33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
「ES細胞の混入」を示唆する情報は全て間違い
2016-09-08 Thu 00:00
・「STAP細胞事件」-「ES細胞の混入」を示唆する情報は全て間違いだった
 何も証明していないのだから間違い以前に証拠能力がないと思う。

・「STAP細胞事件」-理研が小保方氏に対する告訴を断念した理由
別窓 | STAP事件 | コメント:7
<<佐渡の天の川 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 8月の晴天日数>>
この記事のコメント
>何も証明していないのだから間違い以前に証拠能力がない

 はっきり言えることは、自然科学研究は「性善説」にもとづいて進められているということです。

 ある学界あるいは学会で、たとえ研究に不備があるにしろ結果に納得できない他人の研究を、確たる証拠もないのにやれ捏造だやれデータの混入だとデータそのものが出発点から間違っているような疑いをかけることが許されるならば、研究以前のところで学会は立ち往生し、その学問分野は進歩しなくなってしまうでしょう。研究というのは、どれも誰もやっていない試みの途中経過報告と言えますので、不備があるのは当然のことです。そういうことは、普通の研究者はみな知っていることだと思います。

 学会や論文誌は、国家や裁判所とは違います。学会が国会か裁判所であれば、科学は古代ギリシア、ローマ時代から進歩しなかったことでしょう。そういうのは、中世ヨーロッパの発想ですね。
2016-09-08 Thu 08:21 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさんの仰る通りだと思います。
何故今の日本の学界や論文誌がこのようになったのでしょうか。
損はあっても得はないと思うのですが。
2016-09-08 Thu 23:18 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>どれも誰もやっていない試みの途中経過報告と言えますので、不備があるのは当然のことです。そういうことは、普通の研究者はみな知っていることだと思います。
 科学界のためとか言って小保方さんに集中砲火を浴びせていた連中は、東大医学部の不正問題にはだんまりなんですかね。不備と不正の区別もつかないはずはないのですが。
2016-09-09 Fri 00:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>何故今の日本の学界や論文誌
 研究者でありながら、研究者と検察官の区別がつかなくなってきたのかもしれません。

 検察官は、とにかく訴追して裁判官に判決を出してもらわないと職務が完結しないので、無理してもいいかげんでも証拠を挙げて白黒はっきりさせたがりますが、これはある程度やむを得ないでしょう。

 しかし、研究者は「全体的に学問を発展させる」ことが第一使命であるので、学問の発展に寄与しないことには与しないのが普通です。たとえば、学会発表の質疑応答で、検体サンプルに不純物が混合している可能性が疑われた場合は、

・サンプルはどのようにして、収集・作製しましたか?

・実験結果に影響を与えるような不純物の混入に対して、どのような対策を行いましたか?

というような質問をするはずです。これらは、サンプルの信頼性を尋ねるとともに、後続の研究に役に立つ建設的な質問です。(このへんは、かすてんさんのほうがお詳しいかも知れませんが) 研究者の質問はこのあたりまでです。それ以上の詳細は、著者グループ内部で克服されているはずの問題です。

 ですから、ここで、

・ES細胞が混入したりしていませんか?

などという質問をする人はいません。著者グループが学会発表をする以上は、明白に問題になることがわかっている混入の可能性が除去されているのは当然で、どういう答えがなされるかはすでにわかっています。こんな質問は、時間の無駄だけでなく、他人の研究の足を引っ張り、学会の権威を損なうもので、まともな学会なら10年に1回くらいしか聞かれないと思います。

 検察が動けない問題は研究者が何とかしないといけないという妙な使命感に燃えているのかもしれませんが、それでは本末転倒です。
 一般的な推論ですが、もはや研究者に向かなくなった人がそういうことをしているのかもしれません。(失礼なことを言っているつもりはありません。研究者に向かなくなったのはやむをえませんが、その場合でも若い研究者の足を引っ張るのはよくないという当たり前のことを申しているだけです)
2016-09-09 Fri 07:01 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>研究者は「全体的に学問を発展させる」ことが第一使命であるので、学問の発展に寄与しないことには与しないのが普通です。
 そもそも、研究に忙しい人には他人の粗探しをしている暇がありそうにないです。

>一般的な推論ですが、もはや研究者に向かなくなった人がそういうことをしているのかもしれません。
 上の続きになりますが、研究者に向かなくなった人だから、他人の粗探しをしている暇と意味が出てくるのだと思います。

>(失礼なことを言っているつもりはありません。研究者に向かなくなったのはやむをえませんが、その場合でも若い研究者の足を引っ張るのはよくないという当たり前のことを申しているだけです)
 全くですね。
2016-09-09 Fri 20:33 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>もはや研究者に向かなくなった人
 「研究者に向かなくなった人」といえども、教育普及活動、他分野との交流、官僚との交渉、研究予算の確保など、重要な仕事はいくらでもありますので、それらの仕事で成果を挙げられる限りは、引き続き堂々と研究者を名乗っていただいてよいと思います。

 それでも、自分には政治的使命(手腕)があると錯覚して、人に踊らされヘタに動いて後続に迷惑をかける人たちが少なからずいるのは、なんとかしてほしいです。
2016-09-10 Sat 07:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>引き続き堂々と研究者を名乗っていただいてよいと思います。
 私の知っている立派な先生方は、最先端の研究の場から離れ始めるころから、後進の研究環境を整えるような活動をされていました。少なくとも、他所の研究室の若者の足を引っ張るような方は見受けませんでした。
2016-09-10 Sat 08:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター