33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
スーパーマーズ?
2016-05-30 Mon 00:00
・5.31 火星が最接近「スーパーマーズ」、観察の方角・時間帯は
 火星の最接近は明日5月31日だが、天気下り坂の関東で次に火星が見られるのは2日後になりそうだ。
1605291.jpg 火星接近を紹介した記事に「月が地球に最も近づくことを「スーパームーン」と呼んで天体観測を楽しみますが、同じように火星が地球に最接近することを「スーパーマーズ」と呼ぶようです。」とあった。始めて耳にする「スーパーマーズ」、いつからそう呼ばれているのだろうか?
別窓 | 話題いろいろ | コメント:4
<<火星スケッチ 2016年04月〜05月 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 「小野小町文芸賞」に挑戦 2回目>>
この記事のコメント
お晩でございました
お久しぶりです。「星のふるさと」以来のコメントですm(__)m
本当!ワタシもスーパーマーズなんて言葉、生まれて初めて耳にしました(-_-#)
2016-05-31 Tue 20:58 | URL | 孤星 #-[ 内容変更]
孤星さん、こんばんは。
やはり初耳でしたか。
2003年の超超大接近の時は自分は天文復帰していなかったので天文業界以外でどのように扱われたか知らないのですが、少なくとも2007年以降で火星接近が天文業界以外で話題になったのはここ数日間なのではないでしょうか。なのでスーパーマーズの歴史も2〜3日ってところでしょう。今日見たものにもおかしなのがあったので明後日頃に紹介しようかと思っています。
2016-05-31 Tue 23:09 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>スーパーマーズ
 私も初めて聞きました。

 なんか言葉として違和感があります。「スーパー」というのは「~を超える」という意味だと思うのですが、ある1周期のうちでいちばん近い火星を言うならば、1周期のうちに距離の最短があるのは数学的に自明ですから、それははじめから織り込み済みで「スーパー」でもないように思います。「スーパームーン」もしかりです。40人のクラスでいちばん運動ができる人が「スーパーマン」ではおかしいですよね。

 これまでの延長で予想できないような事象が起こったとか、質的に意味が違うことが起こったならば、たとえば観測史上最大とか、自己記録更新とか、偶然に他の現象と重なったとかならまだわかるのですが、・・・理屈っぽくてすみません。
2016-06-01 Wed 08:41 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
やはりS.Uさんも初耳ですよね。

>「スーパー」というのは「~を超える」という意味〜
>40人のクラスでいちばん運動ができる人が「スーパーマン」ではおかしいですよね。
 面白い例えですね。そして、今年スーパーマーズって言ってしまって、2年後もスーパーマーズですかね。さらにその2年後に小さくなってもスーパーマーズなのでしょうか?って理屈こねながら今夜の記事を書いています。
2016-06-01 Wed 19:17 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター