33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
スタアの時代はセピア色の中に
2019-10-14 Mon 00:00
以前にも記事やコメントに書いたことの繰り返しになってしまうが、昭和30年代を描いた映画、あるいはその当時作られた映画を見るたびに、自分はあの風景の中に生まれて育ったことに、我ながら深い感銘を受けてしまう。想い出の中では全てが美しいということかもしれないが、日本の映画の歴史に於いても、最も美しい俳優たちを独り占めした時代と言っても良いだろう。独断と偏見を持って言えば、今の俳優をいくら着飾り塗りあげてもあの美しさは再現できないだろう。食べているものが違い、体の形も違い、体の使い方も違い、取り巻く社会そのものも違うので当然だと思う。

1910011.jpg『スタアのいた季節 わが青春の大映回顧録』 中島賢著
               講談社 2015年 1800円

 そんな美しい本物のスタアがいた時代のことを、映画会社大映宣伝部社員の立場で綴った青春回顧録。当時は今ほど無節操には暴露されなかったスタアの楽屋裏やプライベートな姿は、一部の関係者だけが知り得る裏話として今となるとたいへん貴重な記録だ。一人また一人と往年の大スタアがこの世を去っていく昨今、フィルムを回せば当時の姿が蘇ってはくるが、そこに夢や憧れを重ねて彼ら彼女らの姿を見ることができたのは遠い昔のこと。本当の意味でのスタアたちの姿は、寂しいことではあるが、当時を知っている人たちの記憶の中にしかないのだろう。表紙カバーはそんなイメージで装丁されたのかもしれない。
 また、著者のブログ映画が中心のブログです!には本書に書ききれなかった多数のエピソードや写真の他、近年公開されている国内外の映画についての辛口評論が満載。本書もブログも共に、著者の映画への愛情が溢れている。
別窓 | 雑感 | コメント:4
<<骨折日記(2) 12日目〜23日目 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 台風一過>>
この記事のコメント
>スタアの時代
 スタアがスタアであった(あれた)時代ということ自体が、その時代の時代精神だったのでしょう。今は、スタアが要求されない時代であり、スタアでない者(たとえば世襲権力者など)が幅をきかせている時代と言えるのではないでしょうか。

 従って、スタアの時代は、その時代の記憶の中にしかないことになりますが、その時代のことを知らない人でも、優れた文学があればある程度は理解できるのではないでしょうか。文豪と呼ばれる人が書いた小説からは、当時の社会情勢が感じられるような気がします。原作の小説と映画を両方見るのはどうでしょうか。
 
 映画は当時のままのフイルムが残っているわけですが、歌舞伎とかオペラや脚本も音楽も当時と同じだとしても、役者の食っている物は変わっているわけです。やはり、現代の演出のものという印象のように思います。
2019-10-14 Mon 17:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>スタアでない者(たとえば世襲権力者など)が幅をきかせている時代
 本当に、本来ならばそんなところに腰掛けられる様な実力のない者でも、勘違いしてのうのうとしています。芸能分野で飛び抜けた実力や魅力があるから、人々は空を見上げて星を見る様に、スタアを仰ぎ見ていたのだと思います。一般人に毛の生えたのはスタアではありませんね。

>文豪と呼ばれる人が書いた小説からは、当時の社会情勢が感じられるような気がします。
 文学や映画の中のすぐれた作品にはそういう力があると思います。当時を知っている人たちの記憶の中にしかないと言ったのは、スタアとそれを見ていた「私」の間に醸し出されていた関係や存在感の様な個人的な感情についてです。

>歌舞伎とかオペラや脚本も音楽も当時と同じだとしても、役者の食っている物は変わっているわけです。やはり、現代の演出のものという印象のように思います。
 演劇や音楽は台本や楽譜は同じだとしても、俳優そのものが別の時代の生き物なのでより生ものの感じがします。
2019-10-14 Mon 18:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>一般人に毛の生えたのはスタア
 AKBやジャニーズ事務所は、才能のある人であっても、一般人に毛の生えた人でありスタアとはいいませんね。
 今はその程度の人がいいのかもしれません。スポーツ選手でも、苦労して挫折を味わいながらという人が人気があるように思います。今ラグビーのリッチー マイケルが大人気のようですが、ニュージーランド出身といっても、日本の普通のオッサンみたいで、不器用そうで意外に器用というところに魅力があるのではないかと思います。スタアというより、仲間ですね。
 こういうことが1970年代にもあったように思います。ニューミュージックが流行り始めた時代と似ていませんでしょうか。

>文学や映画の中
 文学や映画の中では、その時代の空気を感じることは出来ますが、本当の空気、臭い、味といったものは、二度と取り返せませんよね。あの頃に食べたお菓子と今のお菓子が(同じ銘柄として・例えばココナッツサブレ)同じ味か、インスタントのチキンラーメンやゆで麺のナポリタンスパが同じ味か検証したいのですが、方法がわかりません。
2019-10-15 Tue 08:33 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>スタアというより、仲間ですね。
 逆立ちしても手の届かない近寄りがたい存在より、身内に毛が生えたくらいが親近感があって良いのだと思います。スタアとアイドルの違いはそんなところでしょう。

>1970年代にもあったように思います。ニューミュージックが流行り始めた時代
 ギターを持って自分が歌う時代になった時、プロの時代から仲間の時代への変化がありました。色々な分野で似た様な変化があったのだと思います。

>あの頃に食べたお菓子と今のお菓子が(同じ銘柄として・例えばココナッツサブレ)同じ味か
 成分と製法を同じにしても、おそらく同じ味だとは感じないと思います。出会いの感激の味は再現されませんからね。
2019-10-15 Tue 13:59 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター