33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
梅雨明けの青空
2016-07-30 Sat 00:03
1607291.jpg透明感のある昨日の青空。明け方も素晴らしかったようだ(→ほんのり光房:明け方の美しい星空にISSの通過)。

明るいうちに帰宅できたので、久しぶりにルーフを明けて観測小屋を点検・掃除。火星の季節も終わりTS-65PをEdgeHD800から下ろした。

1607292.pngそれでもYahoo!天気予報は我が道を行く。
別窓 | 雑感 | コメント:12
<<田舎のまちは人生の実験場 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ポケモンGOの不気味さ 人間はオカモノアラガイか?>>
この記事のコメント
昨日(7/29)の明け方、それから夜もきれいに星が見えました。夜は、天の川がはくちょう座からいて座の近くまで淡くですが見られました。それから、さそり座の頭を火星と土星が挟んで、ちょうど五芒星の形になっていました。

 話が前後しますが、明け方の空にはオリオン座が昇っていました。そこで、ベテルギウスが私の今までの経験で記憶にないほど明るく見えました。リゲルより少し明るいくらいでした。私は、赤い星を明るく感じる傾向があるので、多少の補正が必要ですが、0.1~0.2等というところだと思います。また、早起きされる機会があればご確認お願いします。
2016-07-30 Sat 05:23 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
昨夜は0時頃寝る前に空を見たら、少しもやっとした感じでしたが割と星は見えていました。

ベテルギウスの国内の観測者による最近の光度変化曲線は以下で見られると思います。最後のデータは4月中旬ですのでさらに明るくなっていることもありそうです。
http://goo.gl/bGXE55
S.Uさん情報を頼りに、この夏のベテルギウス観測一番乗りをしようと思いましたが、明日の明け方まで天気は保たないかもしれませんね。
2016-07-30 Sat 06:18 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>ベテルギウス観測
 今朝(7/30)はさらにきれいに空が澄み晴れましたが、いかんせん起きるのが遅すぎて、星はもう2等星くらいまでしか見えませんでした。
 
 すみません。多少の質問ですが、わかりましたらよろしくお願いします。

・ご紹介のベテルギウスの国内でのグラフを見ますと、1年強くらいの周期性が見えますが、これは本当にこういう効果があるのでしょうか。ベテルギウスは半周期型で約2000日の周期だと聞いています。1年程度の周期はミラ型に多いですけど、そういう成分もありうるのでしょうか。

・今回、ベテルギウスの光度を0.1~0.2等と見積もったのは、リゲルを0.1等としてそれと比較したものですが、私には、リゲルが0.1等の明るさだとはあまり思えません。0.3か0.4等くらいにしか見えません。たぶん、色の違いによる感覚の違いだと思います。変光星な人の中にも似たようなことを言う人はいますでしょうか。
2016-07-30 Sat 07:46 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>1年強くらいの周期性
 ベテルギウス、最近は400日くらいで変光しているみたいです。こんな曲線でいかがでしょうか。AAVSOのデータで10000日分の曲線をつくってみました。10年ほど前から周期が短くなっている様です。長周期の中に短周期が重なっている様にも見えます。
http://goo.gl/fuhftK

>色の違いによる感覚の違い
 これはあるようですよ。私も赤を若干明るく見る様で、確か西洋人もその傾向だと聞きました。それでも、ベテルギウスとリゲルには格段の光度差があると思っていますので、同じくらいに見えたというS.Uさんの報告を自分でも確かめたいです。
2016-07-30 Sat 18:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
ご教示ありがとうございます。
 ベテルギウスの変光は複雑そうですね。周期が変動しているのか複数の周期があるのかわかりませんが、400日程度の成分はありそうですね。

 最近のネットの記事を見ると、今や時は来たり、我々が生きている間にも超新星爆発を起こしかねないような雰囲気があります。でも、よもやそういうことはなく、こういう傾向はすでに何千年か続いているのだと思います。でも、ひょっとするとひょっとするので、頻繁に見張っておくに越したことはないと思っています。

(附記)上の入力で、認証用数字が、"1111"でした。これはベテルギウス、近々、大当たりかも・・・
2016-07-31 Sun 07:28 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>こういう傾向はすでに何千年か続いているのだと思います。
 私もそう思いますが流石のAAVSOも36000日(100年弱)ほどのデータを持っているだけです。
http://goo.gl/igiVxb

>"1111"でした。これはベテルギウス、近々、大当たりかも・・・
 観測中に爆発したら、、、。自転軸の方向からするとガンマ線バーストの直撃はおそらく無いらしいですが、どんな光景が見えるんでしょうね。衝突直前のアンドロメダ銀河も見てみたいですが。
2016-07-31 Sun 08:43 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>どんな光景が見えるんでしょうね
 月夜のように夜でも地上のものがはっきり見えるくらい明るくなるということですね。ガンマ線についても気になります。地球の上層大気までどの程度のエネルギーのものが届くのでしょうか。ガンマ線はエネルギーによって反応がまったく違いますね。

>衝突直前のアンドロメダ銀河
 これは突然大衝撃が生じるわけではないので、天の川くらいの明るさの特大のマゼラン雲みたいに毎夜毎夜見えるだけで、その時代に住む人はその光景に慣れてしまって何とも思わないと思います。
2016-08-03 Wed 08:41 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>その時代に住む人はその光景に慣れてしまって何とも思わないと思います。
 確かにそうですね。銀河面同士に角度があるとふたつのミルキーウェイが見えるでしょうし、もっと近づくとほぼ全天が天の川で覆われるようになりそうです。却ってつまらないかも。
2016-08-05 Fri 07:44 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
今日(8月25日)早朝、ベテルギウスを見てみると、すでに薄明前にある程度の高さまで昇るようになっていました。それで、リゲルと明るさを比べてみると、私には、ちょうど同じ明るさに見えました。
 私は赤っぽい星を明るく見ていることが経験上わかっているので、本当は、ベテルギウスがリゲルより0.1~0.2等くらい暗いのだと思います。

 変光星の専門家の方はどのようにご覧になるでしょうか。

 私が子どもの頃は、ベテルギウスがリゲルより文句なしに暗かったです。それから、今、δ Sco も明るいし、人の一生の間に、こんな変化が起こるとは驚きです。
2016-08-25 Thu 19:18 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
早起きできないのでなかなか見る機会が訪れません。
2016-08-26 Fri 22:19 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>早起きできない
 では、現在、早起きしなくても見られる別の星についてお尋ねします。ペガススのハナに ε Pegという2等星があって、これが昔はもっと明るかったように思います。

 Wikipediaの日本語版で見ると、この星は1970年代に増光と減光をしたようなことが書かれています。
 ところが、そのような観測は、AAVSOのライトカーブには明瞭に出てきませんし、他のサイトでも、1970年代以前の光度観測データは、ほとんど見当たりません。当時の観測記録についてご存じでしたらご教示下さい。
2016-08-27 Sat 07:30 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>ε Pegという2等星があって、これが昔はもっと明るかったように思います。
 これに答えられるのは、中井さんかmeinekoさんだと思います。
2016-08-28 Sun 08:09 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター