33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
ノーベル科学3賞受賞者の流出と流入
2016-11-07 Mon 00:00
1611051.jpg・過去10年のノーベル科学3賞の受賞者の出身国と受賞時在住国
 他の人のTweetにもあるように、UKはUSへの流出も多いけど他国からの流入も多い。USへの流出はあってもどこからも流入が無い日本は確かに自前で受賞者を出してきているのはすごいけど、研究環境の悪化が進んでいるので将来は流出幅がどんどん太くなって、Japan→Japanは痩せ細ってしまうと思う。
別窓 | 雑感 | コメント:5
<<金本正之先生との出会い(その3) 記憶に残る講義 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 10月の晴天日数>>
この記事のコメント
 ここで流出とか流入とかいうのは、おもに国籍とか市民権のことになるのでしょうか。業績を挙げた時期と受賞時に住んでいる場所がよく対応しているかわからないので、これだけでは何とも言えないと思います。現代では、外国に長期滞在しても市民権まで得ていない人がほとんどでしょうし、単に住所というなら世界各国を渡り歩く研究者も多いので、たまたまそのときに住んでいただけという人もいるかもしれません。

 現代の日本が憂うべき状況にあるのはその通りと思いますが、それは日本だけではなく、US,UK,フランス、ドイツ、ロシアどこも似たような問題を抱えていて、一方的にどっちがどうだというようなことはないように思います。国ごとに競うより、世界全体として学問研究の環境をととのえるべき時に来ているように思います。
 それを前提として、日本は今後とも世界に負けないように、リードするようになってほしいです。
2016-11-07 Mon 15:56 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
南部先生や中村修二氏のことをすぐに思い浮かべましたが、受賞時に国籍とか市民権を得ていたという意味ではないかもしれないのですね。

>世界全体として学問研究の環境をととのえるべき時に来ている
 それはそうかもしれませんが、それでも研究の自由度が高く、広い裾野を作ることを許す環境のある国が求心力を持つと思いますので、人類全体の進歩を目指しながら、研究環境の魅力で国の魅力度を上げていかないと、やはり取り残されるように思います。
2016-11-08 Tue 13:10 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>やはり取り残されるように思います
 取り残されるのはぜんぜんダメですが、取り残されない方法は2通りありますよね。国内に良い施設を作って外国の人に来てもらって外国の人にもノーベル賞を取ってもらい、逆に日本人も外国の施設を使わせてもらうような損得のよくわからない国際協力を推進するか、それとも日本人の学生の教育に集中して力を注ぐかそのへんのところは議論があるのではないかと思います。
2016-11-08 Tue 18:32 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>取り残されない方法は2通りありますよね。
 今の日本の政治の流れではどちらもできないのではと悲観的になってしまいます。
2016-11-08 Tue 20:43 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>今の日本の政治の流れではどちらもできない
 人間の思想や努力を大事にしない政治、今日明日の自分の損得しか考えない政治ではどちらにしてもしょせんだめです。
2016-11-09 Wed 07:50 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター