33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
Pajdušákováの発音は「パイドゥシャーコヴァー」でいいのか?
2017-02-04 Sat 00:00
45P/本田-ムルコス-パイドゥシャーコヴァー彗星が見頃ということだが、スロバキア人のPajdušáková女史の名前は本当に「パイドゥシャーコヴァー」が近い発音なのか確かめてみたくなった。昨秋日本に来たポーランド人のWitekはかつてスロバキアへ留学していたので彼に音声を吹き込んで送り返してもらうのが一つの手なのだが、今はもっと便利な方法がある。

Macでシステム環境設定の「言語と地域」を開き、スロバキア語を追加しそれを最優先言語にする。次にテキストファイルにWikiなどから「Pajdušáková」をコピペしておく。準備はこれだけ。QuickTime Playerで新規オーディオ収録を選択し録音開始したら、「Pajdušáková」と書いたファイルで編集>スピーチ>読み上げを開始を選択すると「Pajdušáková」をスロバキア語で読み上げてくれる。QuickTime Playerの」録音を終了し、必要な部分のみトリムする。

Pajdušákováの発音

音声合成ではあるがスロバキア語の発音ということには違いない。どのように聞き取れただろうか。カタカナで表すならば、「パイドゥシャーコヴァー」が最も近いように感じられた。
別窓 | 雑感 | コメント:16
<<1月の晴天日数 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今夜の空>>
この記事のコメント
>45P/本田-ムルコス-パイドゥシャーコヴァー彗星
 今朝、眼視で見ようと挑戦したのですが、はっきりとは見えませんでした。近日点過ぎて時間が経ったので拡散しているのかもしれません。また高度が上がってきたら再挑戦したいと思いますが、私の視力ではもう難しいかもしれません。

>「Pajdušáková」
 スロバキア語は面白そうですね。スペル通りに読むのでしょうか。šは、ポーランド語のszと同じでしょうね。エスペラント語ではŝなので、ザメンホフがスロバキア語を参考に、かつそれと違うように決めたのかもしれません。それから、スロバキア語もエスペラントも、「形式的に」二重母音をもろに母音文字2文字で書くのはないようで、「アィ」は"aj"と書かれるようです。áは長母音(アァ)のつもりでしょうか。ポーランド語もそうでしたっけ。ロシア語も少なくとも形式的には二重母音は無しだったと思います。

 ちなみに、ムルコスは、チェコ出身でスロバキアに移住していて、パイドゥシャーコヴァーと夫婦であったらしいということです(Wikipediaによる)。
2017-02-04 Sat 07:12 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
今朝の41Pと45Pを撮りました(下記URL)。45Pは大きく拡散してますので、光害や薄明があると見辛いかも知れません。C/2016U1や去年の252Pの見え始めの頃と似た感じです。

http://kuusou.asablo.jp/blog/2017/02/04/8350184

Macにそんな便利な機能があるなんて知りませんでした…
日本語表記はひと文字ごとに母音でしっかり区切れてしまうので、「ドゥ」や「コヴァ」あたりに違和感を感じてしまいます。他に書きようも無いんですけれど。
2017-02-04 Sat 13:52 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
みゃお様、
>45Pを撮りました
 確かにこのテの「拡散」はとても見られそうにはありません。高度が上がってくれば、40倍で見られる可能性はありますが、明日は天気が悪そうで、そのうちにますます拡散するんでしょうねぇ。
 年末年始に見とくべきでしたね。

2017-02-04 Sat 19:23 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさん、みゃおさん

我が家で薄明前に見ようとすると、2月10日以降になりそうです。その頃は8等くらいのようです。

Macの多言語機能を使えば知らない言語でも発音がわかって便利だと思って紹介したのですが、ヨメさんからGoogle翻訳のボタン使ったことないの?と笑われてしまいました。

Google翻訳で、スロバキア語を選んで「Pajdušáková」を入れて、左下のスピーカをクリックするのがもっと簡単でしたわ。ちなみに、それぞれで発音は同じですがイントネーションが若干違うことと、Macの声よりもGoogleの声の方が若干若く感じました。
2017-02-05 Sun 10:26 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
名前の発音問題は難しいです。
Pajdušákováさんの場合は違うと思いますが、先祖が移民だったりすると、出身国の発音だったりして、その国での標準的な発音と違ったりします。結局本人に確認するしか手がないようです。

名前では無いですが、Linuxをどう読むとか、問題になったことがありましたね。
2017-02-06 Mon 11:26 | URL | meineko #iqRvHKyU[ 内容変更]
>結局本人に確認するしか手がないようです。
 個々に当たるのは大変ですね。野生馬でモウコノウマ(蒙古野馬)という種がありますが、発見したロシアの探検家Przewalski氏の名前に因んでプルツェワルスキー馬とも言われます。しかし、Przewalskiというのはロシア表記ではなさそうで、ポーランドからの移民の子孫なのではないかと私は考えています。ただ、ロシア語読みでもポーランド語読みでもプルツェワルスキーにはならないんですよね。
2017-02-06 Mon 16:32 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>45P/本田-ムルコス-パイドゥシャーコヴァー彗星
 みゃおさんのお写真によると拡散しているようなので、低倍率がよいかと思って、今朝は10倍70ミリの双眼鏡で見てみました。何となく見えたように思いました。
 今朝は8等星の恒星と重なっていて、恒星をじっと見ると彗星は見えず、恒星から目をそらして漠然とみると、漠然と広がって全体が大きく見えるような感じでした。見えたとしたら7等台前半というところでしょう。

>Przewalski~ロシア語読みでもポーランド語読みでもプルツェワルスキーにはならない
 "prze"は、ポーランド語で読み方が悩ましいやつですね。カタカナ通りに「プシェ」でよろしいんでしょうか。ロシア語で、類する並びの単語は見たことありません(私はちゃんと勉強したことがあるわけではないのであてにはなりませんが)。この人の名は、ロシア語ではПрже・・・と綴るようですが何と読んだのか、「プリジエヴァルスキイ」に近いのではないかと思いますがこれも結局は本人に聞くしかない?
2017-02-07 Tue 12:07 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>"prze"は、ポーランド語で読み方が悩ましいやつですね。カタカナ通りに「プシェ」でよろしいんでしょうか。
 「プシェ」で良いと思います。
2017-02-07 Tue 19:46 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
今日、職場で実験グループの夕食会があったので、それぞれロシア人とスロバキア人に早速尋ねてみました。何度も発音してもらいました。

 「プルジュヴァルスキィ」と聞こえました。アクセントが「ヴァ」にあってそこだけ母音をちょっと長めに発音するようです。有名らしく、地理学者で馬の名前に反映されていることもご存じでしたので、発音も間違いないでしょう。

 もう一人のほうは、「パイドゥシャーコヴァ」と聞こえました。アクセントがシャにあってこれが少しだけ長いです。こちらも天文学者であることをご存じでしたので、間違いないでしょう。天文台名兼地名の「スカルナテプレソ」もナにアクセントをおいてカタカナ的に棒読みしたら、十分正しい発音と評価されました。
2017-02-07 Tue 19:58 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさんのお仲間はみなさん広く世界で活躍されている方々ですから耳を傾けたいです。

>「プルジュヴァルスキィ」と聞こえました。
 やはり少なくとも日本で使われている「プルツェワルスキー」ではなさそうですね。

>「パイドゥシャーコヴァ」と聞こえました。
 ヴァの伸ばし方が若干違うのかもしれません。
2017-02-09 Thu 20:34 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>「プルツェワルスキー」
 これを単純にロシア人の名前とみて、Пржевальский の字面を素直にカタカナ化しますと、「プルジェヴァリスキー」にしかならないと思います。
「ツェ」と読ましたければ、ロシア語でもポーランド語でも別の文字を使うことになりますね。ドイツ人名っぽくもないし、「プルツェワルスキー」はほとんど誤読です。
2017-02-10 Fri 18:40 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
Przewalskiさんの先祖にがポーランド人がいるはずというのは私の単なる推測ですが、ロシア人であることは最初から分かっていたのに、ロシア語の読みどころか英語読みも考慮せず、相当勝手なカタカナを当て誤読ということになりそうですね。
2017-02-10 Fri 18:49 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>Przewalskiさん
 ロシアの人に聞いたとき、この名前はポーランド系であろうということで同意してもらいました。しかし、はっきりとしたことはわかりませんでした。

 ロシア人の姓の数はとても多く、「同姓の家は何らかの親戚同士」といわれるくらいですので、ポーランド人と同じような姓を名乗る生粋のロシア人がいないとも限りません。極言すれば「何とかスキー」という姓はすべてポーランドっぽいということもできますが、何とかスキーさんが全員ポーランド系ということもないでしょう。
2017-02-10 Fri 20:51 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>「何とかスキー」という姓はすべてポーランドっぽいということもできますが〜
 それだけでなく、ロシア系の「スキー」さんは「sky」ではないかと思うのですが、ポーランド系の「スキ」さんは「ski」です。ここから先はどうでもいいのですが、Przewalskiさんがポーランド人だった時は「l」はほぼ有りえず「ł(エウ)」で、「プシェヴァウスキ」だったはずと考えています。
2017-02-11 Sat 12:20 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>、ロシア系の「スキー」さんは「sky」ではないかと思うのですが、ポーランド系の「スキ」さんは「ski」です

 このへんの議論もありそうですね。何にしてもますますポーランドっぽいですよね。
 さて、このPrzewalskiさんの生存された19世紀に遡って考えてみますと、この方は、本来はПржевальскийさんだったのですが、探検家として国際的に有名になる過程で、自分で考えて自分の名前をこのように綴ったということではないかと推測します。当時は、キリル文字の転写方法がちゃんと定まっていたとは思えません。現代日本人でも自分の名前を非標準のローマ字化する人がいますよね。Maskawa先生とか。

 そのさい、ポーランド式の綴りを意識して取り入れたのか、単になにも考えずにこのようにしたのかどちらともわからないように思います。
2017-02-11 Sat 13:07 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>国際的に有名になる過程で、自分で考えて自分の名前をこのように綴った
 国際的な活動を考えて表記を標準的なアルファベットにしたのではないかという推論ですね。この先はご本人に聞くしかなさそうです。
2017-02-12 Sun 10:17 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター