33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
昼間晴れて夜曇る
2008-07-06 Sun 00:28
080705.png南の地方から梅雨明けのたよりが届くようになってきた。昨年は7月末になっても梅雨が明けた実感なく8月に入って漸くといった遅い梅雨明けだった霞ヶ浦地方だが、今年はかなり早いのかもしれない。しかし、それは同時に暑い夏が長いということでもあるから、どちらがいいのやら。
 本日の昼間は晴れて気温が32℃辺りまで上がり頭がボーとするような真夏日。しかし、朝の天気予報では昼間晴れて夜曇るいつものパターン(右図)。

今夜の観測:肉眼でベガは見えるがデネブは見えないし双眼鏡でも5等台後半は見えないレベルなのでそうとう厳しいが、それでも星が見えてる。P Cyg4.7等、R Sct5.5等。観測できただけで良し。最近は満足のレベルが相当低くなっている。
別窓 | 雑感 | コメント:4 | トラックバック:0
<<PowerBook2400cの開発コードネーム「Comet」とは | 霞ヶ浦天体観測隊 | 「星のない夏」が気づかせてくれること>>
この記事のコメント
かすてん様、おはようございます。
 昨日は、パソコンの立ち上げ時にエラーで電源が時々落ちて調子が
悪かったです。部屋が暑かったので、メモリが加熱したらしいです。
本機は3~4年使っていますが、こんなことは初めてです。

  昨夜の空の具合ですが、私のいる霞ヶ浦の北西側では、アルタイルが
肉眼でかすかに見えました。木星が火星色をしていました。
 
2008-07-06 Sun 06:21 | URL | S.U #znXM71jk[ 内容変更]
どちら様の所でも、「肉眼で一等星も十分見えない」とのことのようです。昼間、晴れているように見えても青空はなく、「白空」が見えるばかりです。あの「白さ」が水蒸気だと思うと暑苦しさが倍増します。
2008-07-06 Sun 21:39 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
今晩は七夕ですが天気はだめです。先ほど、肉眼でただ一つ織女星らしき星が見えたのですが、オペラグラスを取りに行っている間に見えなくなってしまいました。

 ところで「白空」の件ですが、これに関して天文愛好家の私とその他の一般人との間で感覚が通じなくてあせったことがあります。

 晴れた昼間の「白空」のもと、人と歩いていていて、私はつい「今日は悪い天気だなあ」とつぶやきます。いっしょに歩いている人は「晴れているね」と不可解な相づちを打ってくれます。また、5等星、6等星まで見えようかという夜、歩きながら私は「すごくいい天気だなあ!」と叫ぶと、いっしょに歩いている人は、「夜だね」と応答します。

 一般の人は、白空を良い天気だと思っているのでしょうか。また、「いい天気の夜」というのは存在しないのでしょうか!

2008-07-07 Mon 20:16 | URL | S.U #znXM71jk[ 内容変更]
S.Uさん、こんばんは。

今夜はお決まりの皆曇七夕です。関東で七夕に星が見えるのは10年に1~2回なのだそうですから当然といえば当然です。

多くの人は空を見上げて「良い天気」と感じるのではなくて太陽の明るさが地上にあることを感じてそう言うのではないでしょうか。私たちは「白」から「濃い青」まで幅広いスペクトルを持って空の色を区別しますが、あまり空を見上げない人は色には興味がないのだと思います。夜に至っては暗さの中に違いがあるとは思ってもいないことなのでしょう。
2008-07-07 Mon 22:03 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター