33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
こんなところに
2017-06-28 Wed 00:00
1706271.jpg先日届いた『鎌倉街道中道・下道』、どの論考も大変面白く示唆的で、もう半年早く出版されていたら、私たちの本の参考にさせてもらえた部分が各所に見出せる。と、あれれ、私が11年前に最初の城郭本に書いた項目が引用されているではないの!本当の先行研究は私の師匠が『阿見町史』で論じたもので、私はそれを含め他地域の例を合わせて紹介したに過ぎないのだが。
別窓 | 雑感 | コメント:6
<<卒業祝いにいただいた紙包み | 霞ヶ浦天体観測隊 | 一つ一つ片付けていく>>
この記事のコメント
>本当の先行研究
 自分の研究が知らない人に引用されるのも嬉しいですが、自分が、師匠であっても無名の人であっても、先行研究を独自に発掘して引用できるのは、それに劣らず嬉しいことのように思います。

 今、「応仁の乱」がちょっとしたブームですが、内藤湖南の先行研究に、このあいだかすてんさんがおっしゃっていたのと同様の「日本の歴史は応仁の乱以前と以後でまったく変わってしまった」という一節があり、その一例として、
 戦国時代以降の大名で、応仁の乱以前から続いている者は極めてまれだ、あるとしても辺鄙なところに限られており、「関東にはまずない」とありました。(先刻、ご承知の件かもしれませんがお許し下さい) それで、佐竹氏は、というと、東北に分類されていました。元は東北の範囲にいて子孫が関東の範囲に移ったという意味なのでしょうか。
 それとも上杉が支配を広げる以前は常陸も下総も東北だったのでしょうか。
2017-06-28 Wed 08:26 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>先行研究を独自に発掘して引用できるのは、それに劣らず嬉しいこと
 私が書いたものは論考ではなく一般の方への紹介文レベルなのですが、師匠と知人のそれぞれのオリジナル研究の両方を紹介している点ではもしかしたら唯一のものかもしれません。そのことが引用の理由だとすればうれしい限りです。

>佐竹氏は、というと、東北に分類されていました。
 佐竹氏の本領は一応現在の茨城県北と思われますが、茨城-福島県境って現在ほど明確でなかったように思います。茨城県北は奥州の続きみたいなものでしょう。とは言え奥州藤原氏から見れば奥州の外といえます。というわけで、佐竹氏は奥州でもなく関東でもなく、といった領域を本拠としていたのではないかと思っています。佐竹氏についてはいまブームが起きつつあります。私も勉強中です。
2017-06-28 Wed 13:30 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>茨城-福島県境
 関東と奥州の境目の意識というのは茨城県人にとって面白い問題かもしれませんね。

 ずっと古くより、白河の関、勿来の関というのが名高いですが、ここが境だと思っていたのでしょうか。奥州街道は下野までは関八州という雰囲気だったかもしれません。

 一方、茨城県北は棚倉街道というのがあって、ここが佐竹氏の本拠だったわけですね。棚倉街道は、ほとんどは現在の常陸太田市ですが、棚倉は福島県なので、確かに気分的にあやふやだったかもしれません。

>佐竹氏についてはいまブームが起きつつあります
 そうなんですか。失礼にもぱっとしないのが長続きの秘訣だったかくらいに思っていましたが、これは勉強してみないといけませんね。

 それとも、例の戦国武将ゲームで佐竹氏が思わぬ地方の強豪になっているとかそういうこともあるのでしょうか。
2017-06-28 Wed 14:43 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>例の戦国武将ゲーム
 それはどうかわかりませんが、県北を中心に佐竹研究会や有志による地元の見直しが活発の様です。私たちのメンバーの活動も一役買っているのかもしれませんね。水戸などは徳川一色かと思いきや、佐竹関係の企画をやれば盛況の様です。
 茨城県内の中世城郭で、佐竹氏とまったく関わり無いものはほとんど無いかもしれませんね。県南の城郭然りで、小田城なども、小田氏の城の様に思いがちですが、1569年の落城から1602年の秋田転封までの33年間佐竹氏が支配していたのですから、最後の姿は当然佐竹氏の城なんですよね。現在進んでいる城址公園整備では、何層か下の小田氏時代の姿を復元しているのではなかったかと思いますが。
2017-06-29 Thu 11:55 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>佐竹氏
 うーん。どこから手をつけて勉強すれば良いのかよくわかりませんが、これからできるだけ注意してみます。

>戦国武将ゲーム
 私もやらないのでよくわかりませんが、佐竹、最上あたりが強くないと、北関東以北は、上杉、伊達があっさり南下しておもしろくないので、そういう設定になっていると思います。
2017-06-29 Thu 19:40 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>佐竹氏〜どこから手をつけて勉強すれば良いのか
 ご心配なく、いまや決定版があります。論考週なので一般書とまでは砕けていませんが、佐竹氏を概観するのにこれ以上の本はなかったと言える本です。図書館でご覧になってください。
http://yablog.blog6.fc2.com/blog-entry-924.html
2017-06-30 Fri 11:45 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター