33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
千年村の密集地帯霞ヶ浦
2017-05-11 Thu 00:00
1705092.jpg・千年超存続集落 行方認証、住環境を評価
 千年なんて地球の歴史からすればそれほど長い時間ではないので油断はできないが、比較的安全な場所なのだとは思う。原発には来てほしくないが。

・【特集】かわいく変身?茨城弁
別窓 | 雑感 | コメント:3
<<ニコニコ生放送のタイムシフトで「BelleⅡ測定器ロールイン」見学 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 毛虫が多いか>>
この記事のコメント
1000年前には、利根川は霞ヶ浦のへんにはなかったけれども、霞ヶ浦と北浦がどーんと海からの入り江につながっていたのですよね。行方も鹿嶋も半島だったことになりますね。

 そんな昔のことを言わなくても、柳田國男が布川にいたころは、近くを帆船が常時いくつも通っていたそうだし、本当に人間社会はすぐ変わってしまいます。
2017-05-12 Fri 23:25 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>1000年前には、利根川は霞ヶ浦のへんにはなかったけれども、霞ヶ浦と北浦がどーんと海からの入り江につながっていたのですよね。
 1000年と言わず戦国時代頃でも、今の印旗沼など下総地域は椿の海という広大な沼地が広がっていましたから、安全な場所というのは20〜30mの台地上のことであって、低地は決して安全な場所ではなかったですね。土浦の洪水は有名ですが、昭和になっても霞ヶ浦周辺は水害・塩害に悩まされてきました。
2017-05-13 Sat 07:56 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>昭和になっても霞ヶ浦周辺は水害・塩害に悩まされてきました
 そう言われれば、私が小学生の時に使っていた地図では、土浦の桜川河口から阿見町あたりまでは「湿地帯」のマークがあって、水田や宅地ではないような印象でした。戦争の頃は、その付近は、航空隊はあったのでしょうが、かつての土地利用としてはどうだったのでしょうか。
2017-05-13 Sat 08:17 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター