33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
「道のりは険しい」に安心することなく監視を続けねば
2018-07-06 Fri 00:00
・東海第2 新基準「合格」 震災被災原発で初 規制委
 「ただ、残りの審査をクリアしても、〜に加え、〜も必要で、道のりは険しい。」とは書かれているが、再稼動に向けて新規制基準に適合した意義は大きいと感じる。再稼動への道のりは険しいそうなので一安心していると、知らぬ間に残りの審査を通過してしまっていた、などという事態にもなりかねない。今まで以上に監視をしなくてはと感じる。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<高浜原発 地裁判決から高裁判決への逆転の闇 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 系外惑星探索のための新しい観測装置がすばる望遠鏡に装着される>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター