33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
高速増殖炉常陽まで35km
2016-09-18 Sun 00:00
1609161.jpg・もんじゅ廃炉調整 県内関連施設、影響は必至
 事故によってもう虫の息だと思っていた高速増殖炉常陽だが、Wikiを見ると、「2007年にMARICO-2と呼ばれる照射試験用実験装置の上部が大きく破損する事故が発生したため、炉の運転休止を余儀なくされている。(2014年11月28日復旧完了)」とあって、今年一月時点では年内に再稼動へ向けて安全審査動申請をする予定だったようだ(→原子力機構、「常陽」再稼働へ 16年度中に安全審査申請)。もんじゅが廃炉へ向かう流れになってきたおかげで常陽の存在意義も無くなってくるのでまさか再稼動は無いとは思うし、国道51号線から150m、ガルパンで盛り上がる大洗の町から5km、水戸県庁から10kmちょっと、我が家から35km、筑波研究学園都市からも50km弱しか離れていない場所での高速増殖炉再稼動は狂気の沙汰だ。まぁ、筒井康隆氏が喝破したように『狂気の沙汰も金次第』という輩のやることだからまだまだ何をしでかすかわからないのでこれからも監視が必要ではあるが。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:24
<<豪雨の爆弾か? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 泥縄ポーランド語 一月後にはどこまで?>>
この記事のコメント
>筑波研究学園都市からも50km弱

 私がもっと問題だと思うのは、東海村に日本原電と日本原子力機構の核燃料サイクルの研究所があることです。大洗の研究施設も民間の原発会社も意義のあるものなのでしょうが、近いところに固めてあるのは、核物質を製造する設備とそれを処理する研究施設が隣同士であって極めてリスクが大きいと思います。喩えれば、消防車が火薬を積んでいるようなものではないでしょうか。こういうのが問題にならないのはおかしいように思います。

 それからの連想でいうと、日本海の海上自衛隊・舞鶴基地の隣に、わざわざ高浜原発を作った意図もよくわかりません。これも、消防車に火薬搭載で、こういうデザイン、政治家や専門家は気にならないのでしょうか。私が心配性であるだけならいいのですが。でも、どちらも(茨城も京都・福井も)ある意味私の地元に近いのですが、大丈夫だという説明も聞いたことがありません。
2016-09-18 Sun 08:40 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>消防車が火薬を積んでいるようなもの
>海上自衛隊・舞鶴基地の隣に、わざわざ高浜原発を作った意図
 またまたわかりやすい例えをありがとうございます。こう聞かされて、一瞬でも「安全?」の文字が頭に浮かばない人はいないでしょう。会議室を出る頃には忘れているとは思いますが。
2016-09-18 Sun 10:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>会議室を出る頃

 これらは、日本の原子力政策と日本海防衛の要石ですから、責任のある人にとっては、会議室を出たら忘れるなどというレベルの問題であるはずはないんですけれどね。
 何かうまい策が考えてあるのでしょうか。

 でも、国民への説明がなければ、二言めには言っている「国民の安全・安心」にはほど遠いと思います。「すべては電力会社の都合の範囲での安全」というふうにしか私のような知恵のない国民には理解が及びません。
 
2016-09-18 Sun 11:28 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>何かうまい策が考えてあるのでしょうか。
 そもそも原発は事故を起こさない前提ですから、どれほど近くにあっても安全には影響しないのでしょう。消防車に火薬袋ではなくメリケン粉袋を積んでいるつもりで行く「策」ではないでしょうか。
2016-09-18 Sun 12:20 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>原発は事故を起こさない
 そうですか。
 でも、事故が起こらなくても、日本海側には、工作員とか潜水艦搭載型とか、人的要因もあるので、安心からはほど遠いように思います。

 政府が言っているほどの危険がないならば、自衛隊も迎撃何とかもイージス艦も買わなくてよくて良いのですが、実際には、買っていますしね・・・ そもそも、実際、こういうのがこの原発の近場に待機しているんですよね・・・ どう説明するんでしょう??
2016-09-18 Sun 12:53 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>日本海側には、工作員とか潜水艦搭載型とか、人的要因もあるので、安心からはほど遠いように思います。
 原発推進者の思考を代弁はできませんが、作った核爆弾をすぐ隣の自衛隊へ運び込めると考えた素晴らしいアイディアマンがいたのではないでしょうか。
2016-09-20 Tue 00:55 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
横槍失礼します。

それらの問題に関しては「もんじゅ」も同じですね。
どう考えても廃炉にするしかないのに、廃炉も含めて抜本的に考え直す必要があるとして年内に結論を出すそうですが、プルサーマル計画は見直すつもりはないそうです。
という事は第2の「もんじゅ2」でも作るんでしょうか。
あきれてものが言えません。
「もんじゅ」に懲りて高速増殖炉はあきらめるのがまともな頭の人なら考えるでしょうが、どうやらまともな頭の人は発言させてもらえないようです。
文殊様でないと解決できなような代物をバカな輩が解決できるはずがありません。
バカな輩が文殊様の名前を勝手に使うから罰が当たったんだ。それに懲りずに何度も同じような失敗を繰り返すでしょう。
本音は原爆を作りたかったんでしょうね。
2016-09-21 Wed 21:59 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>どうやらまともな頭の人は発言させてもらえないようです。
 本当にそうでしょう。あるいは怪死を遂げる方も多いようですし。
2016-09-21 Wed 23:50 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>本音は原爆を作りたかったん
 一定量のプルトニウムは保持したいけれども、現状はたまりすぎて困っているということではないかと思います。

 核燃料サイクルができないと、ウランも結局は有限の輸入資源でこの点石油と同じですから、原子力発電の日本での優位性が説明できなくなってしまう、というのが最大の理由と思いますが、そういう理解で正しいでしょうか。

 今後は、フランスから教えてもらうみたいです。ロシアも視野に入っているかもしれません。今後は、外交カードではないでしょうか。
2016-09-22 Thu 08:04 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさん

 >一定量のプルトニウムは保持したいけれども、現状はたまりすぎて困っているということではないかと思います。

そうなんですか。

 >核燃料サイクルができないと、ウランも結局は有限の輸入資源でこの点石油と同じですから、原子力発電の日本での優位性が説明できなくなってしまう、というのが最大の理由と思いますが、そういう理解で正しいでしょうか。

そのつもりで書いたわけではありませんが、結果的にはそういうことになりますね。

フランスから教えてもらうそうですね。そういっていました。ロシアも視野に入っているのかも知れませんね。

2016-09-22 Thu 23:02 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>一定量のプルトニウムは保持したいけれども、現状はたまりすぎて困っているということではないかと思います。
 推測ですので、確かなことはわかりません。

 プルサーマル、地下貯蔵などは、プルトニウム保持のための時間稼ぎとみることも可能ですが、公海の海底の地下に捨てるという検討も日本であって、これは将来的には核物質(核兵器)の国際的な廃棄方法として現実的かもしれないので、本当に未来永劫捨て去りたい部分もあるのではないかと思いました。
2016-09-23 Fri 07:54 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>今後は、フランスから教えてもらうみたいです。
 でもそのフランスだって日本がもんじゅにしがみついているのをいいことに日本を利用して高速増殖炉の実験をやらせているという構図だったように思います。そのフランスに教えてもらってどうするんだとう気がしますが。それとも最近フランスで高速増殖炉が上手く行き始めたのでしょうか。

ちょっと昔のページですが、もんじゅくんのわかりやすい話がありました。以前紹介したことがあったかもしれませんが載せておきます。
http://monjukun.blogspot.jp/2013/05/525q.html
2016-09-23 Fri 21:16 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>最近フランスで高速増殖炉が上手く行き始めた
 新たな計画を始めたという意味では、少なくとも技術的には、あるていどの目処が立ったのかもしれません。ロシアは一応送電しているみたいです。
 長い間止めていると人材がいなくなるし、研究しようという意欲もなくなってくるので、いずれにしても動いているところから教えてもらうしかないのではないでしょうか。
 
2016-09-23 Fri 21:31 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>新たな計画を始めたという意味では、少なくとも技術的には、あるていどの目処が立ったのかもしれません。
 少なくとも1960年代に初期設計を始めたもんじゅはいまや時代遅れでしょう。フランスやロシアに習って新しい高速増殖炉計画を立て直すことと交換にもんじゅを廃炉にするということになりそうですね。
2016-09-23 Fri 21:38 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>もんじゅくんのわかりやすい話
 後世に財産を残すという親心であれば、プルトニウムにして残すより、ウランのまま残すのがよいと思いますがね。ウランなら廃棄しろという話も起こらないでしょう。
2016-09-23 Fri 21:57 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>うん。むなしくなるよね。太平洋戦争のおわりの時期に、海軍も陸軍も外務省も「日本はもうだめだ」ってわかってたのにだれも本音ではなせなくて、終戦がずるずるながびいたのを思いだしちゃうよ。

これに尽きると思います。
もんじゅももう老朽化していて今更運用もなにもないでしょう。時代遅れで「もんじゅ2」でも作りたいのでしょうか。
どうしても負けを認めたくないのでしょう。
フランスにはいいように利用されるだけでしょうね。
最初に書いたように廃炉しかないのに廃炉にしたくないという輩は非常識です。

2016-09-23 Fri 23:25 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>終戦がずるずるながびいた
 負け方が悪すぎましたね。
 特攻隊とかいけませんでした。もちろん原爆もです。
 日本伝統の武士道に合いませんでした。

>「もんじゅ2」でも作りたい
 どうでしょうね。民間(電力会社)出資ならできるでしょうが、国立法人としては難しいような気がします。でも、核燃料サイクルにつて国民の支持があれば、どうしても必要というリクツを立ててまるめこんでくる可能性はあります。
2016-09-24 Sat 07:49 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>日本伝統の武士道に合いませんでした。
 ですね。責任ある者が(捕まってからではなく)潔く自ら非を認める姿がなかったのはその後の日本精神に於ける倫理への悪影響になりました。近頃は敗戦の責任を負った政治家・軍人らよりも落ちる政治家や公務員が多くなりました。
2016-09-24 Sat 17:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>日本精神に於ける倫理への悪影響
これからは、すでに死んだ人が遺書でいうならばともかく、まだ生きている人が大和魂だの武士の散り際だの言っても信じてはだめですね。言うだけで、自分は武士道と添い遂げるつもりなどなかったわけですからね。

>敗戦の責任を負った政治家・軍人らよりも落ちる政治家や公務員
 さらに言わせていただくならば、元経団連会長が天皇の生前退位の有識者会議の座長になるそうですが、真面目なサラリーマンを低賃金で働かせて塗炭の苦しみを与え、震災の直後にもかかわらず、税金や電力料金が上がると日本から出て行くぞと国を脅した亡国の経団連が、今さら、陛下のご在位に何を申し上げようというのか。口を出すだけでも不敬の極みであると思います。
2016-09-24 Sat 18:17 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>亡国の経団連が、今さら、陛下のご在位に何を申し上げようというのか。口を出すだけでも不敬の極みであると思います。
 語る値打ちもない者たちが金と権力を持ち亡国への道を整備しています。
2016-09-24 Sat 21:14 | URL | かすてん #-[ 内容変更]
>語る値打ちもない者たちが金と権力を持ち亡国への道を整備しています。

でしょうね。
日本はもうダメでしょうが、誰も公で本音を言わない。
言ったら自分がお終いだから。
でもそのお終いがもう迫っています。
2016-09-24 Sat 23:36 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>でもそのお終いがもう迫っています。
 なんでこうなってしまったのか、どうしたら治るのか、いろいろと考えています。とにかく国民に「体力」がなくなってきていることが問題ではないかと思います。カネと時間がない、国民の側に立つ権力者もスポンサーもない、ということが現象上の問題ですが、根本は、現代人が世の中の本質、すなわち、権力者は民衆の人権をいくらでも侵害しようとする本質について学んでいないのが大問題の一つではないかと思います。

 喩えれば、セールスマンは売り上げを一つでも伸ばそうとするのがその本質で、消費者は本当に良い物を少しだけ買いたいというのが本音なのに、セールスマンの言う通りに買うのが当たり前だと現代人は考えているようです。これでは、世の中の経済のバランスがガタガタになって当然です。

 売買はまだいいですが人権はいちど損なわれてしまうと、戦争で負けるか革命でもない限り回復できないので、憲法12条、97条には、国民の権利は不断の努力で守り、後世に信託せよと書いてあります。憲法に書いてありますから、過激思想ではありません。現憲法は「押しつけ憲法」かもしれませんが、それなら当時のアメリカは、日本との戦争も日本での革命もごめんだと思ってこういう条文を入れたのでしょう。今はいらんことをしたと思っているかもしれませんが、戦争や革命がごめんだという考えは変わっていないと思います。
2016-09-25 Sun 06:29 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>>日本伝統の武士道に合いませんでした。
 ですね。責任ある者が(捕まってからではなく)潔く自ら非を認める姿がなかったのはその後の日本精神に於ける倫理への悪影響になりました。近頃は敗戦の責任を負った政治家・軍人らよりも落ちる政治家や公務員が多くなりました。

うろ覚えですが20〜30年前の週刊誌の記事に、すでに明治20年頃には公務員の質の悪さが憂慮されていたと書いてありました。
武士(階級出身者)と違ってやる事なす事がいちいち卑しいんだとか。

この記事(連載?)もう一度読んでみたいのですが、どの週刊誌だったのかも覚えていなくて残念。

で、絶対に非を認めない官僚 ↓
(闇株新聞)
諦めましょう 笑

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-1831.html?sp
2016-09-25 Sun 08:44 | URL | 名無しSUN #tg.ia9sc[ 内容変更]
>なんでこうなってしまったのか、どうしたら治るのか、いろいろと考えています。とにかく国民に「体力」がなくなってきていることが問題ではないかと思います。
 やはり高齢化が問題でしょう。目先の数年とか長くても20年自分が楽に生きられれば国の将来のことなどどうでもいいと考える高齢者と、少なくとも70年先まで子供とさらに子孫に安定した社会を残したいと考える若い層では社会変革へのモチベーションが違うはず。ところが日本ではどうでももいいと考える年齢層が金と権力を握って、若年層の意見と行動を封じ込めているいるので、「社会の体力」は落ちる一方です。少なくとも被選挙権は65歳まででいいでしょう。

>人権はいちど損なわれてしまうと、戦争で負けるか革命でもない限り回復できない
 若い頃は、次の選挙で頑張って失った権利を取り戻す力になればいいと思っていましたが、そんなことは何一つ起こらず、坂道を転がり落ちるだけでした。最近は加速度が付いてものすごいスピードになってしまいました。

>アメリカは、〜戦争や革命がごめんだという考えは変わっていないと思います。
 その機に乗じて戦争をしたい日本の首相が戦争や革命がごめんだという憲法を変えるという歴史の皮肉が起きているようです。
2016-09-25 Sun 10:03 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター