33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
祝島
2016-09-12 Mon 00:00
・中電の恫喝訴訟を撃退した祝島のたたかい

・中電のスラップ訴訟を撃退した祝島の戦い!~多くの人の連帯を呼びかけます。

・内田樹:生前退位について

・内田樹:50代男性のための雑誌に書いた結婚論
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:7
<<今年の人間ドック | 霞ヶ浦天体観測隊 | 著作権と著作者人格権>>
この記事のコメント
>中電のスラップ訴訟を撃退した祝島の戦い!~多くの人の連帯を呼びかけます

 国民に裁判に関心を持ってもらう、という理由で「裁判員制度」が始まりました。しかし、裁判に関心を持つのであれば、もっとも有効なのは、訴訟の支援団体の活動に参加することです。

 裁判員は、お上から勝手に事件アサインされ、活動内容も他人には秘密です。こんなことでは関心が持てるかどうかもわかりませんし、活動に張り合いがないかも知れません。。いっぽう、訴訟支援団なら、自分の興味のある問題に取り組み、成果はどんどん拡散できます。拡散自体が支援になります。
2016-09-12 Mon 07:19 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>裁判員は、お上から勝手に事件アサインされ、活動内容も他人には秘密です。こんなことでは関心が持てるかどうかもわかりませんし、活動に張り合いがないかも知れません。
 おまけに、裁判員の総意とは反対の判決を出された日には裁判員制度の意味もなくなります。
2016-09-13 Tue 08:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>裁判員制度の意味もなくなります
たぶん、裁判官の人手不足を繕うのと、徴兵制の合憲解釈化に向けて憲法18条(「又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない」)に風穴を開けるのが目的と思います。言っているような意味は始めからないものと思います。

 残虐な遺体の写真を裁判員に見せ、それでPTSDを起こした元裁判員と法廷闘争になったら、和解はせずに、辞退も含めて制度の緩和で対応しました。

 制度を緩和してしまったら、制度の意味も無くなり、裁判にも支障もきたすはずです。改めるのなら、凶悪犯罪事件の裁判を裁判員裁判の対象にしなければ済む話なのに、そうしないのは、裁判員制度のインパクトを残し、徴兵制に匹敵しうる名目上の国民の義務として残すことが目的になっているからだと思います。
2016-09-13 Tue 20:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>徴兵制の合憲解釈化に向けて憲法18条(「又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない」)に風穴を開けるのが目的と思います。
>徴兵制に匹敵しうる名目上の国民の義務として残すことが目的になっているだと思います。
 「徴裁判員制」であることが唯一の目的と言えます。
2016-09-13 Tue 20:57 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>「徴裁判員制」であることが唯一の目的
まさに『徴』!
 制度の実効や条件の緩和などはどうでもよいことで、基本的に赤紙一本で一般国民を徴用できるということがこの制度の本質的な存在意義なのです。
 
 そもそも裁判員に当たる確率は、1年あたり1万人に1人程度だそうです。毎年希望しても一生やらせてもらえないような制度に、国民のためになる実効があるとは思えません。教育普及目的だったら、希望者の先着順にするのが普通ですよね。そうすると「徴裁判員制」にならないからやらないのでしょう。
2016-09-13 Tue 21:56 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさんのご指摘で、「裁判員制度」は中身などどうでもいいことで、『徴ー制』という形式に国民を馴れさせることがただ一つの目的だったことが実感できました。
2016-09-13 Tue 22:01 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
ご賛同ありがとうございます。この際、だめ押しの根拠を追加させていただきます。

 裁判員制度の理由として、一般国民の感覚を裁判に反映させるのだ、というのも挙げられています。これもおかしな話です。よくこれだけバレバレのウソの説明で固めたとしかいいようがありません。

 残虐な遺体が生じるような極悪事件や、被告人が殺人犯かまったくの無実かわからないようなミステリーに、一般国民の常識的な感覚を動員してどうしようというのでしょうか。常識が通用する凶悪事件などないでしょう。そこで冷静な判決ができるのは、常識人ではなく、あらかじめ素質のある人か、この方面の趣味のある人ではないかと思います。

 一般国民の常識がより必要なのは、個人の財産や権利、労働や行政に関する民事裁判だと思いますが、民事裁判は裁判員制度の対象になっていません。
2016-09-13 Tue 22:33 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター