33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名、200mm、65mmの望遠鏡と双眼鏡で星空を楽しんでいます!
調査に行ってきた
2009-01-13 Tue 00:27
0901122.jpg 一昨日11日日曜日午後、成瀬駅近くでの川崎天文同好会(以下、川天と略す)午後のお茶会に参加させていただいた。茨城県から成瀬までなんでまた、と言われそうだが、流星塵の第一人者でいらっしゃった故森久保茂先生の資料を川天さんが管理されているということでそれを見せて頂くためだった。ではなんで森久保先生の資料なのかというと、『星のふるさと』の最後に佐伯恒夫氏も書かれているように、鈴木壽壽子さんは1972年暮れから6年数ヶ月間に渉り森久保先生の指導を受けられ流星塵を熱心に観測されていた。それで森久保先生の遺品の中に鈴木さんの観測データなど業績を確認できるものがきっとあるに違いないという期待を持ったからだ。それで、関係者の方々を辿る中で川天さんと連絡が取れお会いしに行ったという次第だ。期待した通りの資料を拝見できたいへんありがたい機会になった。川崎天文同好会様はじめ関係のみなさまに深謝します。[写真は観測データ報告書簡の鈴木壽壽子さんの署名]

090112.jpg 帰宅してしばらくしたら職場の友人が作った野菜をたくさん届けてくれた。

今夜の観測:大きな月があるが明るいのだけいくつか見ておく。ミラはまたまた3.6等へ戻ってしまった。W Ori6.8等、RX Lep5.6等、U Mon6.1等。
別窓 | 『星のふるさと』 | コメント:8 | トラックバック:0
<<私の2008年ミラキャンペーン光度曲線 | 霞ヶ浦天体観測隊 | ルーリン彗星の予想経路>>
この記事のコメント
おはようございます。
鈴木さんが流星塵の研究を、ということで思い出したのですが、昔NHKで「流星塵の研究をしている女性」が紹介されて、確か和服を着た女性(おばさん)が、プレパラートにワセリンを塗ったり、それを顕微鏡で観察したり・・・といった映像が放送されたことがあります。
ひょっとして、彼女が鈴木さんだったとしたら、その映像がNHKに残っていて、お姿を忍ぶことができるかもしれませんね。
2009-01-13 Tue 06:46 | URL | ほくと #-[ 内容変更]
ほくとさん、おはようございます。
 今朝もかなりの冷え込みだったでしょう。こちらも霜がびっしりでした。

> 鈴木さんが流星塵の研究を、ということで思い出したのですが、昔NHKで「流星塵の研究をしている女性」が紹介されて、確か和服を着た女性(おばさん)が、プレパラートにワセリンを塗ったり、それを顕微鏡で観察したり・・・といった映像が放送されたことがあります。
 ちょっと心当たりがあります。鈴木さんではないかもしれませんが調べてみます。ほくとさんはその時の映像をおぼろげなりにも憶えていらっしゃいますか?
2009-01-13 Tue 09:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
その方は、裏山の頂上のような草木の多い、しかし高くて見晴しのよい場所にプレパラートを設置して流星塵の収集をしていました。(そんな山道なのに着物で)
2009-01-13 Tue 23:16 | URL | ほくと #-[ 内容変更]
ほくとさん、映像の記憶をありがとうございます。

>裏山の頂上のような草木の多い、しかし高くて見晴しのよい場所
 鈴木さんの観測場所であったご自宅は住宅街の一角で裏山はありませんので、残念ながらこの映像の方とは違いますね。

 当時、流星塵観測者は主婦の方が多く、ほくとさんが見られた番組に登場したのは、第1次南極越冬隊に採集してもらったプレパラートから流星塵を検出したりしてマスコミでもかなり取り上げられた「星くずおばさん」こと石崎正子さんなのではないでしょうか。石崎さんは50歳から観測を始められジャコビニ流星雨の時(70歳ころ)にも新聞に登場していました。その後、90歳を過ぎても観測をされていたそうですが、残念ながらすでにお亡くなりだそうです。眼鏡をかけた鼻筋の通ったおばさんでしたか?
2009-01-14 Wed 12:43 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
着物の印象ばかり強くてお顔はなぜか思い出せません。
鈴木さんがされていた年代だと、私は既に社会人になっていますから時期的にもたぶん違いますね。残念
2009-01-14 Wed 23:16 | URL | ほくと #-[ 内容変更]
和服姿で裏山へ登って行くというのはかなり印象的な場面だったことでしょう。時代を感じさせます。
2009-01-15 Thu 08:24 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
nakamura@rish.kyoto-u.ac.jp
おじゃまします。石崎正子は、私の祖母ですが、たしかに和服はよく着ていたらしいですが、西宮の海岸の近くに住んでおり、裏に山はありませんでした。あ、西宮は昭和30年代になってから引っ越しましたので、大阪の西九条のときかもしれません。いずれにせよ海の近くです。きくところでは、流星塵の観測をはじめたころ、他の女性2名と一緒にやっていたそうです。ですので、もし山に登られていたのなら別の女性だと思います。ただし、石崎の西宮の家は庭に草木が茂っており、そこにたてた杭のようなものの上でプレパラートを採取しておりました。
2009-01-30 Fri 18:56 | URL | 中村卓司 #saXp0EYg[ 内容変更]
中村卓司様
 コメントをありがとうございます。鈴木壽壽子さんの業績を調べて行く中で流星塵観測の先駆的活動をされた女性陣の存在を知りました。現在東亜天文学会会長をされている長谷川一郎氏が指導された宝塚、尼崎、大阪にお住まいだった4名のご夫人方のお名前は分かります。内一人は石崎正子さんです。西宮にしろ西九条にしろ裏山のあるような地形ではないですからほくとさんが見られた番組に出演されたのは別の方だった様ですね。
2009-01-30 Fri 22:18 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター