33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
『星のふるさと』を取り上げているサイト(補)
2008-10-13 Mon 00:26
『星のふるさと』(鈴木壽壽子著、誠文堂新光社、1975)は今なお多くの人の心に深い感動と励ましを与え続けている名著だが、以下のサイトでも取り上げられていて、みなさんそれぞれに強く感銘を受けられた様子が分かる。

■『Mira House』>星愁>第3編>『星のふるさと』(1998)
■『Mira House』>星愁>第3編>『烏と十字架』(1999)
■『ようこそ星空のページへ』>天文徒然草2002.10.28星のふるさと(2002)
■『ASTRO PHOTO CLUB』>コーヒーブレイク>観測とは?(02)
■『ASTRO PHOTO CLUB』>感動的なスケッチ(03)
■『一番星のなる木』>ほしにっき>【星のふるさと】鈴木壽壽子
■『晏次郎のぐうたら日記』>一冊の本(07)
■『星空寄り道散歩道』>ホームズ彗星(11)=夜中に晴れないで!のコメント欄(07)
■(リンク切れ)『裏庭の星見人』>三重と星見1(08)
■『星空寄り道散歩道』>鉛筆の偉さ-その3-(08)
■『ASTRO CALENDAR』>星のふるさと(08)
■『晏次郎のぐうたら日記』>眼視・・・(09)
■『銀河鉄道』>二十八宿和名考(中)(09)
■『ムササビの星空ノート』>星のふるさと(09)
■『ムササビの星空ノート』>星のふるさと:銀のしずく 金のしずく(09)
■(リンク切れ)『いのりむし斧舎』>管理人室(09)
■『ASTRO CALENDAR』>天界4月、5月号から(09)
■『ASTRO CALENDAR』>鈴木壽壽子『星のふるさと』のこころ(09)
■『ASTRO CALENDAR』>鈴木壽壽子 星のふるさとのこころ(09)
■『鹿角平天文台通信』>「星のふるさと」(09)
■『四日市市公式サイト』>鈴木壽壽子 星のふるさとのこころ(09)
■『いるか書房別館』>鈴木壽壽子著「星のふるさと」(10)
■『ムササビの星空ノート』>【星のふるさと】:日本の十字星(10)
■『ムササビの星空ノート』>星のふるさと『木守りさま』(10)
■『星のソムリエの「星語り」(一番星のなる木)』>星のふるさと(10)
■『星のソムリエの「星語り」(一番星のなる木)』>ポートタワーからの眺め(10)
■『石元先生の塾だより - オルタナティブ -』>鈴木壽壽子さんについて(12)
■『ムササビの星空ノート』>ターコイズフリンジ(12)
■(リンク切れ)『いのりむし日記』>四日市環境シンポで、鈴木寿壽子“星のふるさと”紹介(12)
■『雲、もくもく (歳時記のギャラリー)』>雲の気分(12)
■Wikipedia:鈴木壽壽子 (小惑星)(12)
■『いのりむし文庫』>2009年(13)
■『いのりむし文庫』>鈴木壽壽子 『星のふるさと』のこと(14)
■『昇交点』>星のふるさと(14)  →旧URL
■ムササビの星空ノート>『星のふるさと』を再び
■『いのりむし文庫』>鈴木壽壽子『星のふるさと』 四日市の夜空のメッセージ(15)
■ムササビの星空ノート>今回の月食は何故暗かった?(15)
■ムササビの星空ノート>ターコイズフリンジはいつから見えていたか(15)
■『星空備忘録』>読んでみたい本(15)
■『星空備忘録』>いつの間にか年の瀬です(15)
■『札幌天文同好会ブログ【Patio】』>1973年の火星(16)
■ついでに私の『霞ヶ浦天体観測隊』>カテゴリー・『星のふるさと』(07~)
別窓 | 『星のふるさと』 | コメント:11 | トラックバック:0
<<サンシャインシティプラネ「満天」 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 皆曇から一転快晴へ意外な展開 χCygが明るくなってきた>>
この記事のコメント
かすてん様、『星のふるさと』は本当にユニークな本で、優しいことばの中にも鈴木さんの強い意志が込められています。しかし、私は、自分も1970年代前半に熱心に望遠鏡を振り回していたことから、どんな機材を使ってらしたかについても気になります。これについて何かご存じでしょうか。

『星のふるさと』のスケッチを見ると、1971年,1973年ともD=60mm、f=1000mmとなっていて、アイピースは、前者がH.F8mm、後者がH.M6mmとなっています。望遠鏡の入手は1971年夏ということで(観測歴1~2カ月であのスケッチとは腰が抜けるほどの驚きです)、初めて購入された望遠鏡であったらしいです。後者のアイピースは同年の火星最接近を過ぎた頃に別途購入されたものということで、前者は元もと望遠鏡に付属していたものなのでしょう。以上を見ると、特別な機材を使ってらしたのではなさそうです。どこのメーカーでしょうか。

 アイピースの種類の表記が参考になります。HF というのはハイゲンスでしょうがあまり聞きません。ハイゲンスは普通"H"です。本当は、"H8mm"だけれども焦点距離という意味で"F"をつけられたのかもしれません。また、私は、ミザールのエース型(D=60mm,f=1000mm)を使っていましたが、これに附属していたアイピース表記は、F8mmとなっていてハイゲンスだったので、さらに"H"をつけられた可能性もあります。(だとすると、鈴木さんが使ってらした望遠鏡は私のと同種だったということになります)HM6mmは当時ミザールがばら売りしていましたし、口径の大きい機種には付属していました。残念ながら当時の広告が手元にないので、これ以上の確認は難しいです。

 まあどうでもいいことですが、最近は反射望遠鏡でばかり見ているので小口径の屈折望遠鏡で見る惑星の潤いのある高コントラストの像がなつかしくなり、つい詮索してしまいました。

2008-10-13 Mon 13:49 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
S.Uさん、こんばんは。
 ただいま東京の出先なので十分なお答えができませんが、いただいたコメントにはとても感動いたしましました。
 『星のふるさと』、あの本しか手がかりがないと思うと詮索したくもなりますよね。
 鈴木さんについてはこれまでまとまったものは無かったと思います。最近様々な方面より情報をいただき現在調査中なのです。もう少しお待ちいただければかなりまとまった形でご報告できると思っております。今回の東京出張も一部その情報収集のためです。
 さて、このコメントをご覧の方だけに答えの一つを言いましょう。お使いになられた望遠鏡ですが、S.Uさんご推察の通りです。
2008-10-13 Mon 20:56 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
鈴木さん違い
こんばんは。
先ほど、月惑星関東支部から、Alpo-JapanのMLにメールが入ったので、見ると「鈴木光枝」さんの名前が・・・。
これはと思い、かすてんさんのブログを見ると鈴木さん違いでした。
>鈴木達彦、鈴木光枝
ちなみにご夫婦だそうです。
見つけた!やったあ!とぬか喜びで終わりました。
お力になれずに、すみません。
2008-10-13 Mon 22:12 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
こんばんは。
『星のふるさと』は平易な文章の持つ力でしょうか、心に直に沁みこんで来るのを目を通す度に感じます。
かすてんさん、纏めている最中との事、報告楽しみに、ワクワクしながら待ってます。
それにしても、かすてんさんは凄いですね(^^)
2008-10-13 Mon 22:26 | URL | 晏次郎 #-[ 内容変更]
かすてん様、ありがとうございます。情報を拝見できるのを楽しみにしております。

 私が鈴木さんのお名前を初めて知ったのは『星のふるさと』が出版されて、『天文ガイド』に広告や書評が載った時のことした。その直後に書店などで手に取ってパラパラと見ることもあったように思いますが、不思議な本ということだけでよく理解することができませんでした。その後、古書店で見つけ、かつて話題になった本なので購入して手元に置いていたのですが、まあ私からは想像を絶する遠い人という印象でした。

 ところが、最近のかすてんさんのブログを拝見して、改めて読み直してみると、よく理解できる点が多いことに気が付きました。私が年をくったことが最大の理由でしょうが、以前は単に6cmで火星のスケッチをしている変わった人、というふうに見ていたのだと思いますが、今は、自分もスケッチはしなかったものの、初心者のときに6cmの望遠鏡で火星の模様を追求し、似たような印象を持ったことを思い出しました(私の場合は1969年の火星でしたが、同じ機種だったとは驚きです)。また、他のエッセイも素朴な共感のできるものになっていました。

 鈴木さんは、その後、流星塵の観測に向かわれたのこと、四日市の空気について何を感じられ、どのような記録が残されたのか興味があります。

 かすてん様に情報をいただいたおかげで、このすばらしい方を身近に感じることができました。たいへんありがたく存じております。
2008-10-14 Tue 08:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
中井さん、晏次郎さん、おはようございます。
  以前、中井さんに「そっとしておいたほうが」とご忠告いただきましたが、どうしても知りたい衝動を押さえきれず調べることにしました。晏次郎さん同様幾度も読み直していますが、その度に新しい感動に出会えます。これまでこの本の存在を知らなかった新しい読者にも読んでもらいたいので、なんとか再版の道が開けないものだろうかと思っています。誠文堂新光社さん、お願いしますよ。
2008-10-14 Tue 08:25 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
S.Uさん、おはようございます。
 昨夜の私のレスはアルコホールの中で書いたものだったので今朝少し手直しました。

 >改めて読み直してみると、よく理解できる点が多いことに気が付きました。私が年をくったことが最大の理由でしょうが、~
 中学生くらいであの文章に深い感銘を受けていたら、そちらの方がよっぽど変わった子供でしょう。出版されたとき鈴木さんは48歳だったようですから私たちの物理年齢と精神年齢がようやく彼女に追いついたということですね。それにしても同じ望遠鏡を使われていたなんて、望遠鏡を媒介に鈴木さんを身近に感じられるS.Uさんがうらやましいです。
2008-10-14 Tue 08:44 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
はじめまして、「裏庭の星見人」のウルトラの孫と申します。「星のふるさと」でかすてんさんと繋がることができ、とてもありがたく思っています。
実は、私はカノープスさんと同じ天文同好会に所属しており、かすてんさんのことは「星を見るための別荘」を通して存じ上げていました。かすてんさんのようにはとてもいきませんが、ささやかなブログもボチボチと書きすすめられたらと思っています。
「6㎝屈折経緯台と火星」は私の天文はじめでもありましたが、この本を今年の夏あらためて読み直し、ライフスタイル(星見スタイルも含めた)を考えなおすきっかけになりました。まだまだ迷いながらの道半ばですが、迷ったときには「星のふるさと」に戻ってこよう思っています。
長いコメントになり申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願いします。
2008-10-14 Tue 20:51 | URL | ウルトラの孫 #-[ 内容変更]
ウルトラの孫様
 はじめまして。勝手に「三重と星見1」のページへのリンクを張らせていただき事後承諾の形になって申し訳ないです。カノープスさんとご一緒の同好会なのですか。今後ともよろしくお願いいたします。
 『星のふるさと』をお持ちの方にはぜひもう一度読み返していただきたいと思いますし、まだ読まれていない方のためにも再版されれば良いなぁと願っています。
2008-10-14 Tue 21:57 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
このような感動的な作品に出会えたことに感謝です。
フレアスタックを反射するスモッグと、そのスモッグを通して見る、火星、ベテルギウス、アルデバラン・・
炎のイメージが静かに、そして、鮮烈に伝わってきますね。
ありがとうございました。
2008-10-19 Sun 01:32 | URL | Astro Calendar #pmJ/ok7.[ 内容変更]
astro_calendarさん、おはようございます。
 鈴木さんの文章は一見平易なようですが、言葉使いに独特な部分もあり、また行間に思いを込める才能にも優れていると感じています。この本だけでも読者は思い思いにイメージを膨らませることができるのですが、私はそういう能力に乏しいためこれだけでは満足できなくなり今回の調査に踏み出したというのが正直なところです。
 私が「『星のふるさと』はいいぞいいぞ」と勧めて別の人が「よかったぞよかったぞ」とこの感動を共有してくれて、また次に輪を広げてもらえたらと思っています。
2008-10-19 Sun 10:52 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター