33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
『天文年鑑』2017年度版
2016-11-22 Tue 00:00
1611201.jpg48冊目の『天文年鑑』が届いた。

来年2017年の見所はこんなところか。
 1月 1日 火星と海王星の大接近。
    3日 しぶんぎ座流星群極大。
 2月 中旬 エンケ彗星(2P/Enche)が観察好期(8~7等級)。
 4月11日 タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)が近日点通過(6~5等級)。
 6月12日 ジョンソン彗星(C/2015V2)が近日点通過(6~7等)。
 7月25日 水星食。
 8月 8日 部分月食。
   12日〜13日 ペルセウス座流星群極大。
12月14日 ふたご座流星群極大。
   末   本田・ムルコス・パジュサコバ周期彗星(45P)が近日点を通過。7等台まで明るくなる見込み。

いまや、こうした情報は『天文年鑑』が届いてからおもむろに探し始めるわけではなく、せんだい宇宙館「2017年の主な天文現象」などのお世話になることの方がはるかに多い。
別窓 | 星の本 | コメント:6
<<この程度の地震で停電!? | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今季も過去最高羽数を超える勢いのオオヒシクイ>>
この記事のコメント
毎年コメントせざるを得ない状況になっていますが、赤系統、日食の表紙のパターンが最近多いですね。
 私は、これまで41P彗星を眼視で見ることができていないので、来年はチャンスではないかと思っています。
2016-11-22 Tue 17:46 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>毎年コメントせざるを得ない状況になっていますが〜
 一言ずつは必要な状況ですね。
過去10年のカラーがわかる写真を撮りました。
http://blog-imgs-91.fc2.com/k/a/s/kasuten/1611221.jpg
確かに赤系が圧倒的に多いです。それも、ほとんど同じ様な色が続くという特徴もあります。また、日食は、2009、2011、2012、2017とこれも多いです。

>これまで41P彗星を眼視で見ることができていないので、来年はチャンスではないか
 45P(Honda-Mrkos-Pajdusakova)ですか?
2016-11-22 Tue 20:53 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>過去10年のカラーがわかる写真を撮りました
 色を見ると、おおざっぱには4色しかないと言えそうですね。
日食が多いのは近年に限った特徴と言えるのではないでしょうか。
 天体写真ではなく新設された天文台の望遠鏡の写真が多かった時代もあったように思います。

>45P(Honda-Mrkos-Pajdusakova)ですか?
41P/Tuttle-Giacobini-Kresak です。
 45Pは2011年にようやく見ることができました。
 周期5~6年の有名な彗星でも、条件よく見られる機会は案外少なく毎回見逃すものも生じます。6P/d'Arrestのように近日点が昔は近くて今は遠くなった彗星もあります。
2016-11-23 Wed 07:30 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
41Pは来春の接近時は5等台という素敵な予報が出ていますね。
2016-11-26 Sat 18:53 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
やっと41P/Tuttle-Giacobini-Kresakを撮影できました。まだ14等以下と思われます。核はしっかりしてますが、コマ/尾はかなり拡散してますね。現在ほぼ衝の位置なので大口径なら眼視で見やすいかも知れません。

http://kuusou.asablo.jp/blog/2017/01/25/8332973

(記:2017/1/25朝)
2017-01-25 Wed 07:34 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
現在14等台後半のようですが、尾もしっかり伸びていますね。ほぼ一晩中見えるようです。南中高度も63度ほど。
2017-01-25 Wed 18:52 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター