33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
三味線にとって厳しい季節
2018-07-09 Mon 00:00
1807021.jpg湿気が多くても乾燥していても皮が破れないかが心配なる三味線。一番のメンテナンスは皮に適度な振動を与えるため毎日弾くことだと言われる。つまり練習を怠るなと、おっしゃる通りご尤も。分かっていてもなかなか毎日は弾けず、箱を開けるときは毎回どきどきする。特に梅雨の明けたこの季節は湿気と暑さに耐えきれずエアコンを使うので、湿気と急速乾燥が繰り返され、三味線にとっては一番ストレスがかかる時期だと思う。やれやれ、今日は大丈夫だった。
別窓 | 自発的対称性の破れバンド(SSBB) | コメント:2
<<6月の晴天日数 | 霞ヶ浦天体観測隊 | キティちゃん+サイエンスカフェで加速器や素粒子物理が身近になる>>
この記事のコメント
三味線保管用超音波振動庫のようなものを作られてはどうでしょうか。
2018-07-10 Tue 06:45 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>三味線保管用超音波振動庫
 日を置かず弾き続けねばという強迫的気分が無くなるのは、精神衛生上良さそうに見えますが、修練へのモチベーションにとってはマイナスでしょうね。進歩に見えて実は退化の技術と言えそうです。ただ、業者の三味線倉庫には良いかも。
2018-07-10 Tue 07:35 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター