かしい勝利だろう? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 霜の降りた快晴の朝 冬まじか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター