33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
何時間働けば終わるか分からないのは辛い
2017-02-22 Wed 00:00
・過疎問題の本質は教育問題

・仕事において「裁量がない」時の精神的負担は、想像するよりも遥かに大きい。
 自分にも、労働時間が長いことよりも、何時間労働するのか分からない方が辛かった時期がある。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:5
<<「唐船ドーイ」を弾きたい | 霞ヶ浦天体観測隊 | 春の苦味>>
この記事のコメント
私が若いサラリーマンの方々に言いたいことは、

・会社で勉強をさせてもらおうとは思うな。勉強は自分の意志と計画でやるべし。

・勉強は自分のため。仕事は世の中のため。ただし、プロだから、世の中のためでもその労力に見合うお金はしっかりもらうべし。(くれなかったら損したと思え)

 このへんがごっちゃになっていると精神衛生上悪いのではないでしょうか。
2017-02-22 Wed 18:47 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
耳が痛くなりそうなアドバイスですね。
私の場合はもっと卑近な問題で、今夜の仕事はここで終わるのか、もう一軒回るのかもう2軒なのかまったくわからず連れまわされていた時期は気持ちがしんどかったです。自分で仕事をするようになると、自分の裁量で仕事を段取りできるので、そういうしんどさからは解放されました。
2017-02-22 Wed 21:56 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>耳が痛くなりそうな
 (笑) これは若い時にいろいろやっていた時に、何が仕事で何が趣味で、何が裁量で何が強制的なのかわからなくなって悩んだ経験にもとづいたアドバイスなので、ベテランの方や悩んでおられない方は無視していただいてけっこうです。

>自分の裁量で仕事を段取り
 このへんもなかなか一筋縄でいかないこともありますねぇ。機器の不調の連絡を夜間休日に電話で受けることがあり、その修繕をどのタイミングでどれほど念をいれてやるかは裁量でできるのですが、不調を伝えられながら長時間ほうっておくわけにもいかず、またいいかげんな対処ですぐに再発しても自分が困るので、結局休日がなくなることもあり、こういうのは裁量といえるのかどうか。
2017-02-23 Thu 08:28 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
制約の中でではありますが、それでも自分の裁量でできることが多いのは自営のありがたいところです。全ての責任と裏表ですが。

修繕で思い出しました。この前NHKオンデマンドでLHC実験のドキュメント再放送を見ていたとき、若い女性実験物理学者がヘルメットをかぶり床板の下に潜り配線チェックをする場面がありました。それを見ながらヨメさんが、物理学者が自分でやるの?こういうことは業者がやるのじゃないの?というので、自分でやるんだよ、S.Uさんもこういうことしているんだよと言うと、へえ〜と驚いていました。理論物理学者のイメージはある程度定着していますが、実験屋さんの日常の姿はイメージしにくいのかもしれませんね。
2017-02-23 Thu 10:39 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>制約の中でではありますが、それでも自分の裁量でできることが多いのは自営のありがたいところです。

 昨今のサラリーマンが自分の仕事について見失っているものが多いとしたら、それは自営業者の減少によって見本がなくなってきたのかもしれません。以前は、小売店でも修理工場でも、個人経営でご機嫌によって「裁量」で客のためにつくしてくれたものです。今はチェーン店の「名ばかり店長」みたいなのが増えましたね。

>実験屋さんの日常の姿イメージしにくい
 物理実験屋は自分の装置やシステムは世界に一つしかないものというこだわりを持ってやっていますから、業者に全部をまかせることはできませんね。どちらかというと私らの子どものころの漫画に出てくる老博士がスパナを握ってハァハァ言いながら一晩で装置を改造してしまう、ああいイメージのほうがまだ近いかもしれません。白衣は着ていませんけどね。

 LHCのような大規模実験では、日本とヨーロッパで多少の違いがあるようです。ヨーロッパの研究者は技術の得意な人(技師の場合が多い)が有名メーカーの一流品を買ってきて自分で組み上げる場合が多いようです。日本では、近くの中小の業者にコンセプトを伝えて設計、組立てしてもらい、試験運転はいっしょにやる場合が多いです。だから、日本では業者さんも現場で目にすることが多いですよ。
2017-02-23 Thu 12:50 | URL | S.U #Ol/FB2WA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター